« 今朝の富士山 | トップページ | 明日は「月のワルツ」 »

2006年12月19日 (火)

試着衣料にサソリ 女性刺され5日入院

>名護市内の衣料品店で10月26日、デニムパンツを試着しようとした女性が、中に入り込んでいたサソリに手足を刺され、痛みや腫れで5日間入院していたことが分かった。

>県北部福祉保健所によると、サソリは「チャイニーズ・バーク・スコーピオン」という中国原産のサソリとみられる。デニムパンツは中国から輸入されたもので、衣料品店側は混入した経緯を調べている。 

>サソリに刺されたのは、同市内の自営業を営む45歳の女性。衣料品店でデニムパンツを試着しようとしたところ、右ひざに異物感とチクリと針で刺されたような痛みを感じ、異物を取り出そうとズボンに右手を差し込んだところ、人さし指も刺された。直後に痛みが激しくなったため店の従業員を呼び、ズボンを調べたところ、中から長さ5センチほどのサソリが1匹出てきたという。

>刺された部分の痛みが激しく女性はそのまま同市内の病院に救急車で搬送され、5日間入院した。女性は「やけどのようなひどい痛みで、1日目は一睡もできなかった。入院中は微熱が続いた」と説明。「もしこれが妊婦や高齢者など、体の弱い人だったらと思うとぞっとする」と話した。現在、手足の腫れは引き、体調に異常はないという。 

>北部福祉保健所によるとチャイニーズ・バーク・スコーピオンは小型だが尾の先の針に強い毒を持つが致死性はないという。店側によると、デニムパンツは中国から東京の羽田空港を経由し、10月24日に同店に搬入された。針などの異物が入っていないかを調べる検品を経て、26日朝に店内に陳列された。デニムパンツは現地工場の製作工程で、塩素系薬剤での乾燥、プレスなどの工程を経るため、生き物が混入することは考えにくい、という。 担当者は「混入した経路は不明」とした上で「まさか生き物が紛れ込んでいるとは思いもよらなかった。再発を防ぐため、混入した経路をしっかり検証し、検品を徹底したい」と話している。

Yahoo!ニュース - 琉球新報 - 試着衣料にサソリ 女性刺され5日入院.

海外から輸入したセーターやカーペットの中にサソリや毒蛇が隠れていて、知らずに触った人を刺す(噛む)というのは、都市伝説でよく見られるモチーフです(ブルンヴァン『消えるヒッチハイカー』第7章参照)。

多くの場合、うわさだけなのですが、この事例は実際に起こったことのようですね。念のために琉球新報の方のもと記事もみてみましたが、ちゃんと載ってましたので記録しておくことにします。

ただ、サソリが混入した経路が不明であること、10月26日の話がなぜ今頃掲載されているのかよく分からないこと、など本当にあったことなのか一抹の不安もなしではありません。

|

« 今朝の富士山 | トップページ | 明日は「月のワルツ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/13122987

この記事へのトラックバック一覧です: 試着衣料にサソリ 女性刺され5日入院:

« 今朝の富士山 | トップページ | 明日は「月のワルツ」 »