« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

ホームとの間が‥

ホームとの間が‥
ホームとの間が‥
青梅から40分ほど電車に揺られて奥多摩着です。なかなか山奥で車窓の眺めは東京離れしてて良かったです。

奥多摩についた時「ホームとの間が広く開いている所がありますのでお足元にご注意を‥」というアナウンスが流れてました。

良く聞くフレーズなので特に気にせず聞き流してましたが、扉が開いてびっくり! ホームとの間、開きすぎです! 落ちたらほんとに線路までスポッと落ちちゃいそうでした。アナウンス流すだけで済まさないでなんとかした方がいいんじゃないでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

青梅

青梅
青梅
丸つけも終わったので、青梅から奥多摩に行って来ました。

青梅は「昭和」を売り物にしてるようで、昭和30年代テイストの看板や立ち食い蕎麦屋、天才バカボンの銅像など色々あって面白かったです。

今回は乗り換えで少し寄っただけですが、いずれゆっくり探検してみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

同一電話番号、携帯・固定で使用可能…今秋にも解禁

>総務省は26日、一つの電話番号で、外出時には携帯電話として、自宅などでは固定電話として電話を使える通信サービス「FMC(固定と移動体の融合)」を、今秋にも解禁する方針を決めた。  

>今秋にも関係省令を改正して、サービスの提供を希望する通信事業者に、新たに「060」から始まる11ケタの番号を割り当てる方針だ。  NTTなどは事業への参入を検討しており、新ビジネスを巡って、各社間の競争が加速しそうだ。  

>FMCは、屋外では携帯電話につながり、自宅などでは携帯電話よりも通話料の安い固定電話として使える利点がある。 NTTコミュニケーションズやKDDIなどは、一つの端末で屋外と屋内で使える法人向けサービスを提供しているが、今のところ屋内と屋外で違う番号を使い分けなくてはならない。  

>番号が一本化されれば、自宅あての電話を、外出先で受けられる。料金の支払いを、固定と携帯で一括して済まさせられる便利さもあるという。  

>情通審は、FMCサービスを行う場合に、冒頭の番号は「060」以外に、携帯電話の「090」や「080」、簡易型携帯電話(PHS)の「070」を使うことも原則、認めた

同一電話番号、携帯・固定で使用可能…今秋にも解禁 : 経済ニュース : 経済・マネー : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

固定・携帯融合サービスは便利ですが060から始まる番号に変えなければならないとすればそれはそれで面倒です。そんなわけで、従来の携帯の番号も原則認めるという方針になったのでしょう。

最大の固定電話網を持つNTTに非常に有利な気がしますが、KDDIはどうしてくるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の携帯電話販売、23%増の9億7800万台

>携帯電話機の世界市場が急拡大を続けている。フィンランドのノキアがまとめた販売統計によると、2006年の世界販売台数は9億7800万台で前年比23%増えた

>経済が高成長を続ける中国、インドなどでの普及に弾みがつき、新規加入者が膨らんだ。米モトローラや英ソニー・エリクソンの販売台数が急増する一方、サムスン電子など韓国勢が低いにとどまるなど上位メーカーの勢いにも差が出てきている。  

>最大手のノキアは幅広い品ぞろえなどを武器に首位を維持。昨年の販売台数は3億4700万台と前年から31%伸びた。2位のモトローラは人気の高い薄型機種「レーザー」の拡販効果などで2億1740万台と49%増えた

NIKKEI NET:国際 ニュース.

年間の販売台数が10億台を超えるのも時間の問題みたいですが、のべ台数が7年で世界人口を超える勢いですので、ぼちぼちスピードダウンしてくるかもしれません。

ノキアとモトローラーの1位2位コンビが平均よりも高い伸び幅を示してますので3位以下との差はだいぶ開いてきてるようですね。サムスンは何がまずかったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

岡山で鳥インフルか、簡易検査で陽性

>農林水産省と岡山県は27日、同県高梁市川上町の採卵養鶏場で高病原性鳥インフルエンザと疑われる事例が発生したと発表した。同日までの2日間で計22羽が死に、7羽を簡易検査した結果、いずれも陽性だった。今年に入り宮崎県で2件感染が確認されており、アジアなどから別々に渡り鳥などがウイルスを持ち込んだ可能性が高まった。  

>岡山県などはウイルスを分離して動物衛生研究所(茨城県つくば市)で詳しく調べ、29日午後に結果が出る見通し。この養鶏場は採卵用の鶏約1万2000羽を飼育。26日に2羽、27日に20羽が死んだ。  

>県などは結果が判明するまでの措置として、養鶏場の鶏を隔離し、鶏舎周辺の消毒作業を実施するほか、周囲の家禽(かきん)飼育農場の状況を早急に確認する。半径10キロ以内にある採卵養鶏場と鶏肉用養鶏場には鶏や卵の移動自粛を要請する。

NIKKEI NET:主要ニュース.

宮崎の2件に続き、岡山でも・・ということで、まだ鳥インフルエンザと決まったわけではありませんが、ちょっとまずい状況になってきました。

感染が広がること自体、新たな感染を生む可能性をもってますので、とりあえずまずいですが、それに加えて
  1 感染源がわかっていないこと
  2 宮崎の対策では拡大を防げていないこと
を暗示する事態ですので、おそらくは渡り鳥ルートで西日本から下手すると東日本にかけて感染が広がる可能性を示している点で、まずい事態です。

さしあたり人に感染する可能性はまだ低そうですが、警戒の水準は1段階あげなければならないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

世紀末は6度も上昇、IPCC第4次報告書案

>地球温暖化についての科学的予測をまとめた国連「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の最新報告書案が23日、明らかになった。  

>日本を含む東アジア地域では、今世紀末の冬の平均気温が現在より最大6・95度、夏は5・48度上昇すると予測。国内では北海道以外のスキー場の大半が雪不足になるほか、中部以南の多くの県で米の収穫高が最大40%減収、花粉症患者も増加するなど、日常生活にも様々な被害が生じると警告している。  

>今回の第4次報告書案は、第3次報告書の策定時点(2001年)では情報不足でできなかった、地域ごとの詳細な被害予測を具体的な数値をあげて初めて明記した。報告書案は、今月末から5月にかけて開かれるIPCCの各作業部会で正式決定され、世界全体の温暖化対策の判断材料となる。  

>地域ごとの影響評価は、化石燃料に頼る社会を続けた場合と省エネ社会に転換したシナリオを設定。東アジアでは2070~90年までの平均気温を予測した。その結果、経済や健康被害のほか、海面が1メートル上昇した場合は、約410万人が居住する東京や大阪、名古屋の沿岸域などが浸水する恐れがあるなどとした。  

>世界的には、過去100年の平均気温が0・74度上昇した観測結果をあげ、第3次報告書時点の過去100年(0・6度)よりも温暖化が加速していると指摘。第3次報告書では今世紀末の平均気温は最大5・8度上昇すると予測していたが、今回は最大6・3度上昇すると上方修正した。  

>その結果、北極海の海氷が晩夏には完全に消えるほか、暴風雨を伴う強力な台風やハリケーンも増加。海水の酸性化も進み、サンゴ礁が溶ける恐れがあると警告している。また気温が1990年時点より4~5度上昇すると、世界で11~32億人が水不足に、世界人口の5分の1が洪水被害に遭う恐れがあるとみている。

リンク: 雪不足・コメ減収、世紀末は6度も上昇…国連報告案 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

IPCCの第4次報告書案が明らかになったようですね。2001年の第3次報告書以来の総合的な報告書で、温暖化の予測の精度が一段とアップしているようです。

それによると、世界の気温の上昇幅は最大5.8度上昇の予測が最大6.3度に0.5度引き上げられてます。おそらく3~4度程度の上昇は確実に起こるのでしょう。その結果、気象災害が頻発し水不足が生じたり、逆に洪水や暴風に見舞われる地域が増えるものと思われます。

日本に関しては冬場に7度ほど気温があがり雪不足が見込まれています。冬場の雪が減ると、夏場の渇水が心配されますが、夏場の気温も5.5度上がるようで、今でも35度くらいまで平気であがるのに、今世紀末には40度を越えるようになりそうです。

うんざりしますが、こういう予測が出されたのを期に、多少はCO2削減に役立つようなシステムが日本でも導入されるとよいなとは思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オホーツク海で温暖化 50年間で0・6度

>オホーツク海から太平洋北部の水深二○○メートルから一○○○メートルの「中層水」と呼ばれる海水の温度が過去五十年間で平均○・六度上昇し、“海の温暖化”が急速に進んでいることが、北大低温科学研究所の調査で明らかになった。中層水に含まれる酸素量の減少も観測され、資源の豊富な北の海への影響が懸念される。  

>オホーツク海では海面に近い海水は、海氷の影響で塩分が濃く水温が低くなり比重も重くなるため、沈み込んで中層水となり、海水の循環が生まれる。  

>同研究所の研究チームは、一九五五年から二○○四年の北太平洋とオホーツク海、六万三千カ所の中層水の水温と酸素量のデータを解析した。 その結果、水温が最も上昇していたオホーツク海西部で○・七度、オホーツク海全体で平均○・六度の水温上昇がみられた。

>さらにオホーツク海の中層水が流入する親潮に沿って、太平洋北西部にも帯状に水温上昇の大きい海域が広がっていた。地球温暖化の影響で、オホーツク海の海氷の生成量は減少が観測されている。研究チームは、海氷が減ったために、水温の低い中層水の生成量も減り、結果としてオホーツク海から北太平洋にかけて水温を上げのでは、と推論する。  

>オホーツク海では、海面近くの海水が中層に潜りこむ縦方向の循環により、アムール川から流れ出る栄養分などが海中に取り込まれ、豊かな海を形成している。中層水を作る海水の量が減れば、海水の動きが弱まり、栄養分が行き渡らなくなることが予想される。  

北海道新聞 環境・自然・科学.

オホーツク海で冷えて沈み込んだ栄養分を多く含んだ海水が「親潮」の実態ですが、温暖化の進展のため海氷が減り、海水の沈み込みが減り、ひいては親潮が親潮ではなくなる事態が進展しつつあるようです。

やっぱり、気候変動がおきるとあちこちに影響が出てくるんですよねえ。困ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

宮崎・清武町の鳥インフルエンザ、中国で流行と同系統

>宮崎県清武町で発生した高病原性鳥インフルエンザのウイルス(H5N1型)が、2005年以降に中国などで流行しているウイルスとほぼ同じであることが、農林水産省の調査で分かった。  

>同省は、渡り鳥などによってウイルスが運ばれた可能性もあるとみて、感染経路を詳しく調べる。 同省によると、ウイルスの遺伝子を動物衛生研究所(茨城県つくば市)で詳しく分析したところ、05年に中国で確認されたウイルスの遺伝子の配列と99%以上一致した

>06年11月以降、韓国で発生したウイルスも同系統であることがわかっている。 2004年に山口、大分、京都の3府県で発生したH5N1型の鳥インフルエンザのウイルスとはタイプが異なることも判明した。

宮崎・清武町の鳥インフルエンザ、中国で流行と同系統 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

したがって、2004年の鳥インフルエンザウイルスが残存しているのではなく、新たに中国から韓国経由、あるいは韓国と平行して九州に飛来したということになるのでしょう。

この時期、北から南に飛来する渡り鳥は多そうですが、東シナ海を横断して東に飛んでくる鳥は少なそうですので、韓国経由で南下してきたというのがありそうなストーリーではありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮崎県清武町の高病原性鳥インフルエンザ 周辺8戸で飼養されている愛玩鳥に異常なし

>宮崎県清武町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生したことに伴い、発生養鶏場から半径500メートル内にある8戸で飼養されている愛玩鳥36羽に対し、県がウイルス分離検査と血清抗体検査を実施した結果、いずれも異常が認められなかっことが平成19年1月21日付けの農林水産省の発表により、明らかになった。  

>宮崎県はこれまでい、移動制限区域内の11養鶏場で使用されている鶏や、愛玩鶏48羽に異常がなかったことを発表。今後は11養鶏場に対する第2次検査を1月26日以降に改めて行う方針だ。

EICネット[国内ニュース - 宮崎県清武町の高病原性鳥インフルエンザ 周辺8戸で飼養されている愛玩鳥に異常なし].

中国からの渡り鳥が原因の可能性が高いようですから、野鳥や愛玩鳥が感染する可能性も高いので陰性だったのは結構なことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥インフルエンザ再流行の可能性

>鳥インフルエンザの再発を受け、中部アユタヤ県16郡が感染危険地域に指定され、他県との家禽の行き来が禁止されることになった。感染が確認されたバンパハン、パクハイ、バンパインの3郡では、鶏の大量処分が行われたが、いまでもウイルスが潜伏している可能性があるとして、地元当局が注意を促している。 バンコク週報、タイの情報.

タイでも鳥インフルエンザの活動が活発になっているようです。日本でも宮崎で2件目の発生がみられてますが、冬場になると感染しやすくなるのか、渡り鳥が動きやすい時期なのかなんなのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「脱温暖化社会構築」シンポ 動機付け重要

>温室効果ガスの排出を抑制し、豊かで持続的な社会をめざす「脱温暖化社会の構築を目指して」と題するシンポジウムが17日、上智大学と産経新聞社の共催で開かれた。

>シンポジウムでは、脱温暖化社会実現のための条件を主要な議題に議論され、国民がメッセージを発して政治主導で政策を実現することが重要との考えが示された。また、来年の国会を「温暖化対策国会」と位置付け、議論を巻き起こすべきだとする提言が行われた。  

>柳下氏は、「豊かさを求めて行動することが、温暖化社会の実現につながっていくことが大事。無理をしなくても、温暖化ガスが減る社会を実現しなければならない。そのための制度を作って、日本のあらゆるところに刺激をあたえるべきだ」と問題提起。 

>大木氏は、英国を例に、「労働党、保守党が一体となって、石油や天然ガスなどの化石燃料の使用を減らす脱炭素社会の実現に向けて動き出している。マスコミも世論を引っ張っていく意識を持つべきだ」と同意した。  

>これに対して、気仙氏は、「有権者が反応するかどうかは、参院選立候補者が、魅力ある温暖化対策を有権者に示せるかどうかにかかっている。努力することで得をするとか、地元商店街が活性化するとか、そういった優位性を有権者に提案できるかだ」と動機付けの必要性を強調した。  

>土屋氏は、「女性誌が年間企画として温暖化を取り上げるようになった。意識が変わってきている。二酸化炭素の排出量が少ない商品を買った方が得をするとか、いとかインセンティブが必要。社会が温暖化対策に努力する企業を応援するようなしくみにすることが大事だ」と先行する企業の実態報告を交えて提言した。

リンク: FujiSankei Business i. 産業/「脱温暖化社会構築」シンポ 参院選で議論喚起 動機付け重要(2007/1/22).

経済界の利益を代弁することが多い産経新聞が主催したシンポジウムで、削減への「インセンティブ」を導入する必要性が論じられているところが興味深いですね。

明示的には書いてありませんが、「削減することが得になる制度」とは化石燃料の価格を引き上げる環境税や、二酸化炭素の排出権に価格をつけて売買する排出権取引のことを意味しますので、従来経済界が「国際競争力をそぐ」とか、「統制経済につながる」として絶対反対の姿勢を見せてきたこれらの制度を産経新聞も容認するようになりつつあることを示しているのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

鳥インフルエンザ緊急調査、全都道府県に要請へ

>宮崎県清武町の個人養鶏場で約750羽の鶏が死に、高病原性鳥インフルエンザの疑いが浮上している問題で、農林水産省は12日、鳥インフルエンザ対策本部の会合を開き、都道府県に対して全養鶏場の緊急立ち入り調査を求めることなどを決めた。  

>また、宮崎県は11日夕に続き、12日も立ち入り調査を続行。家畜伝染病予防法と農水省の防疫指針に基づき、この養鶏場を含め、半径10キロ圏内の18養鶏場に鶏(約42万羽)や卵、ふんなどの移動の自粛を要請した。  

>農水省によると、緊急立ち入り調査の対象は、全国に少なくとも6200戸ある養鶏場。死んだ数が急に増えていないかどうかなどを確認する。また、現地に専門家2人を派遣し、鳥インフルエンザと確認されれば調査チームを発足させて感染経路の解明をめざす。

>死んだ鶏の検体からウイルスを分離する作業を急いでおり、検体を12日午後にも動物衛生研究所(茨城県つくば市)に送付、感染の有無やウイルスの型などを分析する。判明は早くて13日午後の見通し。感染が確認されれば、県は13日から150人態勢で防疫措置に入る。養鶏場の鶏約1万2000羽を炭酸ガスで殺処分するとともに、鶏舎とその周辺、鶏ふんなどをせっけんと消石灰で消毒する。

養鶏場の鳥インフルエンザ緊急調査、全都道府県に要請へ : 週間ニュース : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

こちらの記事の方が詳しいですね。判明は13日午後の見通しで、それ以前にも鶏、卵、糞などの移動の自粛を要請するようです。また、確認後の殺処分についても検討されている模様で、一通り適切な措置は取られているようです。

全国の養鶏場の調査も行う模様で、こちらも迅速で適切な措置といえるでしょう。異常がなければいいのですが。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

養鶏関係者集め対策会議 鳥インフルエンザ疑い

>清武町内の種鶏場で高病原性鳥インフルエンザ感染が疑われる事例が発生したのを受けて、県は12日、養鶏関係団体や業者ら約50人を集めて県庁で対策会議を開き、消毒など防疫対策の徹底や異常な鳥が見つかった場合の早期通報など、感染拡大防止に向けて協力するよう呼び掛けた。  

>会議では、県畜産課の井好利郎課長が感染が疑われる事例が発覚したことを説明。「被害を最小限に食い止めるため、防疫に全力投球することが大事。消毒や防疫、異常鶏の早期通報を徹底するようご協力をお願いしたい」などと呼び掛けた。  

>会議では、早ければ13日に検査結果が出るため、感染が確定した場合は養鶏業者に対して半径10キロ以内で鳥や卵などの移動を制限することや消毒ポイントの設置、発生農場の消毒などの防疫措置を行うことを説明。  

>質疑では、感染が疑われる鳥の症状や移動制限で想定される期間などを出席者が質問。「風評被害が出ないようにしっかり情報提供をお願いしたい」と要望も上がった。  

>【高病原性鳥インフルエンザ】 鶏などの鳥類に激しい全身症状を起こし、高い致死率を示す。家畜伝染病予防法では、ウイルス表面のタンパク質がH5型とH7型のものは高病原性としている。国内では、2004年に79年ぶりにH5N1型が流行し山口県、京都府などで大量の鶏が処分され、05年にはH5N2型が茨城県などでも流行した。H5N1型の鳥や人への感染は03年ごろから東南アジアで増え始め、世界で03年以降だけで150人以上が死亡。人間の世界で爆発的に感染が広がる新型インフルエンザへの変異が懸念されている。

県内ニュース:miyanichi e-press.

宮崎県の鳥インフルエンザと思われる鶏の大量死事件ですが、明日にも鳥インフルエンザかどうか、ウイルス型は何か判明する模様です。H5N1じゃなければいいのですが、韓国で発生したばかりですから、H5N1の可能性もかなりありそうです。

H5N1ウイルスだった場合、移動制限の措置が取られるようですが、発見から2日後の措置ということになってしまいますし、韓国ではこの期間に感染の拡大が見られたようですから、「可能性」の段階で移動制限はおこなった方が良いようにも思います。

感染が確定した場合は、鶏の殺処分や業者への補償といった措置も必要になりますが、その点については上の記事では触れられていません。話はあったが、記事にしなかったのか、話し合いがされなかったのか分かりませんが、話をしてないものとすると対応がやや遅れる心配もありますね。風評被害の方は随分気にしているようですが・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

二つ玉低気圧

二つ玉低気圧

二つ玉低気圧

昨日まで、天気が良かったのですが、今日は二つ玉低気圧が御襲来です。南の低気圧はこれから関東を直撃するみたいでやですね。

上空5000mには、マイナス40℃の寒冷な低気圧が控えていて、地上の低気圧に寒気のエネルギーを供給しています。上空にこんなはっきりした低気圧が現れるのは珍しく、かなり荒れて寒くなりそうな予感がします。

今日はうちで集中講義の準備をすることにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

リアル桃鉄の旅8 神戸

リアル桃鉄の旅8  神戸

リアル桃鉄の旅8  神戸

神戸まで1がでるとつけるのですが、サイコロの目は5。さっき出て欲しかったのですけどねえ。

しょうがないのでバスで停留所5つ分戻って、あとは歩いて神戸駅にたどり着きました。住民の皆さんがパフォーマンス?をして大歓迎してくれてました。

京都を11時に出て神戸15時半着。4時間半もかかったのは予想外でしたが、普段降りない駅で沢山降りられたのは良かったですね。

ハーバーランドから遊覧船に乗って、ポートタワーに登って帰ってきました。次の目的地はどこにしましょうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアル桃鉄の旅7 兵庫

リアル桃鉄の旅7  兵庫

リアル桃鉄の旅7  兵庫

あと5駅で神戸です。5、5と思いながらサイコロを振った所6でした。行き過ぎです。手前の三ノ宮あたりでもいいかと思ってたのですが、3連続で6が出るとは‥

六甲道、灘、春日野道、三ノ宮、神戸と過ぎて兵庫駅です。県名の由来の割には県庁所在地ではない、神奈川とか山梨とか栃木のお仲間の駅です。明治維新のとき協力的ではなかった地域は、そういう形で明治新政府から冷遇されたのだとか。

その代わり?和田岬線という一駅だけの盲腸線の出発駅になってて「乗りつくしの旅」でも関口さんが訪れてました。ただ和田岬線は朝夕しか列車がなく、昼間はホーム自体が閉鎖されてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアル桃鉄の旅6 住吉

リアル桃鉄の旅6  住吉

リアル桃鉄の旅6  住吉

立花駅前でサイコロを振ると今度も6。調子が出てきました。

甲子園口、西宮、芦屋、甲南山手、摂津本山と進んで住吉駅です。六甲アイランドへの足六甲ライナーの基点で割と大きな駅でした。

住吉駅の回りを歩いてると、妙な風神雷神図が飾ってある店がありました。キャラからすると随分年代ものですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアル桃鉄5 吹田・立花

リアル桃鉄5  吹田・立花

リアル桃鉄5  吹田・立花

2、2、1、4と来て少し進んだなと思ったら次は1。で吹田駅で下車しました。

ホームは古い感じですが駅舎は新しくて、上だけ立て替えた感じの駅ですね。駅前に図書館があるのは便利そうです。

そろそろ大きいの出ないかと思って振ると今度は6。ちょっとだけガッツポーズしちゃいました。

東淀川、新大阪、大阪、塚田、尼崎と一気に進んで立花駅です。

尼崎は工業地域で昔な公害の激しい地域でしたが、最近はそんなでもないようです。立花は尼崎市の西部で、駅の上を国道が横断してそこにバス停がある面白い作りになってました。駅前でなく駅の上にバス停がある所は初めて見ました。

その代わり駅前は空中回廊の歩行者スペースになっていて安心してあるけます。こういう作りもいいですね。少し青空が出てきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

リアル桃鉄4 高槻・岸辺

リアル桃鉄4  高槻・岸辺

リアル桃鉄4  高槻・岸辺

山崎のあと1、4と出て高槻、岸辺で下車です。なかなか進みません。

高槻は新快速も止まる大きな駅ですが、岸辺駅では初めて降りました。駅前にコンビニ一つある小さな駅で、駅の裏手は貨物列車の操車場になっているのでしょうか、荒れ地が広がっています。周辺には割と住宅もあるみたいなのにもったいない感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアル桃鉄3 山崎駅

リアル桃鉄3  山崎駅

リアル桃鉄3  山崎駅

お次も2が出て山崎駅です。明智光秀と羽柴秀吉の山崎の合戦があった所です。駅の後ろの山が天王山になりますね。

天王山を登ってる時間はないので、入り口の石段だけ登って見ましたが、これがなかなか険しい! 一気に駆け上がって十分合戦気分が味わえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアル桃鉄2 向日町

リアル桃鉄2 向日町

リアル桃鉄2 向日町

サイコロを振って2がでたので二つ目の向日町駅で下車しました。とっくの昔に向日市になったのですが駅名は向日町のままです。

洛西方面は竹の産地なので竹にちなんだ物件がいくつかありました。かぐや姫時計とか東洋竹工場とか。かぐや姫時計が動いているのを見たかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアル桃鉄

18切符を利用して京都から神戸までリアル桃鉄の旅に行ってきます。サイコロを振って、でた目だけ進んだ駅で必ず降りるのがルールです。

はてさてどこの駅で降りることになるでしょうか。そもそも神戸につくことができるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます。

2007年になりました。あけましておめでとうございます。

21世紀になったばかりだと思っているうちに、00年代も残り少なくなってきました。小泉政権ができたのは遥か昔の出来事になりましたし、阪神大震災もオウムの事件も、そんなことがあったのだという注釈をつけないと話が通じないくらい昔になってしまいました。まして、バブル景気とかベルリンの壁崩壊とか、20周年が近付いてきて、すっかり歴史上の出来事という感じです。

21世紀になったという感覚ではなく、まだ見ぬ2010年代の3年前、10年代の方向性がぼちぼち見えてくる年と思っていた方がいいかもしれませんね。

そんな訳で今年もぼちぼち書いていきますので、今後ともよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »