« 鳥インフルエンザ再流行の可能性 | トップページ | 宮崎・清武町の鳥インフルエンザ、中国で流行と同系統 »

2007年1月24日 (水)

宮崎県清武町の高病原性鳥インフルエンザ 周辺8戸で飼養されている愛玩鳥に異常なし

>宮崎県清武町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生したことに伴い、発生養鶏場から半径500メートル内にある8戸で飼養されている愛玩鳥36羽に対し、県がウイルス分離検査と血清抗体検査を実施した結果、いずれも異常が認められなかっことが平成19年1月21日付けの農林水産省の発表により、明らかになった。  

>宮崎県はこれまでい、移動制限区域内の11養鶏場で使用されている鶏や、愛玩鶏48羽に異常がなかったことを発表。今後は11養鶏場に対する第2次検査を1月26日以降に改めて行う方針だ。

EICネット[国内ニュース - 宮崎県清武町の高病原性鳥インフルエンザ 周辺8戸で飼養されている愛玩鳥に異常なし].

中国からの渡り鳥が原因の可能性が高いようですから、野鳥や愛玩鳥が感染する可能性も高いので陰性だったのは結構なことです。

|

« 鳥インフルエンザ再流行の可能性 | トップページ | 宮崎・清武町の鳥インフルエンザ、中国で流行と同系統 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/13644066

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎県清武町の高病原性鳥インフルエンザ 周辺8戸で飼養されている愛玩鳥に異常なし:

« 鳥インフルエンザ再流行の可能性 | トップページ | 宮崎・清武町の鳥インフルエンザ、中国で流行と同系統 »