« オホーツク海で温暖化 50年間で0・6度 | トップページ | 岡山で鳥インフルか、簡易検査で陽性 »

2007年1月25日 (木)

世紀末は6度も上昇、IPCC第4次報告書案

>地球温暖化についての科学的予測をまとめた国連「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の最新報告書案が23日、明らかになった。  

>日本を含む東アジア地域では、今世紀末の冬の平均気温が現在より最大6・95度、夏は5・48度上昇すると予測。国内では北海道以外のスキー場の大半が雪不足になるほか、中部以南の多くの県で米の収穫高が最大40%減収、花粉症患者も増加するなど、日常生活にも様々な被害が生じると警告している。  

>今回の第4次報告書案は、第3次報告書の策定時点(2001年)では情報不足でできなかった、地域ごとの詳細な被害予測を具体的な数値をあげて初めて明記した。報告書案は、今月末から5月にかけて開かれるIPCCの各作業部会で正式決定され、世界全体の温暖化対策の判断材料となる。  

>地域ごとの影響評価は、化石燃料に頼る社会を続けた場合と省エネ社会に転換したシナリオを設定。東アジアでは2070~90年までの平均気温を予測した。その結果、経済や健康被害のほか、海面が1メートル上昇した場合は、約410万人が居住する東京や大阪、名古屋の沿岸域などが浸水する恐れがあるなどとした。  

>世界的には、過去100年の平均気温が0・74度上昇した観測結果をあげ、第3次報告書時点の過去100年(0・6度)よりも温暖化が加速していると指摘。第3次報告書では今世紀末の平均気温は最大5・8度上昇すると予測していたが、今回は最大6・3度上昇すると上方修正した。  

>その結果、北極海の海氷が晩夏には完全に消えるほか、暴風雨を伴う強力な台風やハリケーンも増加。海水の酸性化も進み、サンゴ礁が溶ける恐れがあると警告している。また気温が1990年時点より4~5度上昇すると、世界で11~32億人が水不足に、世界人口の5分の1が洪水被害に遭う恐れがあるとみている。

リンク: 雪不足・コメ減収、世紀末は6度も上昇…国連報告案 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

IPCCの第4次報告書案が明らかになったようですね。2001年の第3次報告書以来の総合的な報告書で、温暖化の予測の精度が一段とアップしているようです。

それによると、世界の気温の上昇幅は最大5.8度上昇の予測が最大6.3度に0.5度引き上げられてます。おそらく3~4度程度の上昇は確実に起こるのでしょう。その結果、気象災害が頻発し水不足が生じたり、逆に洪水や暴風に見舞われる地域が増えるものと思われます。

日本に関しては冬場に7度ほど気温があがり雪不足が見込まれています。冬場の雪が減ると、夏場の渇水が心配されますが、夏場の気温も5.5度上がるようで、今でも35度くらいまで平気であがるのに、今世紀末には40度を越えるようになりそうです。

うんざりしますが、こういう予測が出されたのを期に、多少はCO2削減に役立つようなシステムが日本でも導入されるとよいなとは思いますね。

|

« オホーツク海で温暖化 50年間で0・6度 | トップページ | 岡山で鳥インフルか、簡易検査で陽性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/13656874

この記事へのトラックバック一覧です: 世紀末は6度も上昇、IPCC第4次報告書案:

« オホーツク海で温暖化 50年間で0・6度 | トップページ | 岡山で鳥インフルか、簡易検査で陽性 »