« 世紀末は6度も上昇、IPCC第4次報告書案 | トップページ | 世界の携帯電話販売、23%増の9億7800万台 »

2007年1月27日 (土)

岡山で鳥インフルか、簡易検査で陽性

>農林水産省と岡山県は27日、同県高梁市川上町の採卵養鶏場で高病原性鳥インフルエンザと疑われる事例が発生したと発表した。同日までの2日間で計22羽が死に、7羽を簡易検査した結果、いずれも陽性だった。今年に入り宮崎県で2件感染が確認されており、アジアなどから別々に渡り鳥などがウイルスを持ち込んだ可能性が高まった。  

>岡山県などはウイルスを分離して動物衛生研究所(茨城県つくば市)で詳しく調べ、29日午後に結果が出る見通し。この養鶏場は採卵用の鶏約1万2000羽を飼育。26日に2羽、27日に20羽が死んだ。  

>県などは結果が判明するまでの措置として、養鶏場の鶏を隔離し、鶏舎周辺の消毒作業を実施するほか、周囲の家禽(かきん)飼育農場の状況を早急に確認する。半径10キロ以内にある採卵養鶏場と鶏肉用養鶏場には鶏や卵の移動自粛を要請する。

NIKKEI NET:主要ニュース.

宮崎の2件に続き、岡山でも・・ということで、まだ鳥インフルエンザと決まったわけではありませんが、ちょっとまずい状況になってきました。

感染が広がること自体、新たな感染を生む可能性をもってますので、とりあえずまずいですが、それに加えて
  1 感染源がわかっていないこと
  2 宮崎の対策では拡大を防げていないこと
を暗示する事態ですので、おそらくは渡り鳥ルートで西日本から下手すると東日本にかけて感染が広がる可能性を示している点で、まずい事態です。

さしあたり人に感染する可能性はまだ低そうですが、警戒の水準は1段階あげなければならないでしょうね。

|

« 世紀末は6度も上昇、IPCC第4次報告書案 | トップページ | 世界の携帯電話販売、23%増の9億7800万台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/13683190

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山で鳥インフルか、簡易検査で陽性:

« 世紀末は6度も上昇、IPCC第4次報告書案 | トップページ | 世界の携帯電話販売、23%増の9億7800万台 »