« 一般教書演説 「地球的気温の変化」に言及 | トップページ | 出荷再開ようやく光 鳥インフルエンザ―宮崎、岡山 »

2007年2月 2日 (金)

ナイジェリアで初の死者、鳥インフルエンザH5N1型 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

>ロイター通信によると、西アフリカ・ナイジェリアのヌウェケ情報相は31日、同国最大都市ラゴスで死亡した女性(22)から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されと発表した。  

>サハラ砂漠以南のアフリカで、鳥インフルエンザ感染者の死亡が明らかになったのは初めて。 女性は、同国内で鳥インフルエンザ感染による死亡が疑われるとして、検査していた14人の1人。同国情報省によると、さらに3人にも感染死の可能性があるという

リンク: ナイジェリアで初の死者、鳥インフルエンザH5N1型 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

ナイジェリアの鳥インフルエンザは去年の春ごろに鶏への感染の報道があってから久しく報道がなくて、めでたく感染が収まったのかと思ってましたが・・

事態は逆に、人への感染が最大都市ラゴス(90年まで首都。その後首都は中部のアブジャに移転)でも進展していたようです。ラゴスの人口は1400万人もあり、貧しい地域もたくさんありますのでここに感染が広がっているのは気持ち悪いですね・・

|

« 一般教書演説 「地球的気温の変化」に言及 | トップページ | 出荷再開ようやく光 鳥インフルエンザ―宮崎、岡山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/13755824

この記事へのトラックバック一覧です: ナイジェリアで初の死者、鳥インフルエンザH5N1型 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞):

« 一般教書演説 「地球的気温の変化」に言及 | トップページ | 出荷再開ようやく光 鳥インフルエンザ―宮崎、岡山 »