« 懐かしのみんなのうた放送予定 | トップページ | お堀の鯛 »

2007年3月20日 (火)

環境省が熊本県相良村周辺の野鳥調査実施へ

>鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、環境省は平成19年3月19日までに、感染経路解明や野鳥の感染状況把握を目的とした野鳥調査を、相良村周辺で新たに実施することを決めた。 

>この調査は、環境省と熊本県が鳥取大学の協力を受けて実施するもので、実施期間は19年3月19日から25日までの予定。 

>クマタカが保護収容された熊本県相良村を中心とした半径10キロメートルの範囲を対象とし、
  (1)大量死の有無など野鳥の生息状況把握 、
  (2)水鳥のフン採取によるウイルス保有状況調査、
  (3)小型陸鳥捕獲によるウイルス保有状況検査--
を実施するとしている。

EICネット[国内ニュース - 環境省が熊本県相良村周辺の野鳥調査実施へ 野生クマタカからの鳥インフルエンザ検出で].

鳥インフルエンザの感染経路が分かってない状況では、いつなんどき再発生するかもわかりません。野鳥調査によって、多少とも情報が得られることを期待したいと思います。

|

« 懐かしのみんなのうた放送予定 | トップページ | お堀の鯛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/14326503

この記事へのトラックバック一覧です: 環境省が熊本県相良村周辺の野鳥調査実施へ:

« 懐かしのみんなのうた放送予定 | トップページ | お堀の鯛 »