« ブーメラン | トップページ | 中国鉄道大紀行 その2 出発 »

2007年4月10日 (火)

中国鉄道大紀行 ラサ

関口さんの新しい旅行シリーズ「中国鉄道大紀行」が始まりましたね。今度は中国鉄道最長片道切符36000kmという、地球が一周できそうなトンデモない旅です。「世界で一番鉄道に沢山乗った人」として、ギネスブックに載るんじゃないでしょうかね。

今日は出発地点のチベットのラサです。2006年に開通したチベット-青海鉄道が最初の路線になります。

ラサの標高は3650m。関口さん、ちょっと高山病気味で先は長いのに心配になります。ただラサには旅行者用に小さな酸素ボンベや酸素入り枕とか、用意されてるようで、酸素をすった関口さん、気持ちよさそうでした。効果あるんですね。

チベットに来たからには、というお勧めのラマの肉を食べて、いざ36000kmの旅に出発です!

|

« ブーメラン | トップページ | 中国鉄道大紀行 その2 出発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/14627965

この記事へのトラックバック一覧です: 中国鉄道大紀行 ラサ:

« ブーメラン | トップページ | 中国鉄道大紀行 その2 出発 »