« 駿河湾フェリー | トップページ | ブラックジャックの家? »

2007年7月26日 (木)

ボーキサイト

ボーキサイト
清水港に近付いていくと左手にまず三保の松原が見えるのですが、さらに港に入っていくと左手に赤茶けた砂山のようなものが幾つか目につきました。どうもボーキサイト(アルミニウムの原料)のようです。

ここでアルミニウムの精錬をしてるとすると大量の電力が必要なはずですが、そう思って辺りを見回すと街の背後の山を越えて沢山の送電線が、こちらに向かっているではありませんか。さらに港の正面にはアルミ缶工場が。。

どうも清水という所には一大アルミニウム産業が立地しているようです。帰って調べると確かに清水は日本のボーキサイトの42%を輸入する日本最大の輸入港(第二位は富山)で、富士川の水力電力でアルミニウムの精錬をする「アルミの街」なのだそうです。日本で最初をアルミ箔を作ったのは同じ静岡の浜松(昭和41年)なんて記事もありまして、この近辺はアルミの精錬から製品作りまでやってる地域のようです。

そんな訳で、日常見掛けるアルミサッシやアルミ缶の42%は、ここのボーキサイトからできた製品なのかも知れませんね。

|

« 駿河湾フェリー | トップページ | ブラックジャックの家? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/15902602

この記事へのトラックバック一覧です: ボーキサイト:

« 駿河湾フェリー | トップページ | ブラックジャックの家? »