« 買えました | トップページ | 今月のうた 「おしりかじり虫」 »

2007年7月18日 (水)

ジャンル別分析4 アニメソング

ジャンル別分析4 アニメソング
ジャンル別人気の第5位はアニメソングでした。アニメソングを良く聴く人は全体の17%であんまり多くはないのですが、かなり特徴的な性質を示しています。

まず、アニメソングを聴くことと一番相関が高いのは「パソコンで音楽を聴く」でした。パソコンでダウンロードして聴くのか、ストリーミングで聞き流すのか分かりませんが、いずれにしてもインターネットと関わりが深い使い方です。アニメソングリスナーはネットのヘビーなユーザーであるようです。

あとの有意な項目はすべて負の相関となっています。たとえば「温泉に行きたい」、「景色のいい所に行きたい」、「スポーツが好きだ」といった項目はアニメソングを聴くことと負の相関があります。このことはアニメソングリスナーは、外出やスポーツが嫌いで、家で長時間ネットをしているらしいことを意味しています。いわゆるオタクの人がかなり含まれているのでしょう。

心理変数では「周りのムードで自分の意見を変える方だ」という他人指向項目、「今の若者にはもっと規律が必要だ」という権威主義的服従の項目と負の相関が見られます。現在の若者の主流である他人指向傾向に真っ向から異を唱え、権威に服従しない人たちがアニメソングリスナーであるようです。オタクの人はかつて栄えた内部指向人間の末裔だという説がありますが、それを裏付けるデータなのかもしれませんね。

以上5ジャンルについてファン層の分析をしてきましたが、人数的にも心理傾向でも主流派のJポップリスナー、音楽そのものを楽しむ洋楽リスナー、実践をともない自己のアイデンティティとの関わりも深そうなヒップホップ・ロックリスナー、現在の風潮に異を唱える反主流派のアニメソングリスナーと、音楽を手掛かりにして現在の若者の諸相が垣間見えて、なかなか面白かったです。

|

« 買えました | トップページ | 今月のうた 「おしりかじり虫」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/15803092

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンル別分析4 アニメソング:

« 買えました | トップページ | 今月のうた 「おしりかじり虫」 »