« 寒気去る | トップページ | ウサギ台風 »

2007年8月 2日 (木)

みんなのうたリクエスト 「うちゅうのうた」

前回のみんなのうたリクエストは、1986年4月初回放送の「うちゅうのうた」だったのですが‥

うちに帰ってビデオを再生してみると、高校野球群馬大会の決勝をやっています。てっきり今日は中止で翌週に延期かとおもいましたが、関東以外では放送があったようで順延にはならないようです。楽しみにしてたのに、こうことはやめて欲しいですね。

この86年というのは、私が修論の資料集めで全国をどさ回りしていた年でした。4月は手始めに九州をうろうろしてたのですが、指宿だの川内だの霧島だのを歩きながら、何度となくこの歌を聴いたものです。

 ♪夜空仰げば 宇宙が見える
 ♪宇宙に星が またたいている

 ♪宇宙に出れば地球が見える
 ♪海に浮かんだ大地が見える

不思議な歌です。宇宙を見上げていたと思ったら、すぐ視点は宇宙からみた地球に向けられます。大井文雄さんの美しいグラフィックで地上の風景、色とりどりの花々、そこに生きる様々な生き物たちが浮かび上がってきます。

 ♪あたたかい人 優しい人
 ♪地球に生きる 人が見える

 ♪夜空の星が 輝くように
 ♪人には愛が輝いている

そして視線は人間に向けられます。その人間は、星の輝きや花々の美しさに匹敵する「愛情」という宝物を宿しているのでした。そして‥

 ♪夜空仰げば 宇宙が見える
 ♪宇宙に星が またたいている

宇宙広しといえども、生物のいる星は多くはありません。さらに愛情なり他者への思いやりなりを備えた生物が進化できる条件は、もっと限られています。人間にはお馬鹿な所も沢山ありますが、一方でそういう貴重な存在でもあるのかもしれません。

野外調査の合間に、しばしそうしたものおもいにふけって、ホウッと一息ついてまた次の目的地に出発したものでした。懐かしい曲です。今度は、ちゃんと放送して欲しいですね。

「うちゅうのうた」
うた ふくざわもろ
作詞 ふくざわもろ
作曲 ふくざわもろ
編曲 石原真治
アニメーション 大井文雄
初放送月 1986/04

|

« 寒気去る | トップページ | ウサギ台風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/15986480

この記事へのトラックバック一覧です: みんなのうたリクエスト 「うちゅうのうた」:

« 寒気去る | トップページ | ウサギ台風 »