« 秋の夜長 | トップページ | 最後の30℃越え? »

2007年9月26日 (水)

みんなのうた 「キャベツUFO」

みんなのうた 「キャベツUFO」
今日は中秋の名月ですね。綺麗な満月を眺めていると、キャベツが飛んでいるように見えてくるのは私だけでしょうか。

 ♪とても不思議な魔術
 ♪月の光の魔術
 ♪カタカタ 窓が開いたよ
 ♪フワフワ キャベツ浮かんだよ

1984年初回放送の「キャベツUFO」は、もう20年以上前の曲になってしまいましたが、今でも人気ありますね。キャベツが空を飛ぶという奇想天外なアイデアもさることながら、キャベツと一緒に台所に運ばれてきた青虫たちを、お月様が畑に返してあげるという暖かいストーリーが共感を呼ぶのでしょう。キャベツに青虫が付いてたらちょっとやだなあとか、台所でブランコしてたらどうしようとかいうのは置いといて、私も好きな曲です。

パステル調の可愛らしいアニメーションも、人気の秘密でしょう。月の光がサーッと射して来て、キャベツが浮き上がっていくシーンが圧巻です。

 ♪夜の空飛ぶキャベツUFO
 ♪月の光のパワーエンジン
 ♪青虫のせたキャベツUFO
 ♪花咲く場所がきっとみつかる~

この部分、サブコーラスで流れる♪ララララー♪ララララーという副旋律が、スピード感と浮遊感があって好きです。

月を歌ったり月が出てくる曲は「月」「月のワルツ」「月の光」「アスタルエゴ さよなら月の猫」「空にはお月様」「赤鬼と青鬼のタンゴ」などなど沢山ありますが、皎々と照る月の光を眺めていて浮かんでくるメロディは「キャベツUFO」ですね、私の場合。他の方はどうなのでしょう?

「キャベツUFO」
うた 工藤順子
作詞 工藤順子
作曲 工藤順子
編曲 MAKI
アニメーション 尾崎真吾
初放送月 1984/06

|

« 秋の夜長 | トップページ | 最後の30℃越え? »

コメント

当時、「ペルシャの子守歌」と同時放送されたときの冒頭の宇宙服をきたサルみたいな絵が不気味だった…。

投稿: うい | 2022年8月13日 (土) 19時24分

あのときのタイトル画は3つともちょっと不気味でしたね

投稿: くじょう | 2022年8月13日 (土) 20時14分

1984年6~7月当時は、「キャベツUFO」のタイトル画面でカバとペンギンがUFOに乗る絵もあったようです。

投稿: うい | 2022年8月14日 (日) 09時19分

ウェブアーカイブの「編年体みんなのうた1984」によると、「キャベツUFO」は1984年6~7月当時、月、火曜日、17:55枠では水、土曜日に放送されていたそうです。

https://web.archive.org/web/20081103043207/http://www.interq.or.jp/orange/mitumi/utakan/history/1984.htm

投稿: うい | 2022年8月15日 (月) 18時06分

「キャベツUFO」は、1984年6~7月当時、火曜日は「ペルシャの子守歌」、月曜日は「ニャーンタイム」、17:55枠では「せんせ ほんまにほんま」とカップリングだったそうです。カバとペンギンの絵はおそらく17:55枠だと思います。

投稿: うい | 2022年8月15日 (月) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんなのうた 「キャベツUFO」:

« 秋の夜長 | トップページ | 最後の30℃越え? »