« 中国鉄道大紀行 その69 モンゴルの歌声 | トップページ | 中国鉄道大紀行 その71 満漢全席 »

2007年10月30日 (火)

中国鉄道大紀行 その70 甘いスープ

中国鉄道大紀行 その70 甘いスープ
9月27日は、新立屯(しんりっとん)から錦州(きんしゅう)、三十家(さんじゅうか)、下坂城(しもはんじょう)と、北京に向けて列車を乗り継いでいきます。

4:22、新立屯発。ずいぶん朝早い出立ですが、錦州からの便が一日一本しかなくて、この時間に出ないと間に合いません。まだ外はまっくらです。

夜が白々明けてきて、6:23錦州着。人口308万人、石油の産する工業都市で、広い駅構内も貨物がメインなのでしょう、人が少なくてガラーンとした感じがします。ここで、三十家行きに乗換えです。

7:33、錦州発。一日一本しかない旅客列車に乗りこみました。おそらく、貨物列車はもっと沢山通ってるんでしょうね。昔あった清水港線も、貨物がメインで旅客は一日一本なことで有名でした。

一日一本の車内は混んでいるのかと思いきや、空いています。空いてるから一本なのでしょう。でも、沿線での人の乗り降りは沢山あります。列車の通過後、線路を大勢の人が横切ってましたし、ホームのないような場所で列車を止めて、お客さんを降ろしたりもしてました。皆さん、大きな荷物を担いで買い出しが何かだったのでしょうか。貴重な生活の足であることが伺われます。

茶色く実ったトウモロコシ畑を過ぎ、緑の木々をくぐってゆるゆると列車は進みます。三十家までは8時間余り。車内でお喋りしてるシーンもなかったので、長かったでしょうねえ。沢山本が読めそうではあります。

15:15、三十家着。お疲れ様です。もとは30しか家がなかったということですが、今でも人口4万人の小さな街です。駅前にも背丈より高いトウモロコシの畑が広がっていました。

 「トウモロコシ穫ってる~」
 「ニーハオー」

関口さんが声をかけると、とれたての実を見せてくれました。おっきなトウモロコシです。子供が葉っぱをむしったりしてお手伝いしてました。

畑の持ち主の家を訪ねると、庭に鶏が一杯ケコケコしています。10kgもある大きなカボチャがなっていたり、ナツメの実がたわわにみのっていたり、ちょっとしたパラダイスです。

 「食べ物一杯だー!」
 「おい、ナツメをとってやれ」

早速、家の人が木に登って4cmほどのナツメの実を手のひら一杯にとってくれました。これを井戸水で洗ってくれます。新鮮で美味しそうです。

実の所、ナツメって食べたことはないのですが、リンゴかナシのような味がして「1日3個食べると年とらない」と言われるほど、滋養があるのだとか。特に手入れしなくても、勝手に実るらしいので、植えてるおうちも多いのでしょう。

さらにご主人、トウモロコシのスープもご馳走してくれました。塩味かと思いきや、なんと砂糖入りです。

 「甘っ!」

やっぱり甘いようです。

 「こっちではこんな風に飲むんですね」
 「でも美味しいよ。甘いのは甘いので」

練乳たこ焼きにつぐ、意外な甘いものシリーズ第二弾でした。そろそろ、列車の時間です。これもご主人が教えてくれました。

 「駅前で大豊作の所に来たのもビックリだけど、なんでこのおじさんこんな親切なんだろう」
 「そっちの方がビックリ!」

17:24、三十家発。世界遺産、避暑山荘のある下坂城に向かいます。今週の旅はこれで終わり。お疲れ様でした~!

|

« 中国鉄道大紀行 その69 モンゴルの歌声 | トップページ | 中国鉄道大紀行 その71 満漢全席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/16925761

この記事へのトラックバック一覧です: 中国鉄道大紀行 その70 甘いスープ:

« 中国鉄道大紀行 その69 モンゴルの歌声 | トップページ | 中国鉄道大紀行 その71 満漢全席 »