« 忍者雲 | トップページ | 西南暖地で温暖化の影響顕在化 -水稲平年収量に関する検討会 »

2007年12月19日 (水)

地理情報分析支援システムMANDARA

先週、学内の研究会で地理情報分析支援システムMANDARAというフリーソフトを使って、日本各地の人口変動を分析した研究を聞かせてもらいました。「MANDARA」というのはこのときが初耳だったのですが、地理学の業界では昔から有名なソフトなんですね。

フリーソフトなので早速ダウンロードして使ってみると、確かにさくさくいろんなマップが作れます。今日はエクセルでデータを加工して地図化するのに挑戦してみましたが、割とすぐできたのでいろいろ使えそうですね。

ソフトのダウンロードはこちら
http://www5c.biglobe.ne.jp/~mandara/mapdata/index.html

つかい方は、こちらのページの『MANDARA入門 3時間』(pdf版)
http://www.naruto-u.ac.jp/~tatuoka/mandara/main.html

でとりあえず、十分わかります。

|

« 忍者雲 | トップページ | 西南暖地で温暖化の影響顕在化 -水稲平年収量に関する検討会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/17419369

この記事へのトラックバック一覧です: 地理情報分析支援システムMANDARA:

« 忍者雲 | トップページ | 西南暖地で温暖化の影響顕在化 -水稲平年収量に関する検討会 »