« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

夏日

夏日
太平洋高気圧?に覆われて気温があがりました。ただいま、26.3℃で夏日です。週末には30℃を越えるところもでるなんて予報もありますね。

今年は大きいプランターを買ってゴウヤを植えようと思ってるのですが、ネットで調べると3〜5万円なんて価格が出てました。プランターって高いんですねえ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

今年も音楽調査

社会調査法の授業は、今年も一段と人が多くて出席者が400人を越えているのですが、調査テーマの投票をしたところ今年も音楽の調査をすることになりました。

今回は男女別に集計して男性一位のテーマと女性一位のテーマを採用しようと思ってました。ところが集計してみると男女共一位は音楽。みんなよっぽど音楽が好きなんですねえ。せっかくなので、今年もやることにします。去年は好きなジャンルを中心に分析したので、今年は好きなアーティストを中心に分析してみようかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

茶葉、コーヒーかすを燃料に

>次世代のバイオ・リサイクル固形燃料「バイオコークス」の実用化に向け、近畿大学が恵庭市の大学資源再生研究所内で準備を進めていた量産実証実験センターが22日、開所した。2009年度からの実用化を目指す。 

>バイオコークスは、飲料水製造工場などから大量に廃棄される茶葉、コーヒーかすなどの身近な植物由来廃棄物を原料に製造する燃料。石炭コークスに代わる安価で安定供給でき、二酸化炭素排出の削減につながる脱化石燃料として実用化に期待が高まっている。これまでの実験で、石炭コークスの20%代替が可能で価格も石炭コークスの1トン10万円に比べ7万円前後と割安だ。 

>直径100ミリのバイオコークスは、乾燥した茶葉やコーヒーかすを180度で20分間、16トンの高圧をかけて製造。原料は光合成に由来するすべての生物資源。もみ殻、ジャガイモの皮、稲わらなどの廃棄物を100%活用できる点が強み。循環型社会に形成にも役立つ。 宗像センター長は「森林資源が豊富な北海道での研究課題に全力で取り組み、09年度には実用化を図りたい」と話している。

>三菱重工環境エンジニアリングの久保田浩次長は「市場が求める価格での量産化が事業化の分岐点。可能なら製造販売の会社設立も選択肢」との見解を示した。  

リンク: 2008年4月23日(千歳民報).

近畿大学が近年手がけていたバイオコークス(http://www.co-ip.jp/modules/wordpress/index.php?cat=116http://ccpc01.cc.kindai.ac.jp/honbu/press/0709/bio.html)の量産実験が始まるようですね。

製鉄に必要なコークスは大きなCO2排出源となってますので、これを生物起源の材料に代替できるとCO2削減に大きく貢献することになります。これまでの実験では、コークスよりも安い価格で代替できるようですので、バイオ系の技術のなかでも有望なものと考えられます。

実際に量産してもその程度のコストに抑えられるのか、バイオコークス生成の過程で必要なエネルギーが代替効果を上回らないのか、どの程度の規模で代替が可能かといったことがらが、量産実証実験では課題になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

総長カレー

総長カレー
京大が出している「総長カレー」を頂いたので味見をしてみました。大きな牛肉と野菜が入ってて、スパイスも効いて美味しかったです。

むかーし、140円の食堂チケットを渡して食べた教養部のカレーはジャガイモぐらいしか具が入ってなかったものですが‥

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年4月18日 (金)

キューバ、携帯電話購入に長蛇の行列

>携帯電話の使用が一般庶民に解禁されたキューバで、電話公社Cubacelに購入希望者の行列ができた。これまでは外国人と外資系企業の社員、一部の公務員のみに使用が許された。携帯電話を入手した庶民は直ちに、親族や外国の友人に電話番号を知らせ、開通式を行った。

>庶民の生活費から比較すると高価な買い物であるが、携帯電話の解禁はキューバに新しい時代の幕開けをもたらした。これまで電話は、金持ちの知人の家で借りた。これからは家族が経費を出し合って、独自に電話をかけることができるようになった

>以前二百八十八ドルした携帯電話は、百二十ドルに値下げされた。通話料は一分、〇・五ドル。マイアミまで一分、二・九一ドル。キューバにおける庶民の月給は、平均で十九ドル。米国にいる親族の送金でもない限り、携帯電話は高嶺の花である。

キューバ=文明開化の匂いが=携帯電話購入に長蛇の行列

キューバでは一般の人の携帯電話使用は許可されていなかったようですね。設備が足りないためか、情報を統制するためかわかりませんが。固定電話も費用の関係で一般の家にはなかったようですから、携帯が解禁になってようやく電話というものが使えるようになったようです。

端末12000円ぐらい、通話料1分50円ぐらいというと日本とそんなに変わりませんが、一人当たりGDPが3500ドルのお国柄ではかなり割高な感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月17日 (木)

ひこにゃん2歳に

>彦根市のキャラクター「ひこにゃん」の2歳の誕生日を祝うイベントがこのほど、国宝・彦根城天守前広場と、城に近い商店街であり、多くのファンからのプレゼントが贈られた。

>ひこにゃんは、昨年11月9日に同市役所で特別住民登録をしており、生年月日は「平成18年4月13日」。住民票を入手したファンの間やインターネットでも誕生日の情報が広がり、約1週間前から、北海道から沖縄まで全国から郵送でお菓子やおもちゃなどのプレゼント約130件が届いた。  誕生日を祝うイベントは「ファンからの贈りものを手渡そう」と市が急きょ開いた。天守前広場では女性スタッフがひこにゃんに花束を手渡し、郵送された分や観光客らがプレゼントを贈り、「おめでとう」などと声を掛けていた。  

掘り出しニュース:ひこにゃん2歳に お祝いに花束プレゼント - 毎日jp(毎日新聞).

お誕生日は4月13日でしたか。知りませんでした。去年の春休みに見に行ったときは、まだ1歳になってなかったのですね。波乱を乗り越えて大きくなりました。おめでとう、ひこにゃん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国、鳥インフルエンザで全土に「警戒」警報

>韓国政府は16日、鳥インフルエンザウイルスの拡大を受け、全国に発令する警報を1段階引き上げ「警戒」とした。また、拡大防止のため、軍や消防隊員も投入される。  

>農林省は、鳥インフルエンザが多数確認された南西部に限定で発令されていた「警戒」警報を国内全土に拡大すると発表した。  

>農林省によると、ソウル(Seoul)の南260キロメートルの金堤(Gimje)で4月初旬に鳥インフルエンザ感染が確認されて以来、20か所でH5型ウィルスへの感染が確認され、そのうち少なくとも6か所では高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)への感染が認められたという。  

>また同省は、ソウル(Seoul)南方70キロメートル平澤(Pyeongtaek)の農場など、現在も14件の感染の疑いがあり、調査を行っている。  政府高官によると、養鶏産業の盛んな全羅南北道(South Jeolla、North Jeolla)を中心に、感染地域とその周辺地域ではニワトリやカモなど220万羽がすでに処分されている。(c)AFP

韓国、鳥インフルエンザで全土に「警戒」警報

ちょっと厄介なことになってきているようですね。韓国南西部で発生したH5N1インフルエンザ(強毒性鳥インフルエンザ)はソウルの近郊にも飛び火し、さらに14件の農場でも感染が疑われているようです。

渡り鳥が北に帰る時期なので、日本に飛び火する可能性は少なめですが、これ以上韓国で広がるようですと、安心はできません。北朝鮮に広がっている可能性もありますね。情報がないのでよくわかりませんが・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

大連・瀋陽見聞録 その6 「給料安いです」

開発区で学生さんの婚約者の方と合流して、あちこち見せてもらいました。彼女も大連出身で開発区の日本企業で働いているそうです。

 「どんな仕事をしてるんですか」

 「コンピューターで生産管理の仕事をしています」

ということなので、なかなか優秀な方なのですが、

 「給料安いです」

と言って嘆いていました。月2000元ほど、日本円で3万円ほどなのだそうです。年収にして36万円。

調べて見ると、大連に進出しているキャノンや東芝の工場の初任給が500元(7500円)ほどで、頑張って残業すれば月1000元(1万5千円)ほどは稼げるようになる、ということですからそれに比べるとずいぶんいいのですが、技術職としては少ない気はしますね。

ケンタッキーとかマクドナルドとか街中に沢山並んではいるのですが、セットの料金は30元(450円)ほどで日本の値段と余り変わりません。月収の70分の1ほどの価格になりますから、迂闊には入れない世界が目の前に沢山並んでいることになります。

 「給料安いです」

帰り際に、ホリデー観光の現地従業員の人からも同じセリフを聞きましたが(彼も月収3万円でした)、消費社会化が進みつつある都市部では共通した感情なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大連・瀋陽見聞録 その5 経済開発区

大連・瀋陽見聞録 その5 経済開発区

しばらく間が開きましたが、新学期の授業が軌道に乗ったところで大連旅行記の続きです。

3月23日(旅行2日目)は大連市街から車で20分ほどのところにある経済開発区を案内してもらいました。ここは日本を始めとする外資の導入をはかっている所で、工場や物流の拠点が立ち並んでいます。大連の経済的なエンジンといえます。

1984年、改革開放政策が始まって6年目にスタートして、現在では3000企業が操業する商工業地帯となっています。3000のうち外資が1800企業でさらにその中で日本企業が3分の1を占めるとか。

大連の市街地とは高速道路の他、高架を走る電車でも結ばれていて、延長路線が建設中でした。080323_1224541さらに、海を渡って直接中心街とを結ぶ大橋も建設されるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

『月のワルツ』 リンク集

今月は2004年10月初回放送の名曲『月のワルツ』が再放送されてますので、記念してリンク集を作ってみました。

Wikipediaの説明です。割とあっさりしています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E3%81%AE%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%84

歌詞はこちらでどうぞ。
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=A00900

うた缶のコメントページです。解説によると、「チャンドラマハル」という言葉からイメージをふくらませて曲の世界が出来上がっていったそうですね。
http://www.interq.or.jp/orange/mitumi/utakan/utafile/43055.htm

初回放送当時のブログ記事です。最初に聴いた時の衝撃がよくわかります。私も似たような衝撃を受けたものです。コメントがすごい数!
「リアリストと空想少女」  http://blog.goo.ne.jp/king-s_will-royalcitymaker/e/fe589f684447e5f577f889a5fe5e0953

もうひとつ、放送当時の関心空間から。関連してみんなのうた作品のリンクもあります。
http://www.kanshin.com/keyword/590473

「月のワルツ」ファンアートのメモリアルコンテンツだそうで、素晴らしい作品集です。
Mondenkind  http://www.geocities.jp/riki_t_waltz/

今回の再放送に関連した記事も出てました。
「諫山実生、NHK『みんなのうた』の「月のワルツ」か再び話題に」http://music.goo.ne.jp/contents/news/NML08-04-14-1/index.html

いやいや、さすがに人気作品だけありますね。ちなみに、2004年10、11月は、『ハロー アゲイン,JoJo』と『永遠(とわ)にともに』も初回放送されていて、豊作なクールでした。

『月のワルツ』 
うた:諫山 実生
作詞:湯川れい子
作曲:諫山 実生
編曲:安部 潤
アニメーション: いしづかあつこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

4,5月のうた

4,5月のうたは次の3曲です。『昆虫ニンジャ』と『光(ひかる)のゲンちゃん』がショートバージョン、『CRYSTAL CHILDREN』がロングバージョンになります。

『昆虫ニンジャ』は子供向けの曲ですが、ラテン系の音楽に合わせてハナカマキリやカレハバッタなどの実写映像が流れるのが楽しいです。

『光のゲンちゃん』は源氏物語千周年を記念した作品だとか。千住明さんのおしゃれな曲に和風のツツミの音がアクセントになっています。現代に舞い降りた光の君を描く西村緋祿司さんのアニメーションも、いつもよりおしゃれかも。

『CRYSTAL CHILDREN』は直球勝負(みんなのうたHPより)のメッセージソングだけに好みが分かれそうです。寛容な心は必要ですが、不合理なことを無条件で許してもうまくいきません。その辺のバランスが大事なのですが、直球勝負なだけに極端な歌と取られる可能性がありますね。まあ今の世の中、適正バランスからみても寛容さが少なすぎるよというメッセージとして聞けば悪くないような気もしますが。みんなのうた史上、最もキビキビしたダンスと、ホッチカズヒロさんのイルカは見ごたえがあります。

『昆虫ニンジャ』 うた:戸田恵子
作詞:白峰 美津子
作曲:浜口 茂外也
撮影:海野 和男
アニメーション:加藤 晃

『光のゲンちゃん』 
うた:SHOWTA.
作詞:サエキけんぞう
作曲:千住 明
アニメーション:西村 緋祿司

『CRYSTAL CHILDREN』 
うた:クリスタルズ
作詞:めけてとにせん
作曲:めけて
編曲:めけてとみみ
映像:Chris&Patty
アニメーション:ホッチカズヒロ
振付:CHIHARU・ETSU(TRF)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年度の放送スケジュール

4月からみんなのうたの放送スケジュールが大幅に変わりましたね。なれないと見逃してしまいそうです。

まず、テレビですが新曲の放送

 総合テレビ 月~木 9:55~10:00 と 13:55~14:00
 教育テレビ 月~金 18:55~19:00

となります。週末は土曜の4:55~5:00という早朝の時間帯以外はテレビの放送はありません。週末に放送がないので、平日にビデオに撮ってみないとしょうがないですね。

再放送

 総合テレビ 金    9:55~10:00 と 13:55~14:00
 教育テレビ 月~水 14:50~14:55


となります。テレビの再放送も減ってしまいました。

ラジオの方はすべて第二放送ですがコンスタントに放送があります。

 【新曲】 月~土 9:05~9:10   日 9:00~9:10
       月~金 16:25~16:30

 【再放送】 月~金 13:55~14:00  日 14:25~14:30
        月~日 23:55~24:00  土 21:55~22:00

となっています。夜中に再放送をするのは、昔のファン向けといった風情でしょうか。4,5月のクールでは「春の山」とか「フニクリフニクラ」とかが放送されています。

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総務省、次世代携帯電話の技術要件の策定に向けた審議を開始

>総務省は4月10日、3.9世代携帯電話(3.9G)の商用化に向けた技術条件の検討を開始したと発表した。  

>3.9世代携帯電話は、現行の3Gに代わる次世代の移動通信として期待が寄せられる高度通信システム。現行の第3世代(3G)で約4時間を要する音楽CD10曲分のダウンロードが、3.9Gでは1~3分ほどで行うことが可能となる。現在、国際的にも標準化が進められており、日本国内においては2010年ごろの商用化に向けて取り組みが活発化してきている。  

>総務省では同分化会において、まずは3.9世代携帯電話を技術的に検討する。具体的には、2010年に予定されている第2世代携帯電話の終了後の1.5GHz帯を整理し、既存システムとの共用条件などを踏まえた利用可能な帯域や、干渉度合いなどを調査および検討し、帯域の再配分に向けた技術的要件を年内をめどにまとめる方針。以降は、関係規定の整備が進められ、早ければ2009年夏にも事業者が選定される見込みだ。

総務省、次世代携帯電話の技術要件の策定に向けた審議を開始--来夏にも事業者決定

2010年といえばもう再来年の話ですね。第2世代サービスを終了して、その分の周波数を3.9世代(半端な表現ですが)のサービスにあてることになるようです。第3世代(いわゆる3G)の100倍のダウンロード速度が出せるようですので、表示速度があがったり、動画配信のサービスが増えたりすることになるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

桜づつみ

桜づつみ
桜づつみ
水戸から水戸線で小山に向かいます。乗換えの間に水戸駅南側の桜を見てきました。さくら川の両岸がちょうど満開で、さながらピンクのプロムナードです。

今回は天気と桜に恵まれて、近場ながら満足感の高い旅でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

袋田駅

袋田駅
袋田駅
一日数本しか列車が来ない袋田駅はたいそうのどかです。連絡して滝まで走るバスも、桜の下でゆっくり出番を待ってました。

10:30ごろについて、滝見物して13:55の列車で水戸に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯉のぼりの里

鯉のぼりの里
鯉のぼりの里
袋田の滝がある太子(だいご)町付近はこの時期鯉のぼりをあげるようで、沢山の鯉たちが悠々と空を泳いでました。折しも先発全員得点なんて記録を達成して大勝した日だったので、余計に清々しい気分です。

レンギョウや白モクレンの花も綺麗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けんちん蕎麦

けんちん蕎麦
けんちん蕎麦
階段を昇り降りして疲れたので、滝の見える茶店で一服しました。三六亭(みろくてい)という所です。

ゆずコンニャクとけんちん蕎麦が名物らしいので頂いてみました。菜の花を添えた盛り付けもおしゃれで、ゆずの酸味がサッパリしてて美味しかったです。けんちん蕎麦はけんちん汁にお蕎麦をつけて食べるそうで、初めての食べ方でした。ゴマ油と唐辛子を少し効かせたピリカラのけんちん汁に、ざる蕎麦が思いの他ぴったりしてて、こちらも良かったですね。

滝を眺めながら趣向を凝らした器に美味しいお蕎麦。旅番組に出てきそう、なんて思ってると本当に旅番組で紹介されたお店らしくて、そのときの写真なんかも飾ってありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

上からみた滝

上からみた滝
上からみた滝
トンネルを少し引返して左手の釣りはしを渡ると急な階段がありました。降りて来る人、昇る人がチラホラいるので昇ってみることにしました。

最初はしっかりした階段ですが、上がるにつれてインカ道のような急な細い道に。15分ほど昇って足がガクガクしだす頃に袋田の滝の上部にでました。思ったより、繊細で柔らかな流れです。紅葉のころとか綺麗でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

袋田の滝

袋田の滝
袋田の滝
18切符使い切りの旅、2日目は水郡線に乗って袋田の滝を見に行きました。

水戸から水郡線で1時間余りで袋田駅、そこからバスで15分ほどで終点の滝川停留所。

そこから鮎の塩焼き400円也をかじりながら川沿いに歩くこと10分ほどで、件のトンネル入口に到着します。ここで300円也を払ってトンネルを400mほど歩くと袋田の滝観望所でした。天候に恵まれて、青空から滔々と滝が流れ落ちてくるのが楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜

夜桜
夜桜
湖畔では夜桜がライトアップされていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トワイライト水戸

トワイライト水戸
トワイライト水戸
千波湖(せんばご)の夕暮れです。水戸は偕楽園以外にも、いい所がありますね。知りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コクチョウの雛

コクチョウの雛
コクチョウの雛
水戸の千波湖のコクチョウです。雛をつれてました。湖畔の遊歩道沿いでは卵を抱いてるペアも見掛けました。こんな所で繁殖してるんですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

ありとある芥〜♪

家中の成仏してないガラクタたちが、スレッドフローティングの棚に吸い込まれ始めました。恐るべし、超整理法。

これからどうなるのでしょうか?

果たしてこんなことでいいのでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

2ちゃん式整理法開始

2ちゃん式整理法開始
野口悠紀雄著の『「超」整理法』(中公新書1993)という本を古本屋で買ってきました。

書類や資料の整理法についての本なのですが、なかなか面白いです。書類や資料は次々にやってきて整理する暇がない。整理しなくても整理できる整理法が必要だ、というのが主な問題意識になります。

そこで提唱されるのは、書類や資料を片っ端から角2号の封筒に突っ込んで本棚に並べていくという方法です。並べ方はとにかく新しいものを右側(あるいは左側)において、新しいものがくると古いものは左に移動させる。書類や資料は時々必要になって使用するが、使った封筒は一番右側に入れておく。要はルールとしてはこれだけです。

そうすると良く使う書類は右の方にあるので、その辺をさがせばすぐに見つかります。使わない書類は左の方に移動して行くので、一番左までいった使わない書類は処分するなりどこかにしまうなりして差し支えありません。こうして自然にいる書類、いらない書類の分類ができてくるというのが「超」整理法の骨子でした。

21世紀の現在から見ると、これは正しくスレッドフローティング方式で2ちゃんねるを始めとする多くの掲示板で採用されている方式といえます。書き込みの多いスレは上にあがり、人気のないスレは沈んでいってdat落ち‥という日常ありふれた光景を本棚で再現するのは、なかなか面白そうなので早速封筒を100枚買ってきました。

とりあえず机の上に山積みになってた資料を封筒に入れて本棚に立てると、机の上が広々していい感じです。様子を見ながら段々拡張して行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

大連・瀋陽見聞録 その5 韓国商品エリア

大連・瀋陽見聞録 その5 韓国商品エリア
勝利広場の地下3階は迷路のようなファッション街。日曜の夕方を買い物して過ごすカップルや、若い女性の姿が目立ちました。一方で少し外れにある韓国商品エリアは閑古鳥が鳴いていました。所在無げに店番する人達が気怠い雰囲気を醸し出しています。

大連駅の向かって右側にも似たような雰囲気のエリアがあって、大ショッピング街のかたわらで、客を奪われた形の人達も少なからずいるようでした。中国における韓国製品は比較的安くて比較的質がよいというポジションなのですが、土産物、雑貨といった種目ではメリットが発揮しにくいようです。

異国情緒で勝負してる店もありましたが、あんまり効果がないようで、フレンドリーさを表に出した瀋陽の韓国セクションの方がましかもって感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大連・瀋陽見聞録 その4 駅前の地下広場

大連・瀋陽見聞録 その4 駅前の地下広場
大連・瀋陽見聞録 その4 駅前の地下広場
星海公園のあとは大連駅前に移動しました。

 「勝利広場です」

特に何もない広場だなあと思っていると、車から降りて地下街に案内されました。勝利広場というのは、駅前の地下に広がる大地下街のことだったのです。

分厚いビニールのカーテンを押し広げると、雑貨やブランド品のフロア。

 「お兄さん、ブランド品あるよ」

日本語で客引きする声が聞こえてきます。日本観光客も沢山くるのでしょう。

客引きは無視して下に降りると今度は携帯電話のフロアです。ノキア、モトローラー、サムスンの3強に、中国国産メーカーも軒を連ねています。通話とメールをメイン機能とした薄型ストレート端末が主力で、多機能で分厚い機種が多い日本の端末メーカーの姿は見えません。

バッテリーや各種パーツの売り場も賑わっていました。改造、あるいは修理して使う人が多いのでしょうか。

中二階みたいな所はゲームセンターです。ここも人でいっぱいでしたね。昔懐かしいレーシングゲームもあれば、スポーツ系体感ゲーム、対戦型格闘ゲームなど、日本のゲーセンとあんまり変わらないラインナップです。違うのは人がいっぱいあふれている所かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山

富士山
今日はとても綺麗です。新幹線でもアナウンスが流れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »