« かぐや姫弁当 | トップページ | 単純模倣モデルだとうまくいく »

2008年8月26日 (火)

富士川(ふじかわ)

富士川(ふじかわ)

富士川(ふじかわ)
西富士宮駅を出ると、電車は街を離れて山間部に入っていきます。ここから身延あたりまで日本三大急流の一つ、富士川を左手に眺めながらの旅となります。ウィキペディアによると最上川、富士川、球磨川が三大急流だそうですね。富士川は「ふじかわ」と濁らないのが正式ですが、大雨の影響で濁流が滔々と流れていました。このあたりは川幅も広くて雄大な景色が楽しめます。

電車は沼津から走ってきた2両編成で横座りのロングシートでした。横座りのシートは旅行気分にならないので、これはちょっと残念です。天気も悪いのでガラガラだろうと思ったら、18キッパーらしき人が沢山乗ってて結構混んでました。18切符を楽しむには手頃な路線なのでしょう。

ワンマン運転なので小さな無人駅では前の車両の扉しか開かなかったりします。乗る時も前しか開かないのでうっかりしてると乗り損ねることもあるかもしれません。そのため「ワンマンカーの乗り方」なんてのが各駅に掲示してありました。

|

« かぐや姫弁当 | トップページ | 単純模倣モデルだとうまくいく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/42277237

この記事へのトラックバック一覧です: 富士川(ふじかわ):

« かぐや姫弁当 | トップページ | 単純模倣モデルだとうまくいく »