« 身延線の旅 | トップページ | 富士川(ふじかわ) »

2008年8月26日 (火)

かぐや姫弁当

かぐや姫弁当

かぐや姫弁当
富士宮は白糸の滝に向かうバスが出ている所で、天気が良ければ行ってみても良かったのですが、あいにく土砂降りの雨。駅の写真だけ撮って身延線の旅を続行することにしました。やきそばの街だそうなので、食べ歩きしたかったのですがね。

代わりにお昼ご飯には富士駅で買った「弁当 竹取物語」を頂きました。かぐや姫のお話の中に、不老不死の薬を天に一番近い富士山の山頂で焼くという一コマがあって、富士市はかぐや姫ゆかりの地なのだそうです。前に京都の向日市の駅前でもかぐや姫のカラクリ時計を見たことがあって、そこもかぐや姫ゆかりの地を名乗ってました。多分、あちこちに「ゆかりの地」があるのでしょうけど、とりあえずかぐや姫弁当はタケノコとホタテとシイタケと桜エビがなかなか美味で、上品ないっぴんでした。

|

« 身延線の旅 | トップページ | 富士川(ふじかわ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/42277065

この記事へのトラックバック一覧です: かぐや姫弁当:

« 身延線の旅 | トップページ | 富士川(ふじかわ) »