« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

新宿まで歩いてみようかな

新宿まで歩いてみようかな
さっきフラッと家をでて多摩川河岸段丘の崖線をブラブラ歩いていると西調布の駅につきました。調布の町並みも向こうに見えていたのですが、今日はちと疲れたのでここまでにしましょう。

途中、崖線がマンションに覆われて城壁みたいになっていたり、まっくらな中央高速の高架をくぐったりしてなかなか面白かったので、また続きを歩いてみたいです。今度は西調布まで電車に乗ってそこから仙川か国領あたりまで、その次はそこからつつじヶ丘まで‥みたいにして新宿まで制覇してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

焼きラーメン

近所の中華屋に行ったら「焼きラーメン」というメニューが出来てました。なんだこれ?と思いつつ、試しに注文してみた所‥

なんといいますか、ラーメンの麺を焼きそばのようにソースで炒めて微妙に汁をかけ、青ノリと紅ショウガをのせたものが出てきました。汁のある焼きそばと言うべきでしょうか。

普通の焼きそばよりあったまるので、冬向きだとはいえるでしょう。ただ、味は普通の焼きそばとほぼ同じなので、普通に焼きそばを食べても変わらないような気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

寒っ!

寒っ!
寒っ!
夕方になって急に風が冷たくなってきました。そういえば雨もザッと降ってたような‥と思って天気図をみたら、やっぱり寒冷前線が通過したんですね。寒いはずです。

北海道北方の上空の寒気も昨日から動く気配がありませんし、しばらくひんやりしそうです。皆さま、風邪などひかれませんように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

いい天気

いい天気
今日は綺麗に晴れ上がって、爽やかな秋空です。寒冷前線の雲もすっかり南海上に去りました。今日、明日は秋晴れでしょうね。

上空の天気図では北海道を寒気が通過中で、明日にかけて少し暖かくなるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

鉄道文化むら

鉄道文化むら
鉄道文化むら
横川駅の隣りに「碓井峠鉄道文化むら」という施設がありました。1997年に長野新幹線が開通したときに、横川−軽井沢間の在来線は廃止されたのですが、応時の苦労を後世に伝えるために資料館としてつくられたそうです。

かつては碓井越えは箱根越えと並ぶ交通の難所で、鉄道開通後も蒸気機関車の猛烈な煙りがトンネルに立ち込めて機関士が窒息するほどだったといいます。そのため日本で最初に電化された区間でもあったようですが、当時の蒸気機関車や電気機関車が展示されていました。電気機関車も当時の最新鋭とはいえ、運転席に乗り込んでみるとなかなか行き当たりばったりの作りなようで、必要な配線や計器がところ狭しと配置されています。ちょっとみても何がなんだか分かりませんし「感電注意」なんて書かれた張り紙もあったりして危険も伴う仕事場だったようです。こんな機械の塊を操って碓井越えの列車は運行されてたんですね。確かに後世に伝えていくべきだろうなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

碓井峠

碓井峠
軽井沢からはバスで横川に向かいました。新幹線が走るご時世にバスで峠越えをする人は少ないのかと思ってたらさにあらず。50人乗りの路線バスはほぼ満席でした。時間はかかっても峠越えの眺望を楽しみたいという人は多いようです。まあ、年配の方が大半でしたが。

14:10発で横川着が14:40ほど。30分500円で景色が眺められてその点ではリーズナブルです。群馬県側の山々は岩がゴツゴツしていてちょっと桂林みたいな感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気候改変装置

気候改変装置
紅葉の下で人工降雪器が出番を待ってました。軽井沢くらいの標高だと、最近はあんまり雪が降らないのかもしれませんね。気候を改変しないとスキーは十分楽しめないのかも‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽井沢の紅葉

軽井沢の紅葉
軽井沢の紅葉
標高900mほどですが、ちょうど見頃に色付いてました。すっきり晴れてるともっと綺麗に撮れるんでしょうけど、あいにくの曇り空です。とりあえず露出を色々変えて撮ってみましたが、雰囲気が伝わるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吊し雲

吊し雲
吊し雲
今朝は風がピューピュー吹いて寒いです。こちら軽井沢の気温は11℃ですが体感温度は7〜8℃って感じでしょうか。

浅間山の風下側に巨大な楕円形の雲がずっと浮いています。多分、富士山なんかではよく見られる「吊し雲」の一種なのでしょう。じっとみてると中の小さな雲は風下に移動していきながら、雲塊自体は同じ位置にとどまり続けているのが分かります。動的安定な開放システムの一種のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

万座の空吹(からふき)

万座の空吹(からふき)
万座の空吹(からふき)
万座温泉は草津白根山の中腹から湧き出す白濁したお湯です。バスで近くにくるだけで硫黄のにおいが強く漂ってきて思わず咳き込みそうになるくらいでした。

万座プリンスの露天風呂からは、噴気がモクモクと立ち上ぼっているのが正面からみられます。これが万座の空吹。硫化水素が発生していてあんまり近寄ると危ないのですが、望遠でみると凄い勢いで吹き出していました。こういうのをみると地球の底力を感じますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅間山

浅間山
浅間山
紅葉を見に万座に行ってきました。浅間山の裾野がらずーっと黄色や赤に染まっていてなかなか綺麗だったのですが、写真ではよく分かりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

12月、1月のうた(速報)

少し早いですが、12月、1月のうたは次の3曲だそうです。今年ももうすぐ終わりですねえ‥

 『晴れ舞台』
  うた:ジェロ
  作詞:中村 中
  作曲:中村 中
  映像:Spooky graphic

 『ホッキョクグマ』
  うた:エカテリーナ
  作詞:西村達郎
  作曲:歳森今日子
  映像:実写

 『遠い恋の物語』
  うた:冨永裕輔
  作詞:冨永裕輔
  作曲:冨永裕輔・solaya
  アニメーション:吉良敬三

ジェロが登場するのですね。どんな曲になるのでしょう。これがロングバージョンのような気がします。

エカテリーナさんはロシアのシンガーだそうです。ホッキョクグマというと『恋つぼみ』を思い出しますね。いま、再放送してますが。

吉良敬三さんのアニメーションは『小さな木の実』みたいに切ないものになるのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

中小企業は人手不足?

来春卒業予定の大学生・院生の求人倍率は

 従業員千人以上の大企業  0.77倍
 従業員千人未満の中小企業 4.26倍

だそうです。えらく違うものですね。5倍以上も違うのは尋常じゃない気がします。

それだけ、中小企業は労働条件が悪いのか、条件が悪いと思われているのか‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

霞ヶ関

似たような建物が沢山あってよく分からない所ですね。国会議事堂とかは個性があって分かりやすいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

多摩川サイクリング

今日は早めに仕事が片付いたので、多摩川べりを立川のあたりまでサイクリングしてきました。聖蹟の京王鉄橋をくぐって四谷橋より上流は初めてのコースで、広々した河原とススキ野原の風景が楽しかったです。

ただサイクリング専用車が高速でビュンビュン走ってくるのは怖かったですね。歩行者やジョギングしてる人はもっと怖いんじゃないでしょうか。一応、ゆっくり走るように掲示はあるのですが。

多摩川の東側には反対側はNECとか西友の倉庫など工場や流通関係の施設が建ち並んでいて、それはそれで面白いです。川の西側は下水処理場やクリーンセンターがあってゴミの焼却をしてました。まあ、そういう地区なんでしょうけど、せっかく景色がいいので川を見ながらお茶を飲めるような店があってもいいのになという気はしました。まるでそういう商業施設がないところを見ると、何か都市計画上の規制がかかっているのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

結局、ポポルイーズとは?

Cocolog_oekaki_2008_10_18_20_47

曲をきいてもよくわからないので、自力で考えるのはあきらめて公式HPをみてみました。そうするとポポルイーズというのはこの曲を歌ってるUA(ウーア)さんと「関東の山奥の田舎」で一緒に暮らしている愛犬の名前だそうです。ウィキペディアによると、神奈川県在住だそうですから、丹沢のあたりでしょうか。とりあえず、犬の名前だというのは当たっていました。

公式HPによると、次のような物語なのだそうです。

幼い少年が、愛犬PoPoLoouiseにいざなわれて辿り着いた先は、不思議な夢の世界だった。今まで見たことのない風景、遠くから聴こえてくる幻想的な歌声。遠い異国の言葉のような詩の意味は解らないけれど、なぜか懐かしいような暖かい気持ちになって来る…

特にストーリーがあるというわけではなくて、夢の世界を楽しめばよいということですね。あんまりに脈絡のない歌詞なので、心象風景かなにかを歌ってるのではないかと思ってましたが、大体そんな所でよいようです。アンデス風の楽器の音色やサボテン、コンドルといったものは「遠い異国」を象徴しているのでしょう。

アニメーションに出てくる男の子はたぶん今年で11才になるUAさんの息子さんなのだと思われます。息子さんはウィキペディアによると、芸術を重視するシュタイナー教育の学校に通ってらっしゃるそうなので、そういう事情も想像力豊かな作品の背景になっているのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「変更致しました」

「変更致しました」
買ってきたマーガリンが妙に小さなと思って良く見たら、「内容量180gから160gへ変更致しました」なんて表示がひっそりと‥

「値下げ」とか「増量」とかだったらドーンと書くのにねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

ダイヤモンドメモ

ダイヤモンドメモ
9月頃から使い始めたメモ帳です。

メモは基本的に《空母−艦載機システム》という方法をとっているのですが、胸ポケットに入れてこまめにメモをとる艦載機にあたるメモ帳に今の所このダイヤモンドメモを使っています。これまで試したなかでは一番具合がいいですね。

まず、小さいので胸ポケットに入れてても違和感がありません。それでいて、リングをクルッと回すと表紙が下敷き代わりになってかきやすいです。その割に1つ105円と安いので助かります。まあ、数日で一杯になるのですが、1日20円程度のコストなのでいいとしましょう。

この艦載機で集めた情報を空母にあたるシステム手帳にまとめて保存&利用することになります。実際の所、こちらの方はいまいちですね。保存はいいとして、利用(アウトプット)についてはうまく使えているとはいい難いので、まだまだ検討の余地があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

「いい天気だねえ」

「いい天気だねえ」
「いい天気だねえ」
電車のホームでそんな声が聞こえてきました。昨日の雨で空気が綺麗になった効果もあるのでしょうね、本当に綺麗な青空です。

朝は12℃くらいまで下がって風がひんやりしてましたが、昼間は20℃くらいになってちょうどよくなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

和風カステラ 白露

和風カステラ 白露
博多の土産として明太子と和風カステラを買ってきたのですが、このカステラがなかなか美味です。卵白を使った白いカステラで、その名も「白露」。こしあんも甘すぎず、飽きのこない上品な味わいでした。360円のお求めやすい価格なんですけどね。

博多の名物‥なのでしょうか? また、今度行ったら買いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いきなり降ってきてビックリ

いきなり降ってきてビックリ
立川に買い物に行った帰りにいきなり降ってきてビックリしました。昼間は気持ち良く晴れてたので、油断してました。おのれ‥。

レーダーみたら激しい雨の割に、小さな雲で2度ビックリです。こんな小さな雲にピンポイントで降られるとは‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

大西県

10月から栃木県が分割されて、大西県や麗択県など4県が新設されました、なんて夢をみました。

ほんまかいなと思ってウィキペディアを見たら、財政難のため栃木県を分割し大西県が大半の債務を引き継いだ、とか書いてあって信じてたのですが、これも夢。手がこんでます。久しぶりに「胡蝶の夢」なんて言葉を思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

すっかり暗くなりました

すっかり暗くなりました
まだ5:40なんですけどね。すっかり暗くなりました。多摩川の河原にいるのですが、コウモリがパタパタ飛び交ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の月

今日の月
明日かあさってが満月でしょうね。左下がうっすら欠けたお月様が浮かんでいました。穏やかないい一日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

電気自動車の燃費

今のところ、1kwh(キロワット時)あたり10kmぐらいみたいですね。1000wのエアコンを1時間動かす電力で10km走る勘定です。

1kwhの電気代は22円程度で、燃費18kmのガソリン車が10km走るときのガソリン代は88円ぐらい(1リットル160円で計算)なので4分の1ぐらいですむのですね。100km走るために充電に10時間かかるとか、そもそも普通のガソリン車より高いなどの問題はありますが、燃料費(電気代)だけみれば普及する潜在力はありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

羽田ロビー

羽田ロビー
博多から帰ってきました。羽田ロビーのこのあたりはなかなか綺麗でいい所です。

博多土産は明太子とカステラになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

ななふた今日から

いま、新聞みて気がつきました。「七瀬ふたたび」今日の8時からやるのですね。危ない所でした…。さっそく録画、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

やっぱり分からない、ポポルイーズ

国会中継がおやすみで、ようやく今月のうた『PoPo Loouise』のアニメーションを見ることができましたが‥。やっぱり分からないですねえ。

アニメで見る限り、ポポルイーズはお母さんが捨ててしまった黒い犬らしくて、子供が帰ってくるのを待っているらしいのですが、別に南米が舞台という訳でもなく、「サボテンの花咲く頃」とか「コンドルが待っている」とかいう歌詞の意味は不明です。

多分、何か下敷きとなるお話があって、それを知らないと分からない仕掛けになっているのでしょう。「まっくら森」や「メトロポリタン」も原作のある歌でしたし。それにしても普通は歌を聞いただけで、もうちょっと分かるように作るものですが‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

引き分け

‥じゃなかったんだ。勝負とは無情なものです。

王監督、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

天神さんの湧水

天神さんの湧水
天神さんの湧水
谷保天満宮の境内に厳島神社が祭られていて、そこから綺麗な水が湧きだしていました。河岸段丘の崖線に沿って点々とある湧水の一つですが、とりわけ水量が豊富で美しい水でした。触ってみるとひんやり冷たくて、夏場とか涼しそうです。

奉納された錦鯉の他にカメやカモも沢山泳いでいて、水が透き通っているものですから水面下で足を動かしている様子がよく分かるのが面白かったですね。

湧きだした水は浅い水路に流れ込んでいました。水量がほとんど変化しなくてあふれたりしないためでしょうね、道路のすぐ脇をサラサラと流れ下っているのを見ることができます。子供たちが、スルメを使ってザリガニ釣りをしてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷保天満宮

谷保天満宮
谷保天満宮
今日は昼から近場探検ということで南武線の谷保(やほ)から矢川(やがわ)まで、多摩川の河岸段丘線(いわゆるハケ。崖線ともいう)を歩いてきました。

谷保駅の裏手を少し歩くと谷保天満宮があります。何の予備知識もなくいったのですが、実に立派なお社(おやしろ)でビックリしました。調べてみると、ここは湯島天神、亀戸天神と並ぶ関東三大天満宮の一つだそうで、道理で立派なはずです。創建は903年といいますから菅原道真が亡くなった年に建てられたことになりますね。

ここも受験生の信仰篤く、沢山の絵馬がかけられていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

今年のイグ・ノーベル賞

今年のイグ・ノーベル賞が発表されました。受賞者は以下の通り(出展CNNモバイル)

○栄養学賞:「同じ食べ物でも、名前の聞こえが良い方がおいしく感じる」ことを示したイタリア・トレント大学のマッシミリアーノ・ザンピーニ氏と英オックスフォード大学のチャールズ・スペンス氏に授与。

○平和賞:「植物にも人間と同様に尊厳がある」ことを法的に定めた、スイスの人間以外の生物工学に関する連邦倫理委員会とスイス国民に授与。

○考古学賞:考古学の発掘現場付近に生息するアルマジロが、発掘品をより深く埋めたり持ち去ったりすることで、発掘現場がメチャクチャになるだけではなく、歴史が変わってしまう可能性があることを示した、ブラジル・サンパウロ大学のアストルフォ・ゴメス・デ・メロ・アラウージョ氏とジョゼ・カルロス・マルセリーノ氏に授与。

○生物学賞:「イヌに寄生するノミは、ネコに寄生する個体よりも、より高く飛ぶことができる」ことを発見した、フランス国立トゥールーズ獣医大学のマリークリスティーヌ・カディエルジュ、クリステル・ジョベール、ミシェル・フランの3氏に授与。

○医学賞:「高価な偽薬(プラセボ)は安価な偽薬よりも効果が高い」ことを確認した米デューク大学のダン・アリエリー行動経済学教授に授与。

○認知科学賞:脳を持たない単細胞生物の真正粘菌が、迷路の最短経路を見つけることを発見した、中垣俊之・北海道大准教授、小林亮・広島大教授、石黒章夫・東北大教授、ハンガリー・セゲド大学のアゴタ・トス氏ら6人に授与。

○経済学賞:プロのストリッパーの排卵周期が、チップ収入に影響を与えることを発見した米ニューメキシコ大学のジェフリー・ミラー、ジョシュア・タイバー、ブレント・ジョーダンの3氏に授与。3氏らによると、ストリッパーが最も稼ぐのは、生殖能力が最も高い時期であるという。

○物理学賞:大量の糸や髪の毛は、外部要因がなくとも必ず絡まることを数学的に証明した、スクリップス海洋研究所のドリアン・ライマー氏と、米カリフォルニア大学サンディエゴ校のダグラス・スミス氏に授与。

○化学賞:「コカ・コーラの避妊効果」についての研究で、ボストン大学医学部のデボラ・アンダーソン教授、ならびに台湾の台北医科大学の研究グループに授与。アンダーソン教授らの研究は「避妊効果がある」で、台北医科大学の研究は「効果がない」と、全く正反対の結果となっている。

○文学賞:「バカ野郎:物語的手法を用いた、組織内で経験した憤慨についての分析」研究で、英カス・ビジネス・スクールのデイビッド・シムズ氏に授与。

大量の糸くずは必ず絡まるのだそうです。ストリッパーはさもありなんという感じですが、現場でデータをとったのでしょうか。薬は高い方が効きがよいとするとジェネリックの普及に障害かもです。アルマジロは笑わせてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月 2日 (木)

10、11月のうた

すっかり涼しくなって10、11月のうたが始まりました。去年はこの時期に『ノックは3回』なんて衝撃的な曲をやってましたが、今年は次の3曲です。

 『数え歌』
  うた:池田綾子
  作詞:池田綾子
  作曲:池田綾子
  キャラクター:波田佳子
  映像演出:鈴木哲

日本語、英語、中国語、ドイツ語、トルコ語、スワヒリ語‥。いろんな国の言葉で1~7までの数を数えます。『ありがと・サンキュー』の数字版ですが、そういえばありそうでなかったですね、数え歌というのは。『だるまさんがころんだ』は数えてるけど数えてませんし。そういう意味で新鮮な曲です。いろんな国の子供がいろんな場面で数を数えてるアニメーションも楽しいです。

 『あした会おうね』
  うた:乙三.
  作詞:大竹創作
  作曲:大竹創作
  キャラクター原案:西岸良平
  アニメーション:木下裕孝

ラジオで最初に「うたはおっさんです」というのを聞いたときは、どんなオッサンが歌うのかと思いましたが‥。

 キーンコーンカーンコーン(ミードーレーソー)♪

 キーンコーンカーンコーン(ソーレーミードー)♪

という学校のチャイムで始まるノスタルジックな曲でした。アニメーションも「三丁目の夕日」のキャラクターでノスタルジー一直線。『遠い空』の路線ですが過去を振り帰るというより当時の心情を歌ったものと言えるでしょう。チラッとでてくる「6時の時報」の画面が私的にはツボでした。この時報の直前がみんなのうただったんですよね‥

 『PoPo Loouise』
  うた:栗コーダーカルテット&UA
  作詞:UA
  作曲:関島岳郎
  編曲:栗コーダーカルテット
  アニメーション:坂井治

今期唯一の5分曲です。アンデスの民謡風のちょっともの悲しい調べです。ポポルイーズ、ポポルイーズと何度も歌っているのですが、ポポルイーズが何なのかはラジオを聞く限りでは分かりませんでした。アニメーションを見るとわかるんでしょうけど、昨日、今日と国会のためにテレビでは見れませんでしたし。また、見られたら紹介することにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋晴れ

秋晴れ
今日は久々に青空が広がっています。台風から変わった温帯低気圧がはるか南方を通過していきましたので、蒸し暑さは復活しないで北方の涼しい空気が流れ込んできてるようですね。この調子でしばらく秋晴れが続きそうです。

近所でもキンモクセイの香りが漂い始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

進化ゲーム理論テキスト、本日発売

かと思ってましたが、アマゾンをみると9月25日発売になってました。今朝見た時は6000位ぐらいでしたので早速買っていただいているようです。進化ゲーム理論について、1から順を追って書いた本は日本ではまだないので、参考にして頂けると幸いです。

『社会科学者のための進化ゲ-ム理論 ― 基礎から応用まで』

【詳細】
ひとびとが試行錯誤したり他人のすることを真似したりするときに、ひとびとの全体の行動にはどのような変化が生じるか。「動学化されたゲーム理論」の論理と可能性。

メイナード=スミス以来、生物学の領域から発展してきた進化ゲーム理論の中級テキスト。合理性の仮定をおかずに物事を分析する理論の全体像を、基本概念から将来の課題まで、わかりやすく解説。

はしがき

第1章 進化ゲーム理論とは何か
 1.1 携帯電話の普及モデル
 1.2 進化ゲーム理論の歴史
 1.3 社会科学と進化ゲーム理論

第2章 ダイナミクスの基礎
 2.1 ダイナミクスと微分方程式
 2.2 1変数のダイナミクス
 2.3 2変数のダイナミクス
 2.4 局所安定性解析

第3章 レプリケーターダイナミクス
 3.1 タカハトゲーム
 3.2 2戦略のダイナミクス
 3.3 n戦略のダイナミクス

第4章 学習ダイナミクス
 4.1 レプリケーターダイナミクスと学習ダイナミクス
 4.2 模倣ダイナミクス
 4.3 試行錯誤ダイナミクス
 4.4 最適反応ダイナミクス

第5章 非対称ゲームのダイナミクス
 5.1 非対称ゲーム
 5.2 非対称レプリケーターダイナミクス
 5.3 非対称模倣ダイナミクス
 5.4 非対称試行錯誤ダイナミクス
 5.5 まとめと分析例

第6章 進化ゲーム理論のフロンティア
 6.1 展開形ゲームと繰り返しゲーム
 6.2 協力の進化

第7章 数学的な補足
 7.1 微分
 7.2 局所安定性解析

練習問題略解/文献案内/参考文献

索引

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »