« 「変更致しました」 | トップページ | 多摩川サイクリング »

2008年10月18日 (土)

結局、ポポルイーズとは?

Cocolog_oekaki_2008_10_18_20_47

曲をきいてもよくわからないので、自力で考えるのはあきらめて公式HPをみてみました。そうするとポポルイーズというのはこの曲を歌ってるUA(ウーア)さんと「関東の山奥の田舎」で一緒に暮らしている愛犬の名前だそうです。ウィキペディアによると、神奈川県在住だそうですから、丹沢のあたりでしょうか。とりあえず、犬の名前だというのは当たっていました。

公式HPによると、次のような物語なのだそうです。

幼い少年が、愛犬PoPoLoouiseにいざなわれて辿り着いた先は、不思議な夢の世界だった。今まで見たことのない風景、遠くから聴こえてくる幻想的な歌声。遠い異国の言葉のような詩の意味は解らないけれど、なぜか懐かしいような暖かい気持ちになって来る…

特にストーリーがあるというわけではなくて、夢の世界を楽しめばよいということですね。あんまりに脈絡のない歌詞なので、心象風景かなにかを歌ってるのではないかと思ってましたが、大体そんな所でよいようです。アンデス風の楽器の音色やサボテン、コンドルといったものは「遠い異国」を象徴しているのでしょう。

アニメーションに出てくる男の子はたぶん今年で11才になるUAさんの息子さんなのだと思われます。息子さんはウィキペディアによると、芸術を重視するシュタイナー教育の学校に通ってらっしゃるそうなので、そういう事情も想像力豊かな作品の背景になっているのかもしれません。

|

« 「変更致しました」 | トップページ | 多摩川サイクリング »

コメント

smile僕はみんなの歌でポポルイーズを聞いてなんじゃこりゃと思っていましたが、そうですか・・・・そういうことでしたか・・・どうも!
(・∀・)ニヤニヤ

投稿: | 2008年10月26日 (日) 16時12分

どうもそういうことみたいですねconfident

歌詞の中にも「鼓膜の海」とか「まぶたの壁」とか内面の世界であることを暗示するような言葉が出てきますし。それはそうとしていい曲です。「ポポルイーズ」でこのページをご覧になってる方も「手紙」のときより多くて、とても人気があるみたいですねdog

投稿: くじょう | 2008年11月14日 (金) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/42829857

この記事へのトラックバック一覧です: 結局、ポポルイーズとは?:

« 「変更致しました」 | トップページ | 多摩川サイクリング »