« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

南岸低気圧

南岸低気圧
南岸低気圧
992ヘクトパスカルの低気圧が発達しながら南岸を通過中です。風が強くなる予想なので気をつけましょう。

背後の寒気はそんなに強くはないけど、明け方は0℃を切るみたいですね。明日は入試なので暖かくしていかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

生温い風

生温い風
今日は夜になってもあんまり寒くないですね。気温は9.5℃。外を歩いててもじめっとした生暖かさを感じます。まあ、明日から雨らしいのでしょうがないですが。天気図も全然冬の気圧配置じゃないですし。

ウォーキングは順調に毎日1万歩をクリアしてるのですが、雨が続くとちょっといやですね。傘さしてお散歩しましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

鳥インフルエンザ死者5人目

鳥インフルエンザ死者5人目
>中国衛生省は26日、広西チワン族自治区の男性(18)が同日、鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染して死亡したと発表した。19日に発病して入院していた。

>生前、死んだ家禽(かきん)類に触れたことがあったという。中国の鳥インフルエンザによる死者は今年5人目。


えらくハイペースで死者が増えています。今度は南部の広西チワン族自治区。貴州のケースと近いので南部方面でまた死者がでるようですと要注意でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このシリーズは

調整ゲームのダイナミクスモデルまでおおまかな話は作ってあるのですが、文章にしようとすると細部を詰めなければならないのでなかなか面倒ですね。学会で話すほどの内容でもないので、こちらにボチボチ書いておくことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確率的意思決定のモデル2 基本アイデア

簡単のためにA、B二つの選択肢がある場合を考えて見ましょう。A、Bのどちらかが明らかに良くて、他方が明らかに悪いときには選択に迷ったりはしないでしょうから、どちらを選ぶか迷うとすれば、

 1 どちらも同じくらい良い場合
 2 どちらも同じくらい悪い場合
 3 どちらも一長一短の場合
 4 良し悪しについての情報がない場合

といったケースが考えられます。いずれのケースも考えていく必要がありますが、とりあえず手掛かりとして3のケース(どちらも一長一短があるケース)を考えてみたいと思います。例えばご飯を食べにいくときに、美味しいけども高い店Aと、安いけども美味しくない店Bとがあればどちらを選ぶか、といったケースではどのような意思決定がなされるでしょうか。

お金が余りないときにはBの安い店が選ばれそうですし、たまにはうまいものでも食うかというときには、Aの店が選ばれそうです。平たくいうと「場合による」ということになりそうですが、この「場合」が確率的に現れるとするとこのケースでは確率的な意思決定がなされることになるでしょう。

1の同じくらい良いケースや2の同じくらい悪いケースではどうでしょうか。AもBも同じような値段で同じような美味しさだと迷いますね。ただAが洋食でBが和食だったりすると、洋食を食べたいときはA、和食を食べたいときはBを選ぶことになりそうです。あるいは店の広さやインテリア、禁煙席の有無、その日のお勧めメニューなどが手掛かりとなって意思決定が行われるかもしれません。何が手掛かりになるかが「場合による」とすると、「場合」の出現確率に応じてやはり確率的な意思決定が行われることになるでしょう。

多少一般化してみますと、選択肢Aと選択肢Bには通常いくつかの属性(例えば価格、美味しさ、料理の系統、店の作り、お勧めメニューetc)があります。すべての属性が同じということがないとすると、違っている属性に基づいて意思決定がなされることになります。ここでどの属性が手掛かりになるかが状況に依存して確率的に決まるならば、このときの意思決定は確率的な意思決定になるということができます。

以下ではこの基本的なアイデアに基づいて、確率的意思決定モデルを構築していくことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

中国で4人目の死者

>中国衛生省は24日、新疆ウイグル自治区のウルムチ市で、鳥インフルエンザ(H5N1型)が原因で女性(31)が死亡したと発表した。
>女性は10日に発病、その後病状が回復せずに入院したが、23日早朝に死亡したという。中国では今年に入り、北京市の女性(19)、山東省済南市の女性(27)、貴州省出身の男子学生(16)が鳥インフルエンザで相次ぎ死亡しており、これで死者は4人目となった。


今度はウルムチで鳥インフルエンザの死者だそうです。この地域でも鳥のレベルで感染が持続しているものと思われます。それにしても北京、貴州、ウルムチですから東、南、西と広い範囲に感染地域が広がっているのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

確率的意思決定のモデル1 意思決定の迷い

いくつかの選択肢のどれを選ぶか迷うことは日常生活でよく経験します。何を食べるか、どこに遊びにいくかといった本当に日常的なケースから、どの学校にいくか、どの職業を選ぶか、誰と結婚するかといった人生の選択を左右するようなケースにいたるまで「迷い」の種はつきません。

そのような場合でも人間は何かの選択肢を選んで意思決定しているわけですが、迷って意思決定する場合は同じような選択の場面で毎回同じ選択肢を選ぶとは限らないでしょう。あるときはA、あるときはB、また別の機会ではAと決定が揺れ動くことは迷った末に選択する場合にはむしろ普通といえます。ここではこのように似た場面で毎回決まった選択肢を選ぶ訳ではないタイプの意思決定を「確率的な意思決定」と呼んで、それのモデル化を試みてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

パープルタワー

パープルタワー
8時をすぎると東京タワーのライトアップが変わるのですね。最近は赤くないのがご自慢かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寂しきお台場

寂しきお台場
寂しきお台場
久しぶりにお台場に来ましたが、人がいないですねえ。アクアシティの中はそれでもちらほら人影が見えますが、外に出るとガラーンとしてて、どこかの平日の観光地みたいです。金曜の夜なんですけどね。

お台場の集客力がこれほど落ちてるとは思いませんでした。景気が悪いのもありますが都心から遠いし、目新しさがなくなってわざわざここまでこなくなってるのかもしれませんね。お得意さんの中国や韓国からの観光客も少なくなってるでしょうし。半額キャッシュバックなんて宣伝してる飲食店もあったりして、先行き厳しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

シラスブロック

桜島の火山灰を固めて作った「シラスブロック」が緑化の基盤材として有効に使われている、という記事を見掛けました。軽くて固くて空気を沢山含んでいて、芝の種を播いて生やしたものを並べるとすぐに緑化ができるのだそうです。これはいいかもしれませんね。

小学校の頃に「シラス台地」は土がやせていて、大雨が降ると土砂災害もおきる厄介な土地だなんてならったものですが、シラスを固める技術が開発されて厄介物を資源として活用できるようになったようです。鹿児島には15年くらい前に行ったきりですが、確かに街中のどこに行っても火山灰が積もってました。あれを使えるようになるのはとても有意義なことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意味なく遠回り

今日は駅からうちまで意味なく遠回りしたり、近所をうろうろ歩き回ったりして歩数を稼いでみました。計1万1千歩でまずまずでしょう。

普段なら近道できると得した気分になるものですが、万歩計を持つと遠回りして歩数が稼げると得した気になるので不思議なものです。途中で梅が咲いているのを見つけたり、長らく止まっていた道路工事が知らないうちに始まっているのを発見したりしましたので、遠回りも捨てたものじゃないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥インフルエンザで2人死亡(インドネシア)

>インドネシア保健省は21日、鳥インフルエンザウイルス感染による死者が新たに2人判明したと発表した。国内の死者数は115人に達し、世界最多を更新した。 

>死亡したのは、ジャカルタ近郊のバンテン州タンゲランの女性(29)と、西ジャワ州ブカシの女児(5)。女児は両親と市場で鶏を購入した後に高熱などの症状が出て入院したという。(asahi.com)

インドネシアも相変わらず死者が出てますねえ‥。鶏レベルで感染が持続しているのでしょう。人→人感染が起きるとすれば、インドネシアか中国かどちらかの可能性が高そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

鳥インフルエンザ、死者3人目

>新華社通信によると、鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染して治療中だった中国貴州省出身の男子学生(16)が20日、湖南省の病院で死亡した。

>中国では今月、北京市の女性(19)と山東省済南市の女性(27)も鳥インフルエンザで死亡しており、今年の死者は3人目となった。 

>学生は8日に貴州省で発症し、16日に隣接する湖南省の病院に入院。17日に省衛生当局が学生からH5N1型ウイルスを検出していた。(asahi.com)

中国で今年3人目の鳥インフルエンザの死者です。北京、済南、貴州と地理的に離れてますので集団発生という訳ではないのですが、各地で同時期に発生というのも気持ち悪い話です。おそらく、発病したが死亡してないので報道されてないケースが背後にもっとありそうなので、情報に注意したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12000歩

今日は意識して歩いたら12000歩を越えてました。古代くんが現れて「すごいじゃないか」と言ってくれたのには笑いましたが、悪い気はしませんね。

寒いと泳ぎにいくのが億劫なので、当面1日1万歩あるくのを目標にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

メタボクリーナーD

昨日東急ハンズで、「遊歩計 宇宙戦艦ヤマト」なるものを買ってしまいました。要は万歩計なのですが、14万8000歩を歩いてメタボクリーナーを取りにいくというおバカな設定につい手が伸びてしまいました。

ほんとは「母をたずねて3万歩」というのもあって、どちらにしようか迷ったのですけどね。マルコのストーリーは余り覚えてないのでヤマトの方にしました。マルコポーロの冒険バージョンがあったら買ったかもしれません。

今日は胸ポケットに入れて学校にいった所、学内をうろうろして帰って来ただけで7000歩以上歩いてました。そういう意味では結構運動してるんですよね。これに1駅ウォーキングを加えると1日1万歩も不可能ではないかも‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再放送曲 「こたつむすめでテケテケテ」

Cocolog_oekaki_2009_01_19_16_01
今月は割りと懐かしい曲が再放送されています。「こたつむすめでテケテケテ」はその中でも新しい方ですがそれでも1988年12月初回放送で、ちょうど20年前の曲になりますね。

お母さんがこたつにつまづいたところ、娘の「おなかにこたつがくっついた」という奇想天外な面白楽曲です。「お医者さんでももうお手上げ」だそうで、そんなにあっさりあきらめるなよとか思いますが、お陰でいつでもどこでもこたつに入り放題という理想のこたつライフがスタートすることになりました。

1番ではこたつとともに登校し、教室やグランドでこたつにもぐりこんでいるシーンが登場します。これは素直にうらやましかったりしますね。私も学生時代にサークルのボックスに長いすを並べた上にこたつを設営して、あきれられた経験がありますが、ありえない場所でこたつに入るのはなんともいえず楽しいものです。本当は下に発泡スチロールなどの断熱材を敷いたほうが暖かいのですが、「断熱材つきこたつむすめ」では余りに移動が大変なので、その辺はちょっと我慢でしょうか。

2番は友達がこたつに入ってきて団欒します。私のこたつにもじきにサークルのメンバーが入り浸るようになりましたのでこれもよく分かる展開です。うたの方ではさらに恋のバトルが始まるのですが、私のこたつはやがてマージャンバトルの舞台となっていきました。これも十分考えられる展開なのですが、余りに延々マージャンがつづくので顰蹙を買ってサークルのこたつは撤去されてしまいました。はたしてこたつむすめさんのその後の運命はいかなるものだったのでしょうか。

 『こたつむすめでテケテケテ』
  うた  野沢直子
  作詞 野沢直子
  作曲 川原久
  編曲 川原久
  アニメーション 森まさあき/アニメーションスタッフルーム
  初放送月 1988/12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予想最高気温17℃

予想最高気温17℃
予想最高気温17℃
南から暖気が吹き込んで昨日より10℃高いそうです。重装備だと暑そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

14年

今朝、ふと目が覚めたら5:34でした。あのときも何が遠くからやってくる気配を感じて目を覚ますと、まもなく初期微動がはじまり、さらに本棚が大きく揺れるのを妙に冷静に眺めていたのを思い出します。京都は幸い震度5で特に被害はなかったのですが‥

あれから14年がたちました。多くの方々のご冥福をおいのりするとともに、災害への備えを再確認したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

徒然王子最終章へ

1年近く4幕に渡る前世巡りを繰り広げてきた徒然王子も、フェイントを挟んでどうやら最終章に突入の模様です。新聞小説を続けて読むなんて「朝のガスパール」以来のことですが、テツヒト王子も記憶師アレイ君もすっかりお馴染みになってしまいました。終わってしまうと寂しくなるでしょうね。個人的にはアレイ君に一花咲かせて欲しい所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1駅ウォーキング

最近、帰りに一駅手前で降りてうちまで歩くのが日課になっています。最初普通に歩いて、だんだん早足にすると体が暖まってなかなかいいですね。京王の一駅だから大した距離ではないのですが、多少は「堕落化」対策になるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

堕落への道

今日は最低気温を更新してしまいましたので「人類を堕落させる装置」を押し入れから出すことにしました。

とりあえず快適なのですが、そのうち取り返しのつかないことになるんですよね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイナス3.5℃

マイナス3.5℃
マイナス3.5℃
今朝は一段と冷え込んでますね。0時の時点で0℃を切ってたので朝は寒そうだと思ってましたが‥

日本海の寒気の中心が地上天気図の低気圧とほぼ同じ位置で、しかも分離低気圧気味になっています。こういうのは動きが遅いんですよね。もうしばらく寒さが続くかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

ソーラーカイロ

ソーラーカイロ
ソーラーギアを2つにしてから充電した電気が余り気味なので、エネループを使う充電式のカイロを買ってきました。黒くそびえるモノリスみたいな代物ですが中に電池が2本入っていて、スイッチを入れるとすぐ暖かくなります。太陽光で充電した「ソーラーカイロ」が出来上がりました。大体3〜4時間は使えるようなので昼間充電して夜使うとちょうど良さそうです。

使い捨てカイロは封を切ったが最後、使い切るしか仕方なかったのに対しこちらは必要な時だけ使えるので「無駄遣い感」がないのもいいですね。太陽の暖かさを夜も感じることができるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有名駅弁と全国うまいもの大会

有名駅弁と全国うまいもの大会
有名駅弁と全国うまいもの大会
新宿の京王百貨店7Fで「有名駅弁と全国うまいもの大会」というのが開かれています(20日まで)。ちょっと見に来たのですが、いやいやすごい人ですね! ビックリしました。このご時世にこんなに人の来るイベントはそうないんじゃないかと思うほどごった返してました。

まあ、会場自体狭いので実人数はそれほどでもないのかもしれませんが、身動きとれないほどの人込みは久しぶりですね。「牛肉どまんなか」とか買おうと思ったのですが、延々と列が伸びているのでやめて、「あなごめし」の実演販売の方をいただきました。ぶりのカマ焼き弁当とか泳ぎ牛弁当とかもおいしそうだったのですが。

横川の釜飯の呼び子さんもいたりして、現地に行かなくても雰囲気を味わえるところに人気の秘訣があるのでしょう。実際に行くより全然安上がりですむところも今の時代にマッチしてるのかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

茶々丸?

茶々丸?
茶々丸?
駅前から商店街がくねくね伸びていて、少し歩くと「エル」というスナックがありました。ここが茶々丸のモデルでしょうか。それっぽい雰囲気ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時計坂駅

時計坂駅
時計坂駅
めぞん一刻の舞台と言われる東久留米駅北口です。20年度中に取り壊されるとのことで見にきました。確かに、時計坂駅ってこんな感じの絵でしたね。昭和の遺産という感じがします。

この北口改札は廃止されてこのあたり一帯が商業施設として再開発されると告知板に書いてありました。それもいいのですが、何か記念に残してもらえるとうれしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

西から寒気

西から寒気
西から寒気
西から強力な寒気が入ってきてますね。九州方面に雪の予報が出ています。週末は関東も寒くなりそう‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨でした

結局、こちらでは雪ではなくて雨でした。交通の影響は少なくてすんだようです。でも、傘を持つ手が冷たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

二つ玉でしたか

二つ玉でしたか
南岸低気圧かと思ってたら、日本海にも低気圧が現れて二つ玉低気圧になってますね。これはだいぶ降りそうですし、気温次第で雪になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は雪なのね

明日は雪なのね
明日は雪なのね
関東は今日もいい天気なのですが、明日は雪の予報が出ています。まだ等圧線の波うちでしかない南岸低気圧が発達して接近して来るのでしょうか。そして背後からの寒気の南下とあいまって雪を降らす‥というシナリオかもしれませんね。

明日は卒論の提出日なのでもう一日まってやって欲しい気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

年賀状の誤配

うちに帰ってポストをみると、知らない人からの年賀状が何枚かきてました。??と思って良く見て見ると私宛ではありません。さらに良く見ると、住所の丁目と部屋番号だけうちと同じで番地と宛名は違っていることが分かりました。

どうやら、丁目と部屋番号だけみて名前を見ずにうちに配達したようです。アルバイトの配達員の仕業だと思いますが、非正規雇用に頼るシステムというのは当てにならないものだなあと改めて感じさせられました。製造業とか大丈夫なのか心配になります。ともあれ誤配の年賀状は近所なのでお渡ししておくことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

こだま558号

ひかりも一杯だったので、新大阪始発のこだまで帰ることにしました。4時間ほどかかりますがこちらは余裕で座れるので、ゆっくり仕事しながら帰りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省ラッシュの新大阪駅

帰省ラッシュの新大阪駅
新大阪駅ののぞみ自由席をまつ列です。指定はとうに売り切れてますので自由席に並ぶしかないのですがさすがにすごい人込みですね。

ちなみにひかりの自由席を待つ列はそんなでもありません。私はひかりで帰る予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

カセットテープ修復

カセットテープ修復
切れてしまって聴けなくなっていたカセットテープを修復してパソコンに録音してみました。

カセットテープ自体は割とローテクなので、ネジを外すとパカッと二つに割れます。そこで切れたテープをピンセットで引き出してガイドに沿ってはめ、両側をある程度引き出した形で再び蓋を閉めます。テープの切れ端に瞬間接着剤をつけてつなぎ合わせて完成としました。耐久性には疑問があるのですが、電子媒体に記録しなおすまで一回くらいなら十分再生できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

初夢

ところで、今年の初夢は「1991年にタイムスリップする」という壮大なものでした。

 「ところで今年は何年?」

というベタなセリフを研究室で吐いて、1991年であることを知ったのですが、問われるままにその後の世の中の展開を、バブル崩壊、阪神大震災、失われた10年、同時多発テロ、イラク戦争、世界恐慌と語っているうちに、こうしてはおれないということになって何とか防ぐ方策を考えている所で目が覚めました。

考えてみると、その後の展開を知っているというのはえらく責任重大な話で知ってて見て見ぬふりをする訳にはいかないのですが、かといって防ぐといってもどうしたらいいか途方にくれてしまいますね。そんな訳で面白いのですがちょっと気の重くなる初夢といえるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イルカだ

BSでイルカが司会してますね。武田哲也や南こうせつと一緒に。お元気そうで何よりです。

昔はよく聴いたもので京都でコンサートがあれば必ず見に行ったものでした。「いつか冷たい雨が」なんて曲を歌うアーティストは稀有な存在で、そういう心意気が好きでした。「川崎のキツネさん ―ちいさな空―」にも当時衝撃を受けた記憶があります。末永く活躍して欲しい人の一人ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハウルの動く城?

ハウルの動く城?
ハウルの動く城?
うちの親の喜寿のお祝いに温泉にきています。増築を重ねた旅館で、外観はハウルの動く城のようでした。内装は工夫してあって綺麗なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根往路

早稲田三輪選手と東洋柏原選手のデッドヒート、すごかったですね。山登りの5区でこんな抜きつ抜かれつの接戦は初めてみました。いいものを見せてもらいました。選手の皆さんに拍手を送りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古いテープ

古いみんなのうたのテープが行方不明なので探していたのですが‥

こういうことをすると、何が入ってるのか分からないテープが大量に出てくるんですよね。ヤマトとかコナンとかを録音したテープの他にコスモス(カールセーガンがやってた番組)、金八の最終回、真田十勇士の最終回、走れK100の最後から2回目、生きものばんざいの「アビ」の回とか「ウンカ」の回とかなくなったと思ってた分、イルカのヤンタンの断片、昔の定演(58回と59回)、花神の断片、モズのために(地獄谷の奇形サルの話)、キタキツネ物語などなど、どうでもいいものや今となっては貴重なものや、貴重ではないけど懐かしいものが沢山出てきました。

今から30数年前は400円のカセットテープが貴重品で、同じテープに繰り返し何回も録音して使ってたものです。いま思えば残しておけば良かったなあというのも沢山あります。特に惜しいのは「花神」で、後半は大体録音してあったのですが、その上からヤマトの再放送を録音したのが多数で大半消えてしまっています。当時の価値観ではヤマトの方が大事だったんですよね。今となってはヤマトなんかビデオでもDVDでもいくらでも手に入るので録音テープなんかどうでもいいのですが、花神はNHKにマスターテープすら残ってなくて二度と見ることのできない幻の作品になっています。録音だけでも残っていたら大変貴重だったんですけどね。こんな展開になろうとは、当時は知る由もなく‥

そんなことをしてて、みんなのうたのテープは結局見つかりませんでした。これも困ったものです。こちらは消すはずがないのであるはずなのですが、どこにいってしまったんでしょうねえ‥

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
近所の神社に初詣でにきました。毎年恒例なんですけどね。

皆さまにとってもよい年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公共性の進化

今年のお題は「公共性の進化」の予定です。

第一感は「そんなもの進化しない」なのですが、それではあんまりなので、《なるべく公共性っぽいもの》が集団中になるべく沢山存続できる条件を探りたいと考えています。さしあたりは文献を読んで概念整理をする必要がありますが、2月あたりからシミュレーションが組めるように進めていきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »