« 春一番 | トップページ | 調整ゲームのダイナミクス2 »

2009年2月14日 (土)

調整ゲームのダイナミクス1

これまで定式化してきた確率的意思決定のモデルを用いて、調整ゲームのダイナミクスモデルを考えていくことにしましょう。

調整ゲームとは、両者の手が合うとよい結果になり、手が食い違うと悪い結果になるゲームです。携帯電話が普及するまでは、どこで待ち合わせるかという問題は典型的な調整ゲームでした。今でも待ち合わせの場所が圏外だったりバッテリー切れの場合には、同様の問題が発生します。

あるいは、道ですれ違う場合にどちらによけるかというのも調整ゲームになります。自分と相手が両方とも右によけたり、あるいは両方とも左によけたりするとうまくすれ違えますが、自分が右によけたのに相手が左によけようとするとまたぶつかりそうになってしまいます。

この他にも、通信の規格や録画の規格、自分と友人が使う携帯会社なども調整ゲームになる場合があります。このような調整ゲーム状況で何が起こるかを、確率的意思決定モデルを用いて考えてみることにしましょう。

|

« 春一番 | トップページ | 調整ゲームのダイナミクス2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/44052572

この記事へのトラックバック一覧です: 調整ゲームのダイナミクス1:

« 春一番 | トップページ | 調整ゲームのダイナミクス2 »