« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月30日 (月)

再び東下

再び東下
週末京都にいてまた東京に戻ります。平日の昼なのに新幹線は家族づれが多くてほぼ満員。昨日だったらもっと大変だったかもしれませんが。

天気はよくて浜名湖とか富士山とか綺麗でした。浜名湖が見えると晴れ晴れした気分になりますね。新幹線の沿線がずっと浜名湖だったらいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

独立型システムの事例

ログハウスに取り付けた事例です。

http://www.geocities.jp/susumu_yamada50/solor/#panel

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽光発電普及拡大センター

住宅用太陽光発電システムの設置に7万円/kWh程度の補助が出るのですが、詳しい内容や必要な書類一式のテンプレなどは太陽光発電普及拡大センターのHP(http://www.j-pec.or.jp/)で手に入るようです。

ことしに入って16880件がすでに受理されたとのこと。これは08年度分ですが、09年度の枠は84000件分ほど用意されていて、もう少し申請のペースがあがると埋まってしまう可能性もありますね。「埋まってしまうかも」ぐらいの枠の設定の方が申請を促しやすいかもしれませんし、実際に埋まってしまうと逆に普及の足かせになるかもしれませんし、その辺のさじ加減は難しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

GWは<みんなのうた三昧>

去年の暮れは<みんなのうた三昧>がなくて悲しい思いをしたものですが、ことしはGWにやってくれるようです。http://www.nhk.or.jp/zanmai/next.html#090502

放送日は5月2日9:00~18:50(途中中断あり)で、「三昧」のページによりますと

2006年、2007年の大晦日に放送した「今日は一日“みんなのうた”三昧」、この2回の放送では3000通を超すリクエストハガキやメールが寄せられ、人々の関心の大きさが示されました。そこで、帰省や長い休みで一家団欒できるゴールデンウイークに「今日は一日“みんなのうた”三昧」の第3弾を放送します。

《概要》 午前9時~午後7時までおよそ150曲を紹介。これまでの「今日は一日“みんなのうた”三昧」では年代順に曲を紹介したが、今回は「愛すべきキャラクター」「子供が歌った“みんなのうた” 」「アイドルが歌った“みんなのうた”」「フォーク歌手が歌った“みんなのうた”」「演歌歌手が歌った“みんなのうた”」・・・などのコーナーを設け、みんなのうたを歌った歌手の方々のメッセージも盛り込みながら放送。午後6時からの1時間は、恒例のリクエストアワーとし、視聴者の方々からいただいたリクエストの上位曲を思い出のエピソードを交え紹介。

司会:稲塚貴一、大地真央

ということだそうです。年代別のくくりは06年、07年の2回やってまして、それはそれでいいのですが、古い年代の曲は2回とも同じ曲が並んでいました。おそらく、ちゃんと残っている曲が少ないのでしょう。今回、ジャンル分けをキャラクター別とか歌手のタイプ別に変更するとのことで、前2回との曲の重複がすくなるなるのかなという期待はありますね。リクエストアワーはどうしてもメジャー曲のオンパレードになってしまいますので、「ジャンル別」の部分でマイナー曲がかかることを期待したいです。

ところで司会の大地真央ってみんなのうたをうたってた記憶がないので調べてみたところ、来月の『あなたがすき』 という曲を歌うのですね(うた:大地 真央、作詞:吉田 隆、作曲・編曲:沢田 完、アニメーション:大井 文雄 )。オンエア中の歌手ということでの起用となります。個人的には、久しぶりに大井アニメが見られるのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンジェラ・アキって

目茶苦茶関西弁ですね。遊びで「手紙」を関西弁で朗読したことがあったけど、それが正式だったんだ‥

いまの人口の減少期の中学生と、昔の人口の増加期の中学生では直面する問題は自ずから違うのですが、今日の<2000通の手紙>では共通する部分も強く感じました。それぞれに大変ななか頑張ったり頑張らなかったり頑張れなかったりして生きてて、それが人生なんですよね。それぞれの子たちに素敵な瞬間が沢山訪れることをお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

寒い

寒い
大きな寒気が北日本をすっぽり覆っています。いまは京都にいるのですが、こちらも10℃ぐらいで寒いですね。

等高線の折れ曲がり具合が相変わらず大きいので、しばらく極端な天気が続きそうです。桜の開花も翻弄されそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

566円

硬貨一色‥かと思ったら違ってました。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

国別の一般信頼

世界価値観調査(http://www.worldvaluessurvey.org/)によると、2000年~2002年にかけて70か国について一般信頼の大きさ(一般的にいって人は信頼できると思いますか、という質問にハイと答えた割合)を調査した結果は

  70~80%  0ヶ国
  60~70%  4ヶ国
  50~60%  4ヶ国
  40~50%  6ヶ国
  30~40%  11ヶ国
  20~30%  23ヶ国
  10~20%  19ヶ国
  0~10%   3ヶ国

となっています。最大が67%(デンマーク)で最小が8%(フィリピン、タンザニア、ウガンダ)、平均が28.7%という値でした。20~30%という国が一番多くて、こんなもんかなという気もしますが少し小さいかなという気もしますね。

ちなみに、一般信頼の高い方から10か国をあげると

  デンマーク    67%
  スウェーデン   66%
  イラン       65%
  オランダ     60%
  フィンランド    58%
  中国        55%
  サウジアラビア  53%
  インドネシア   52%
  イラク       48%
  日本       43%

となっていて、日本は10位に入っています。北欧の国々がやはり高いのですが、イラン、イラク、サウジといった中東の国、中国、インドネシアというアジアの国もランクインしています。

逆に低い方をあげると

  ウガンダ    8%
  タンザニア   8%
  フィリピン    8%
  ポルトガル   10%
  ルーマニア   10%
  ペルー     11%
  アルジェリア  11%
  南アフリカ   12%
  ジンバブエ   12%
  マケドニア   14%

となっていて、フィリピン以外はアフリカ、南欧、中欧、南米の国々が並んでいます。

大まかにいって先進国やイスラム諸国は高信頼の国、途上国や中南欧の国は低信頼の国という傾向が見て取れますね。このうち、高信頼が維持されるメカニズムに興味がもたれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

低信頼と高信頼

低信頼の状態は鉄板の安定状態なので、政治家なり役人なりに信頼が無くても別に驚きませんが、世の中に高信頼の国や地域が存在するのは驚くに値します。

春休みの残り半分は、高信頼地域でどんなメカニズムで協力が維持されているのか調べるのにあててみるのもいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春嵐

春嵐
春嵐
日本海の低気圧が接近してきて南風が強くなってきました。神奈川の方から強風域が北方に広がってきています。高層天気図にもみたことのないような等高線の折れ曲がりが‥

今日も卒業式のところ多いでしょうにね。あんまり崩れないで欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

卒業式日和

卒業式日和
卒業式日和
昨日とはうって変わって穏やかな晴天でした。やっぱり門出の日はこうこなくては。外で記念撮影するみんなも晴れ晴れした表情でした。

 ♪おめでとう いつまでも〜
 ♪その笑顔 忘れずに〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

アイミーブの車種増加

三菱自動車が出している電気自動車の「アイミーブ」の車種が3つに増えるそうです。夏ごろをめどに商用車タイプとスポーツタイプが発売されるとの報道がありました。

電気自動車はハイブリッド車につぐ次世代の環境車で、普及が期待されるところですが、2010年度の目標販売台数は4000台。08年の軽自動車販売数は196万台ですから、目標を達成しても0.2%のシェアにしかなりません。

「できるだけ早く年1万台を達成したい」ということのようですから、普及したといえるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑いね

暑いね
今日は23℃を越えて暑いくらいの陽気です。日本の南東海上には大きな高気圧があって、太平洋高気圧が張り出した夏型の天気図みたいです。

南海上から北方の低気圧に南風が吹き込んでフェーン現象を起こしているところもあるでしょうね。桜もじきに咲きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Social Capital 第1章 概念、歴史、測定

デービッド・ハルパーンの"Social Capital"(David Halpern 2005)を読んでいます。英語の本は時間がかかるので飛び飛びにしか読めないのですが、さしあたり1章のイントロダクションは全部読んでみました。

主な内容はSocial Capitalの定義、研究の歴史、概念整理、測定方法のレビューです。Social Capitalは社会関係資本と訳されることが多いのですが、ネットワーク、規範、サンクション(褒美や罰)の複合体で個人間や集団内での協力を促進する作用をもっています。集団間の協力を促進するかどうかは微妙で、集団内の結束を強化するタイプのSocial Capital(結束型SC)が卓越している場合には、集団間のあつれきを招く場合もありえます。一方、集団間のコミュニケーションを促進するタイプのSocial Capital(橋渡し型SC)がある程度存在すると、集団間の協力を促進すると考えられます。

ゲーム理論の言葉に翻訳すると、ネットワークは2者間協力の積み重ねですから、2者囚人のジレンマゲームにおけるCC均衡(応報戦略プラス十分な未来係数で実現)が網の目のように張り巡らされている状態に相当するでしょう。規範はN人囚人のジレンマゲームで協力を指示する作用を持ち、サンクションは規範に違反したときに罰を与えて利得を引き下げる(あるいは規範に従ったときに褒美を与えて利得を引き上げる)働きを持ちますので、ともに多人数での協力を促進する作用をもっています(もちろん2者間の協力も促進しますが)。したがって、ネットワーク、規範、サンクションがそろっている状態は2者間協力と多人数協力がバランス良く達成されている状態と考えることができます。

ちなみに規範とサンクションは集団内の協力を促進する一方で、外集団メンバーへの敵対や排除を奨励する場合がありますので(いわゆる自集団勝手)、規範とサンクションに偏重したSocial Capitalは外集団とのあつれきを生む場合があります。これが結束型SCに相当するのでしょう。これに対し、外集団メンバーとの2者間協力のネットワークの存在は外集団との協力をもたらす可能性があります。これが、橋渡し型SCに相当すると考えられます。

Social Capitalという言葉を最初に使ったのは、ハニファンという人で、1916年のことでした(Hanifan 1916)。1980年代にコールマン、1990年代にパットナムがこの言葉を使ってから急激にSocial Capitalについての研究が増え始めます。「資本」という経済学風の用語でネットワークや規範という社会学的な内容を表現する戦略は、経済学者と社会学者や政治学者など経済学以外の社会科学者の双方にアピールする可能性と、双方に嫌悪感を持たれる可能性の両方があって一長一短なのですが、90年代から00年代にかけての展開は前者の効果が後者を上回ったらしいことを示しています。

ただ研究者の増加は概念の拡散や混乱をもたらしがちですのでハルパーンは分析の単位とSocial Capitalの種類にそれぞれ3通りずつをもうけて、交通整理をはかっています。すなわち、分析の単位としては個人や家族のミクロレベル、地域や企業、宗教コミュニティなどのメソレベル、国家や国際関係といったマクロレベルが設定されます。Social Capitalの種類には結束型(Bonding)、橋渡し型(Bridging)の他に結合型(Linking、後述)が導入されています。これに、ネットワーク、規範、サンクションの3つを掛け合わせた3の3乗=27セルのマトリックスで研究対象を分類しましょうというのがハルパーンの提案です(P27 Fig.14)。機械的といえば機械的で、うまく埋まらないセルがあったりもしますが、それはそれで有用な情報だったりしますし、全体の見通しもよくなりますのでなかなか使える枠組みではないでしょうか。

結束型、橋渡し型と並んで導入されている「結合型」Social Capitalは微妙な概念で、「社会的な力関係が異なる主体同士を(支配被支配の関係ではなく)相互に尊重される対等の関係で結びつけるつながり」(p25,第2パラグラフ)とされています。社会的地位が異なる集団のメンバー同士を結びつける橋渡し型Social Capitalと解釈できますので橋渡し型SCのスペシャルケースと考えれば、結束、橋渡しと並列に並べる必要はないような気もします。あるいは「結合型」を独立してたてることで、そのような場合に注目した実証研究を促したいという意図があるのかもしれません。

この章の最後では、実証研究に不可決な測定の問題が論じられています。ハルパーンはパットナム流に自発的団体の数や密度をSocial Capitalの指標に使うことには否定的で(数えるべき団体の範囲があいまいで、経済発展や健康など重要な変数との相関が低いから‥らしいです)、その代わり一般的信頼の質問をラフな指標として用いることを提唱しています。

「一般的に言って、たいていの人は信頼できると思いますか、それとも用心するに越したことはないと思いますか」

というのが標準的な質問文で、パットナムの社会関係資本指数と0.92の相関があるほか、経済発展などの外的変数とも十分な相関があるのがその理由としてあげられています。

まあ、Social Capitalが2者やN者の協力を促進して非協力を抑制する機能をもっているとすると、そのような社会で暮らしている人は非協力的な振る舞いをする人に出くわす確率が少ないので、「たいていの人は信頼できますか」という質問にYESと答える確率は高くなるでしょう。その意味で、一般信頼をきく質問は社会関係資本が機能しているかどうかを知るためのよい代理指標になるというのはうなずける話です。ノルウェイでは65%の人がこの質問に対して信頼できると答え、ブラジルでは5%しかそう答えなかった(ちなみに学生にきくと30%足らずでした)といった結果から国による違いを考察するといった国際比較の文脈では簡便で有用な指標でしょう。

ただ、せっかく27通りのセルを考えたのに測定指標が一般信頼だけというのは寂しい話で、それぞれのセルを測定する指標の開発も進められているようです。イギリスの一般家計調査で用いられている社会参加や近隣関係、社会的ネットワークや援助ネットワークの質問項目(地域活動に参加していますか、よく情報を知らされていると思いますか、困ったときに相談できる人がいますかなど)の質問は、ミクロやメソスケールの結束型や橋渡し型のネットワークを測定する方法といえるでしょう。近年では各国政府や世界銀行といった組織もSocial Capitalの測定に乗り出していて、細かい測定指標も整備されつつあるようです。とはいえ、社会関係資本の「会計監査」ができるほどの水準にはまだまだ達してなくて、研究の進展が望まれるというのが2004年当時の現状であったようです。

1章はざっとこんな感じでなかなか勉強になりました。2章以降は、サマリーとコンクルージョンの部分をつまみ食いしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

さっきウグイスがホーホケケキョケキョと鳴いてました。すっかり春ですねえ〓 桜もじきに咲きそうです〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

プリウス値下げ

プリウスより低価格のホンダ「インサイト」が好調なのに対抗して「プリウス」も値下げするみたいですね。5月発売の新型プリウスの最低価格は205万円程度になる模様です。

初代プリウスが215万円で、今のプリウスが235万円程度、新型は排気量を増やして250万円程度にする予定が一転して大幅値下げとなりました。現在新車販売の4%ほどに過ぎないハイブリッド車のシェアを引き上げて、温室効果ガスの削減に貢献することが期待できます。

ただ、これまでハイブリッド車の普及を阻んできた主な要因が高い価格だったわけですから、値下げができるのならもっと早くして欲しかったと思います。インサイトが出なければ一段と高くなってたわけですし、トヨタはハイブリッド車を作った功績はあるものの、普及させることにはあんまり熱心ではないのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新球場開幕戦チケット獲得作戦 後編

コンビニチケット全滅の報に対し、現地からは

 「行列が長く買えない可能性があるものの、最善を尽くしたい」

という返信があり、本拠地開幕チケットの獲得は全く遠征隊の双肩にゆだねられることになりました。広島ではコンビニにも行列ができてたようですから、売り切れもやむなしかと思いますが、4000人の行列を並ぶのもまた大変です。

仮に窓口が1人1分で対応してものべ4000分、67時間ほどの時間がかかる計算です。販売窓口がいくつあるのかわかりませんが、10の窓口があったとしても6~7時間かかることが予想されました。果たして現地からのチケット獲得の知らせは一向に届いてきません。

午後1時「窓口は遙か彼方。あと、1~2時間はかかる模様」という連絡が入りました。やはり苦戦しているようです。こちらからは何の支援もできないのがもどかしいです。

午後2時半、待望の連絡が入りました。

 「午後2時28分、12日日曜分内野A指定席確保!」

東京支部がどよめいたことはいうまでもありません。続いて

 「引き続き、11日土曜日分の最後尾に並びます」

いやいや、そこまで無理しなくてもと思ったのですが「最善をつくしてみたい」ということでチャレンジしてもらいました。

再び、待ち時間が続きます。幸い天気が良くて寒くはないようですが、午前8時からすでに6時間以上並んでもらっています。メールで励まそうかとも思ったのですが、携帯のバッテリーが消耗すると連絡が取れなくなるのでじっと待ちました。

5時がすぎ6時がすぎ、やはりだめだったかと思う頃、

 「11日外野パフォーマンス席を何とかゲット。これより帰還します」

との入電。期せずして大きな拍手がわき起こりました。まったくありがたいことです。朝から10時間以上の行列、本当にお疲れさまでした。

そんなわけで、もうだめかと思ったのですが、新球場の開幕3連戦は2日目、3日目を見に行きます。4月10日(金曜日)から現地入りしますので、球場の中には入れませんが外から開幕戦の様子をレポートすることにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

VBA関数

VBA(ビジュアル・ベーシック・アプリケーション)で順列とか組み合わせの関数を探してみたのですが、どうもないみたいですね。階乗すらないにはちょっとビックリしました。

本当は二項分布の関数が欲しいのですが、それは贅沢かなと思って奥ゆかしくコンビネーションから作ろうと思ってたのですけどね。日付とか文字列の関数は沢山あるのに数学系の関数はとても手薄なようです。エクセルのワークシート関数を呼び出して使えということかもしれませんが、それをすると処理がだいぶ遅くなるんですよねえ‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新球場開幕戦チケット獲得作戦 前篇

昨日、3月14日は今期ペナントレースの開幕戦となる東京ドームチケット(4月3~5日分)の販売日で、私も風雨を押して朝から銀座に買い出しにいってきました。風で電車が止まって9時の整理券配布に間に合わない人が出るというハプニングがあったものの、そちらの方は何とか必要枚数を確保。まずはめでたしめでたしでしたが、その席上、新球場「マツダスタジアム」開幕となる4月10~12日(金、土、日)のチケット獲得作戦が協議されました。

新本拠地開幕試合の販売日は本日3月15日で販売は午前10時から。すでに前回の会議で、代表が1人広島に買いに行くことが決まっていたのですが、どうも10日分と11日分と12日分では並ぶ列が違っているらしくて、複数日のチケットの確保が難しい情勢であるようです。そこで私が広島遠征組が買えない日の分のチケットを、コンビニで入手することになりました。まあ、コンビニでも買えるのですけどね。どの程度がコンビニ扱いになってるかわからないし、市民球場で売ってるチケットはコンビニのものとデザインが違うということで遠征隊の派遣が決まっていたのが、このような訳で広島と東京の二面作戦が展開されることになった訳です。

15日9時に遠征隊から入電がありました。

 「4、5千人並んでいて、初日分の入手は困難。日曜のの列に並ぶのでコンビニで金曜の分と土曜の分を買ってほしい」

予想外に沢山並んでいるようです。ニュースを見ると、昨日の18時の時点ですでに1300人が行列をつくっていたとのこと。一人10枚まで買えるので、確かに危険な状況です。

早速10時前に近所のセブンイレブンにいったのですが、どうもこれが失敗でした。セブンイレブンのチケット端末はコピー機と共通になっていて、折悪しく一人のおじさんが結構沢山のコピーをしていたのです。コピーが終わるのを待って端末の操作を始めたのが10時2分ごろ。画面に10日(金)の申し込みの表示は出るのですが、実際に申し込むと「お取り扱いできません」の表示が出てきます。11日(土)の分を入力しても同じことで、どうやらすでに売り切れてしまったようです。

やむなく、セブンイレブンはあきらめてファミリーマートに走ります。こちらについたのは10時10分ごろ。ファミマの端末はコピー機とは別になっていてすぐに使えましたし、売り切れの分は×印が出てセブンイレブンより分かりやすくなっています。

見ると10日(金)内野A指定が○になってましたので速攻で入力したのですが、結果は「ご希望の枚数をそろえることができませんでした」。11日(土)の外野パフォーマンスB席も○がついていたので申し込んでもやはり「そろえることができません」。リロードすると、○があった席も×に変わっていてどうも売り切れてしまったようです。この感じでは先にファミマに来てれば買えたような気がするのですが、あとの祭りとなってしまいました。

このあと、ダメもとで少し離れたローソンにも走ってみたのですがそこはなんとしばらく見ないうちに閉店していて万事休すです。

 「コンビニはいずれも売り切れ。何とかそちらでお願いします」

やむなく、遠征隊にそう打電しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

再放送曲 『バケツの穴』

 ♪バケツに穴が穴があいてる
 ♪穴あきバケツじゃこまっちゃう

コミカルなフレーズが繰り返される『バケツの穴』が再放送されています(ラジオ第2放送月曜23:55~0:00、火曜13:55~14:00)。

初回放送は1968年8月といいますから、今から40年以上前の曲ですね。たぶん私がリアルタイムで聴いた一番古い曲だと思います。ただ『ぶたが逃げた』(68年10月)とか『鬼の願い』(69年2月)とかは間違いなくリアルタイムで聴いてたのですが、こちらはひょっとしたら再放送の記憶が残っているのかもしれません。

この曲はナンセンスソングの走りのようなうたで、バケツに穴があいて水がくめない、藁を詰めて穴をふさごうにも、藁が長すぎる、藁を切ろうにも鎌がさびている、鎌を研ごうにも砥石が乾いている、砥石をぬらそうにもバケツに穴があいていて水がくめない‥というある種の循環論法(?)になっています。まあ、藁なんかでふさがなくてもいいじゃんとか、砥石を水道までもってけよとか突っ込みどころは満載なのですが、そこはあえて突っ込まずに熊倉一雄さんのボケっぷりを楽しむのが通というものでしょう。

しかしまあなんですねえ、今改めてこの曲を聴くと日常生活から姿を消してしまったものが、なんと沢山あることでしょうか。バケツこそありますが、穴があいてることはめったにないですし、穴があいたバケツを修理して使うこともありません。藁なんてその辺にないですし、鎌も砥石もなかったりします。『はさみとぎ』も実は今月再放送してるのですが、刃物を研ぐなんてこともとんとしなくなりましたね。農耕社会の名残りや物を修理して使うメンタリティといったものが、40年前にはまだ存在していたのだなあと思うと感慨深いものがあります。

今の子供たちがこの曲を聴いても「うさぎ美味し蚊の山」なみにさっぱり意味がわからないかもしれませんね。別の意味でナンセンスソングになってしまっているかも‥

 『バケツの穴』
   うた:熊倉一雄(くまくら かずお)
      東京放送児童合唱団
   訳詞:佐藤一公
   作曲:アメリカ民謡
   編曲:東海林 修
   アニメーション:和田 誠
   (初回放送:1968年8月・9月)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

祝決勝タイムリー

祝決勝タイムリー
オープン戦は好調ですね。今年は頑張って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野草カフェ

野草カフェ
野草カフェ
「野の花」というお店です。今日は時間がなかったのですが、今度は入ってみたいですね。

地下は園芸用品売り場で、野草を使った緑化をサポートしているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月14日 (土)

焼き鳥になるまえに

焼き鳥になるまえに
ここは焼き鳥になっちゃうんですよね。残念ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

乱高下でした

乱高下でした
乱高下でした
等高線のうねりはブロッキングの兆しかと思ったら、気温が乱高下するしるしでしたね。東シナ海の低気圧が急速に発達しながら日本海を通過し、週末にかけて南風が吹き荒れたかと思うと真冬の寒さになる模様です。

どうかみなさまお気をつけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

大きく蛇行

大きく蛇行
大きく蛇行
高層天気図の等高線(及び等温線)が大きく蛇行しています。上空のジェット気流も高層天気図の等高線に平行して吹いているのですが、ジェット気流がここまで大きく蛇行すると流れのパターンが解消しにくくて、天気の変化が遅くなりやすいんですよね。いわゆるブロッキングという現象です。

このあと本当にブロッキング型に移行するのか、しばらく気をつけてみないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のうた 『翼が今』

今年度最後のクールも後半に入りました。どの曲も味わい深いのですが、1曲あげるとするとこの曲でしょうか。

 ♪新しい門出を心から祝うよ
 ♪あたたかな拍手が空高く響くよ

この時期恒例の卒業ソングです。古くは『おもいでのアルバム』(1981年)、『ありがとう・さようなら』(1985年)、『卒業前~10日で100の出来事』(1989年)、最近では『高校3年生』(2001年)、『旅立ちのうた』(2004年)など2~3月のクールには数々の卒業ソングが放送されてきましたが、『翼が今』もそれらにまけずおとらず泣ける曲になっています。

穏やかなピアノのイントロがまずいいですね。笹本さんの伸びやかな歌声も門出にふさわしく雰囲気を盛り上げてくれます。笹本玲奈さんは14才のとき「ピーターパン」でデビューし、その後数々の賞も受けたミュージカル女優さんで、歌唱力は折り紙付きです。

 ♪これから歩く道に
 ♪幸せの花咲くように‥

ここの、ラーシドレーミファソーシレドーの部分のメロディも、ちょっと千住明風で好きですね。「映像の20世紀」オープニングテーマの中間部(ソソラーシドミーレーラーソってところ)を思い起こさせる調べで、これまでの歳月とこれから歩む道のり、時の流れというものを強く感じさせてくれる部分です。

幸せの花咲く‥で使われる
 ファラドミ→レファ♯ラド→ラ♭ドミ♭シ
の進行にも、華やかさや気持ちの高鳴り、新天地の広がりといったものを感じました。

2番は放送では半分くらい省略されているのですが

 ♪清らかな風に乗り
 ♪翼が今 輝くよ
 ♪たくさんの願いが
 ♪織り込まれた 翼だよ

というのもとてもよい歌詞です。ことし卒業の方もたくさんいらっしゃることと思いますが、たくさんの願いを力に変えて是非大きく羽ばたいていってほしいものです。

 『翼が今』
  作詞:遠山歌乙(とおやま かいつ)
  作曲:森元奨六(もりもと つとむ)
  うた:笹本玲奈(ささもと れな)
  映像:高木啓江
  初回放送:2009年2月

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

第47回大会

今回の数理社会学会大会は進化ゲームやABS(エージェントベースドシミュレーション)関連の発表が沢山あって個人的にはなかなか楽しめました。平行セッションの両方ともが進化ゲームなんていう事態も生じてましてどちらを聴こうか困るぐらいでしたが、それだけ研究者の層が厚くなってきてるということでありがたいことです。昔、進化ゲーム研のHPをみてメールをくれた学部生の方が、今回修論で行ったシミュレーション結果を発表したりなんてこともあって、世代の交代が進みつつあることも感じました。去年だした進化ゲームのテキストも使ってもらえてるようで、出版に際して尽力いただいた担当者の方に多少はご恩返しできたかなと思います。

進化ゲーム以外でも、空間的自己相関とかアクティブネットワーク分析とか潜在クラス分析とか知らなかった方法を沢山学ぶことができて、得ることが多い大会でした。2日目は入試の監督のために帰ってしまったので、温泉観光地活性化のシンポジウムが聴けなかったのが心残りではあります。配付資料など、どこかで手にはいるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

ハイブリッド車販売台数

2009年2月のハイブリッド車販売台数は

 インサイト 4906台
 プリウス  4524台

でした。ホンダのインサイトは出たばかりなのですが価格が40万円ほど安いこともあってプリウスを上回りました。ハイブリッド車の普及には価格の低下が必要であることを示す結果とも言えるでしょう。

ちなみにインサイトとプリウスの合計は9430台で2月の新車販売台数21万8212台(軽を除く)の4.3%にあたります。増えたとはいえまだ5%にも達していないのですね。4月からはハイブリッド車の購入に減税措置がとられるのでどの程度効果があるかが注目されます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

折田先生像

折田先生像
折田先生像
旧教養A号館、現吉田南キャンパス入口付近に「折田先生像」が飾られていました。これは平成21年度版《ライダーマンバージョン》だそうで、2月下旬に建立されたばかりの真新しい「折田先生」を拝めたのは幸運と言えましょう。こういう訳の分からないものが平気で立っているところがいかにも京大らしいです。

折田先生というのは、京大の前身である旧第三高等学校の校長だった折田彦市氏のことで、私のいたころには時計台の右手に銅像が立てられていたと記憶しています。当時からスプレーで沢山落書きされていて折田先生像というと「落書きされてるもの」というのが相場だったのですが、いつの間にこのような姿に「変身」されていたのですね。

ネットで調べてみるとウィキペディアや「折田先生を讃える会」、「折田先生七変化」などのサイトにこの間の事情が詳しく語られていました。それによると80年代から落書きされはじめた折田先生は90年代になると、被りものを施されて太陽の塔やヤキソバンやナンパオやモアイに姿を変えていったそうです。そういえばナンパオバージョンは私も見た記憶がありますね。太陽の塔バージョンは直接見たのか写真で見たのか記憶が曖昧ですが、実に傑作で笑えます。大学側はその都度掃除して「折田先生は京大の自由の学風に多大な貢献をされた方です。どうかこの像を汚さないで下さい」という看板を立てたものの効果はなく、結局1997年に銅像自体撤去されて本部図書館の地下室に保管されることになったのだそうです。私が京大を去
った直後に像が撤去されたことになりますね。

その後の展開はまるで知らなかったのですが、銅像なきあとは像自体が張りぼてでつくられて、看板のパロディとともに建立されることになったようです。ゴルゴ13バージョン、ナウシカバージョン、サンデー先生バージョン、スッパマンバージョン、永沢くんバージョン、てんどんまんバージョンといったラインナップに続いて、今年のライダーマンバージョンの登場と相成ったのでした。いやいや人(?)に歴史ありですね。

ちなみにゴルゴ13バージョンには「どうかこの像の後ろに立たないで下さい」という看板が添えられ、看板のセリフも含めて一つの作品とするのが慣例となっています。どうかこうした背景を踏まえて折田先生像をご観賞下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・トゥール

ラ・トゥール
ラ・トゥール
京大時計台内あるフランス料理店、ラ・トゥールに行ってみました。

「時計台下」と聞いてたので、時計台下にいっても生協があるばかりで、しばしうろうろしたあと時計台の西側出口付近にあるのを発見。16時ごろだったので950円の軽食メニューが提供されてて入りやすかったのですが、お客さんは誰もいなくて一瞬休みかと思いました。大学も休みで中途半端な時間とくればそんなものなのでしょう。昼間は1500円ほどのランチ、夜は5000円ほどのコースを提供してるので「学食」って感じではないですね。

軽食メニューはカレーとかオムレツとかで、総長カレーも悪くはないのですが今回はオムレツを注文しました。正装をしたウェイターさんが余分の皿とナプキンを片付けグラスに水を注いでくれます。しばらくすると上品なオムレツとフランスパンが運ばれてきました。

2003年12月15日にオープンしたそうで、もう5年ちょいになりますね。最初は京大にフランス料理店ということで話題になってましたが、だいぶこの界隈にも溶け込んできているのでしょうか。ディナーの予約の電話も何件かかかってるきてるようでした。大正年間に時計台や学生集会所ができた当時も、ハイカラな異空間だったと思われますので、その頃の息吹を甦らせる存在といえるかもしれません。

ただし給仕してくれたウェイターのお兄ちゃんやディナー用にテーブルの配置を変えていたウェイトレスのお姉さんたちはメッチャ関西弁で、ハイカラな中にローカルな雰囲気を醸し出していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

2月の新車販売台数

2月の軽を除く国内新車販売台数は、21万8212台で前年度比32.4%減だそうです。(日本自動車販売協会連合会発表。軽は16万2370台で前年度比9.8%減)

1月よりも落ち込み幅が大きくなってます。相変わらず厳しいですね‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

BOX

BOX
BOX
合唱団のBOX内部です。集会所の外観から想像するよりは綺麗と言えるかもしれません。新歓が始まる前で一番掃除が行き届いている時期だけのことはあります。

男声が何人か「雪と花火」の練習をしてました。春発のレパだそうです。懐かしい曲をやるのですね。午後からは歌い込みだと言ってました。

ピアノは昔と同じものが使われているようです。ライブラリアンの棚は綺麗に整理されていました。面白かったのはBOX記が代々書き継がれていることで1983年の第一巻から、2009年の現巻まで綺麗に並べられていました。合唱団史研究の1次資料として使えそうな勢いです。

撮らなかったのですが、壁にはパトマネの立候補者の名前が張られていました。新歓の前まで話し合いをやっているようです。リーダーやマネージャーも定演後に決まるようで、定演の打ち上げでパートソングを歌いながら引継ぎ‥という儀式は今は昔になったようです。それにしてもパトマネの立候補者も張り出すのですね。パトマネの位置付けが昔と変わっているのかもしれません。建物はともかく、組織の方は微妙に色々変わっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集会所内部

集会所内部
学生集会所の中に入ってみましょう。狭い通路の両側にいくつかのサークルのボックスが並んでいます。廊下にはよく分からない資材も置いてあって相変わらずの風景ですねえ。壁を塗り直した形跡も修理をした形跡も見られません。見学の方が初めてここに来る時にはさぞ面食らうでしょうね。ゴミが散らかってないのが救いでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集会所入口

集会所入口
集会所入口
集会所の入口は相変わらずこんな感じです。21世紀の光景とは思えません。

ちなみに集会所入口付近のイチョウの木は切られてました。まあ、枯れて来ると危ないですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学生集会所

学生集会所
学生集会所
東大路近衛にそびえる(?)学生集会所の近影です。

大正年間の創建だそうで20年前もすでに相当古かったのですが、一段と廃墟化が進んでいます。昔はこんなにつるが絡まってはいなかったのですがねえ。こいつをなんとかしないと防災上まずすぎる気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

中国の発電能力

海外電力調査会によると、08年末の中国の発電能力は7億9253万kWだそうです。

05年ころの急増期は過ぎたようですが、それでも07年より1割程度増えてますね。10年で2倍になる可能性は十分あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京へ

進化ゲームセミナー、理事会、学会大会と盛り沢山の日程をひとまず終えて、東京に戻ります。さっき無事新幹線に乗れたので23:30にはうちにつけるでしょう。

本当は明日も学会大会の2日目があって、面白そうな発表やシンポジウムがあるのですが、明日は入試の監督なんて用事があるので帰らなければなりません。明日も学会に出られる皆さんはゆっくり楽しんでいって下さいませ。京都の写真はまたおいおいアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

オケボックス跡地

オケボックス跡地
オケボックスは火事で焼けてから結局何も再建されてません。もう、ずいぶんになりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャラバン

キャラバン
キャラバン
キャラバンもまだありました。中もあんまり変わってないみたいです。この通りのお風呂屋さんも風媒館も健在でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

ライミン

ライミン
京大で進化ゲームのセミナーがあってこちらにきています。近衛界隈も久しぶりに歩きましたが、ライミンとかハマノとかビーアントとかまだあるのですね。昔、お世話になったので懐かしいです。今はからふね屋にいますが、別館のようなトイレも昔のままでタイムスリップしたような気がします。

学生集会所はさすがに古びましたね。20年前でも十分古かったのですが、今は訳の分からないつる植物に覆われて廃墟みたいになっています。枯れたつるに火がついたらひとたまりもないでしょう。それでもあそこで今も活動してるんですよね。よく団員が集まってくれますよね。ありがたい話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

箱根湯本駅

箱根湯本駅
箱根湯本駅
大規模に工事中で、仮通路があちこちくねくねしてました。春のシーズンには綺麗になるんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい天気

いい天気
大陸の高気圧が前線を南東に追いやっていい天気になりました。北風が結構強いのですが、日差しがあるのはいいですね。久々に布団を干しました。充電も沢山できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

ウズラ

ウズラの卵の7割が愛知県で生産され、そのうちの8割が豊橋周辺で生産されてるそうですね。日本のウズラ卵の6割ほどがここでつくられてることになります。毎日25万個ってのが凄いですね。

豊橋周辺にウズラ産地が集中している理由としては豊橋市のHPに、温暖で飼育しやすい気候であることと、東京、名古屋、大阪といった大消費地への交通の便がよいことがあげられていました。

でも、温暖で交通の便のよいところなら他にもいくらでもありそうで、なぜ豊橋かという理由としては弱い気がしますね。歴史的な事情があったりするのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »