« WBC効果? | トップページ | 寒いねえ »

2009年4月25日 (土)

ネット利用1日103分

今年も学生にテレビとインターネットの利用時間調査を行いました。その結果、1日のテレビ視聴時間が121分、ネットの利用時間が103分でネットとテレビがほぼ並んだことが判明しました。(男性194名、女性70名の平均。男女で有意差はなし)

この調査は06年から継続してやっていて、このときはテレビ137分、ネット62分でダブルスコア以上の差があったのですが、その後テレビが少し時間を減らし、ネットが時間をのばして3年でほぼ追い付いたことになります。05年以前はネットの利用時間が多少伸びてもテレビの視聴時間が減ることはなかったのですが、07年以降ネット利用が1時間を越すようになると、さすがにテレビ視聴に影響が出だしたようですね。

Photo_2

よく見られているテレビ番組はバラエティが73%、ニュースが64%、深夜番組が48%、ドラマが42%となっています(09年データ。以下同様)。一方、インターネットでしていることは調べ物が74%、動画を見るが63%、ニュースを読むが42%、音楽ダウンロードが33%となっています。テレビの場合、視聴時間と相関が高いのがバラエティ0.40、深夜番組0.23、ドラマ0.23で特にバラエティをよく見る人がテレビの長時間視聴者になっています。

ネットの場合、利用時間と相関が高いのは動画を見る0.37、掲示板を使う0.24、ニュースを読む0.23、調べ物をする0.22で、動画を見る人がネットの長時間利用者になっています。ちなみに動画の利用形態ごとでは、動画を見ない人のネット利用時間の平均が70分、動画を見る人の平均が115分、動画をよく見る人の平均が141分で、動画を見る人は毎日2時間前後をパソコンを眺めて過ごしていることになりますね。

動画を見ない人の平均値70分は、ネット動画が普及する以前の06年の平均値62分とあまり変わりません。ここ2,3年の動画利用の急速な普及がネット利用時間増加の主な要因と推定してよいと思われます。掲示板のユーザーもネットのヘビーユーザーなのですが、掲示板の利用は09年でも14%にとどまり、掲示板利用の増加がネットの平均利用時間を押し上げたとは考えられません。掲示板の利用は積極性を要する活動で、多くのネットユーザーにとっては敷居が高いのでしょう。その点、動画はお勧めの動画をクリックしていけば見られる受動性の高い利用法なので多くのユーザーを獲得どきたのだと考えられます。

テレビ視聴はネットの動画閲覧と競合する部分がありますので、動画閲覧の普及につれて「テレビ離れ」が進んできているように見えます。上のグラフを延長すると来年にもテレビ視聴時間とネット利用時間が逆転すると予想されますが、はたしてどうなるでしょうか。

|

« WBC効果? | トップページ | 寒いねえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/44781297

この記事へのトラックバック一覧です: ネット利用1日103分:

« WBC効果? | トップページ | 寒いねえ »