« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

エチゼンクラゲ

東シナ海と黄海でエチゼンクラゲが大発生しつつあるようですね。今の所、去年の200倍の数だとか。

まあ、去年は例外的に少なかったのですが大発生して漁業被害の出た05年より多くなりそうということですから心配です。今年は豚といいクラゲといい‥。空からオタマジャクシまで降ってきますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

存外深刻かも

社会調査の授業で恋愛についてのアンケートを作ったので、昨日授業中に実施してみました。最近はやりの「草食系か肉食系か」という質問も入れてみたところ、7割近い学生が(恋愛に消極的な)「草食系」「どちらかといえば草食系」と答えていました。

それはまあ予想の範囲内なのですが、これまた試しに他の変数との相関をとって見た所、「お年寄りに席を譲る」「困っている人がいたら声をかける」「プレゼントをして相手が喜ぶと嬉しい」「何か社会の役に立ちたいと思っている」といった項目と軒並み0.3前後の負の相関があることが判明しました。つまり、自分のことを草食系と思っている学生は、お年寄りに席を譲らないし、困っている人に声をかけないし、誰かにプレゼントをして喜ばせようとしないし、社会の役にたちたくないと思う傾向があるのですね。

どうも草食系という現象は、恋愛に限らず他者や社会とのかかわり全般に対する消極性と結び付いているようです。というか、人間関係全般における消極性の一つの現れが「草食系」というものなのかもしれません。存外深刻な問題が隠れている可能性がありますのでもうちょい、ちゃんと分析してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

空中炭素固定装置

>米コロンビア大学の研究チームが、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)を本物の樹木の約1000倍の速度で吸収できる「人工樹木」の開発に当たっている。研究を進めているのはコロンビア大学地球環境工学部のクラウス・ラクナー教授のチーム。

>人工樹木はプラスチック製の「葉」の間を風が吹き抜けると、特製の吸着剤によって大気中のCO2を吸収・圧縮し、液体二酸化炭素として保存するという仕組み。これは石炭火力発電所で排気からCO2を取り除く技術に似ているが、人工樹木の場合、いつでもどこでもCO2をキャッチできるのが特徴だという。

>ラクナー教授は「CO2排出量の半分は、発生源が小規模かつ分散していて発生源で取り除くのは難しい。われわれは、こうしたほかの手段では収集不可能なCO2に目を向けた」と説明する。5月にロンドンで開かれた気候変動シンポジウムで同教授は、米エネルギー省のスティーブン・チュー長官と会い、この人工樹木のコンセプトについて説明した。(CNNモバイル)


空気中のに二酸化炭素を取り除くなんてことが可能なのですね。熱力学の第二法則に反しているような気もしますが、イオン交換樹脂のようなものを使ってエネルギーを投入すれば論理的には可能そうです。

ただし一旦薄まったものを濃縮するにはどうころんでもエネルギーが必要ですから、温暖化抑制に意味のある数億トン程度の二酸化炭素の吸収にどの程度エネルギーが必要になるのかがポイントになりそうですね。そのために化石燃料を使ったんではしょうがないので太陽エネルギーでまかなえれば理想的ですが(そうすれば本当の人工樹木といえるでしょう)、必要な太陽光発電装置はべらぼうな規模になりそうな予感もします。それでもなかなか有望そうな方法ではありますので、続報が期待されます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

前の台風3号殿

現在の紀伊半島沖の低気圧殿がこれから東海〜関東地方をお通りになります。どおりで蒸し暑いわけですね。

温帯低気圧に変わったとはいえ、前線を伴った台風が本州を縦断するようなものですから明日にかけて大雨になるところもあるようです。どうぞお気をつけ下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

5768万台

09年3月末現在の日本国内の乗用車保有台数は5768万台なのだそうです。とりあえず覚えておきましょう。

一昔前は7000万台とか言ってた記憶があるのですが、間違ってたのかずいぶん減ったのか‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

ミモザ

オジギソウ157円也を衝動買いしてしまいました。プランターの端が開いてるのでそこに植えようと思います。しばらくして元気になったら、オジギする前とした後の写真を乗っけてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

ジュンク堂探検

この機会にRの本を買って勉強しようと思って池袋のジュンク堂にきています。

最初コンピュータ関係のフロアかなと思って5階をうろうろしましたが見つかりません。検索してみると7階の数学ソフトのフロアだそうです。で上にあがってみた所、学習参考書や英語の本があるばかりで数学ソフトの棚が見当たりません。おかしいなと思ってよく見たら8階まで上がってきてました。

改めて7階に降りてようやく『データ解析環境「R」』と『RとS-PLUSによる多変量解析』の2冊をゲットすることができました。まあ、アマゾンで買うこともできるのですが、本屋に来ると直接中身を眺めてから買えるのがやっぱりいいですね。久しぶりにジュンク堂もあちこち探検できましたし。普段は4階の人文科学のフロアしか行かないので、他のフロアをうろうろするのは新鮮でもありました。

あとついでに『社会的動機づけの心理学』という本と土場さん篠木さん編の『個人と社会の相克』も買ってきました。とりあえず本を買うというより本を仕入れる週間になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

とりあえず

帰りに本を買ってきました。2、3冊のつもりだったのですが、この際なのであれもこれもと手が伸びて気がつくと10冊に。1週間で読める分量ではないですが、とりあえずざっとは目を通してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダメじゃん

うちの学校でも新型インフルエンザの患者が発生して今週一杯休講になってしまいました。うーむ、さすがフェーズ6!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

今日は埼玉で雹(ひょう)が降ったというニュースがありましたので、こちらでも‥と思ってましたが、結局降りませんでした。

まあ、雹が降ってるのにまともに遭遇したのは二回だけなので、やたら出会えるものではないですが。バラバラバラバラ!って音がして慌てて見に行ったのを覚えてます。那須の方では結構降るみたいでそれはそれで農作物にはダメージになるようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀河鉄道999

銀河鉄道999
銀河鉄道999
今日は所沢に野球を見に行ったのですが、途中こんな列車とすれ違いました。そういえば西武線で999のラッピング電車を走らすとか聞いた記憶がうっすらありますね。

メーテル、哲郎もいいのですが、車掌さんが味がありますね。頭の両側に翼が生えてるのかと思ったら、メーテルの髪の毛が長く伸びてるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

いつの間にか

いつの間にか
いつの間にか
ハッピーブルーのつるがネットの上まで届いてました。植えてから1ヶ月ぐらいなのに早いですねえ。

短日植物(日が短くなると花芽をつける)なのでまだ花は咲きませんが、暑くなるまえに日除けの役には十分たってくれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100万歩

万歩計の数字がいつの間にか100万歩を越えて103万歩になってました。1歩60cmとして618km歩いた勘定になりますね。東京から新幹線の線路を歩いたとすると、新神戸をすぎて西明石にさしかかろうかという所です。こうなったら博多目指して歩くことにしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

ウイルスを呼ぶ検索語

>インターネットで検索する際に、「フリー音楽ダウンロード」や「歌詞」などの言葉を使うと、悪意のあるソフトウエア「マルウエア」に陥る可能性が20%高くなることが、米ネットセキュリティ大手マカフィーの調査で明らかになった。

>マカフィーはインターネット検索大手のグーグル、ヤフー、ライブ、AOL、Askでよく使われるキーワード2600語について調査し、ウェブページ41万3000を分析。その結果、マルウエアやウイルスを引き込むリスクが高い言葉が「スクリーンセーバー」「フリーゲーム」「ビデオ」「セレブ」と判明した。

>また、「歌詞」「マイスペース」「フリー音楽ダウンロード」「無料携帯着信音」なども、リスクが高い単語の組み合わせだった。

>マカフィーによると、インターネット上の犯罪はこれまでの「悪意がある単一の人物」から「組織された集団」によるものへと変化しているという。また、その手法も年々、高度になってきていると指摘している。(CNNモバイル)


〈玉葉〉に来た人がどんな検索語を使ってたどり着いたかを見てみると、確かに「曲名 歌詞」とか「曲名 ダウンロード」なんていうのが多いですね。タダで曲を手に入れようとか思ってる人が相当数いることを暗示してますが、そういう虫のいいことを考えてると別の虫にひっかかることになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

『名将の采配』

水曜日の0:10〜0:40の時間帯に『名将の采配』という番組をNHKの総合テレビでやっています。(水曜というより火曜の深夜と言った方がピンとくる時間帯ですが)

前回のお題はカルタゴの名将ハンニバルが2倍近いローマ軍を包囲殲滅したカンネーの戦いでした。面白かったのは、ローマ軍の陣形や地形をヒントにしてゲストがハンニバルの作戦を予想していくところです。例えば

 1 横一線に7万の歩兵を並べたローマ軍に対して、ハンニバルはカルタゴ正規軍と同盟軍4万をどう配置したか?
 2 歩兵の左右に配置された2千と4千のローマ騎兵に対し、1万のカルタゴ騎兵をどう配置したか?
 3 ハンニバルはどこで指揮をとったか?
 4 左翼を突破したカルタゴ騎兵は次にどこを攻撃したか?
 5 ローマ軍撃滅の決め手になったハンニバルの最後の作戦は?

といった設問に対するゲストの回答と、ハンニバルが実際にとった行動を対比させながら戦いの経過を紹介するという構成になっていました。一種のクイズ番組ですが、知識を問うというよりロジカルに考えると分かるあたりが面白いです。史上名高い包囲殲滅戦ですが、横一線に並んだローマ軍を包囲するのはハンニバルの立場で考えると確かになかなか難物で、こういう構成にするとハンニバルの名将ぶりがよく実感できました。歴史の授業もこういう風にやると面白いかもしれませんね。

ちなみに上の解答は次の通りです。

 1 歩兵は戦意にやや欠ける同盟軍を敢えて中央にやや迫り出した形で配置し、カルタゴ正規軍はその両翼を固めた。
 2 騎兵は右翼に4千、左翼に6千を配置した。右翼はローマ騎兵4千と互角に戦い、左翼はローマ騎兵2千を迅速に打ち破って背後に回らせるためである。
 3 ハンニバル自身は中央最前線で同盟国歩兵の指揮をとった。同盟軍の士気を高めるとともに、ハンニバル自身が囮となってローマ軍を中央におびき寄せるためである。
 4 左翼を突破したカルタゴ騎兵6千はローマ歩兵を後ろを素通りして、右翼のローマ騎兵4千を後ろから攻撃した。前方のカルタゴ騎兵4千と挟みうちにされたローマ騎兵は短時間で壊滅。騎兵を失ったローマ軍は機動力を失い孤立した。
 5 中央の同盟軍を指揮したハンニバルは、頃合を見てわざとジリジリ後退した。勝機とみて中央に殺到してくるローマ軍。ジャーン!ジャーン! 合図とともに両翼のカルタゴ正規軍がローマ軍の左右から突っ込み、さらにローマ騎兵を撃破したカルタゴ騎兵がローマ軍の背後を襲う。形勢は一瞬に逆転。史上最も完璧といわれる包囲殲滅戦はこうして完成した。

ということでした。この5のシーンを実現するために1で真ん中にやや弱い同盟軍、両翼にカルタゴ正規軍という配置にしていたわけですね。おそれいります。ローマ軍も「カンネーの戦い」を知っていればこんな手は食わなかったと思いますが、先例のない所でこの陣形を敷いたハンニバルの独創力に感心しました。

まあわざと負けて敵をおびき寄せておいて、左右から伏兵が‥というのは三国志でしょっちゅう出て来ますので、ヨーロッパでもよく知られた作戦だったのかもしれません。でもそれを完璧な包囲戦にまでもっていったのはさすがです。この戦いの記憶はイタリアでは長く伝えられ、いまでも子供が悪いことをすると「ハンニバルがくるよ」と言っておどかすのだそうです。あるいは何かうまい話があると「まてまて、これはハンニバルの‥」なんて言ってるかもしれませんね。

そんなわけで今晩の『名将の采配』は毛利元就が陶晴賢の大軍を破った「厳島の合戦」です。ハンニバルのあとでは元就も荷が重いかもしれませんが、逆転の秘策を披露して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

城南海浜公園

城南海浜公園
城南海浜公園
というわけでやってきました、城南海浜公園。3時間ぐらいかかりましたね。天気がいいので沢山の人で賑わっています。

人工の砂浜の向こうには羽田空港があってひっきりなしに飛行機が着陸していきます。海は一見青いのですが、よく見ると焦げ茶色の水でやっぱり東京は東京だなと思い知らされますね。インダストリアみたいなところです。それでも潮風に吹かれている分には気持ちいいかも‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城南島行きバス時刻表

城南島行きバス時刻表
実は城南島に行こうと思ってここまで来たのですが、バスが1時間に1本しかないですね。この時間帯は毎時35分に出ているようです。

仕方ないのでルノアールで一服するとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本考古学発祥の地

日本考古学発祥の地
日本考古学発祥の地
引き続きJRの大森駅にやってきました。ここのホームには「日本考古学発祥の地」の碑が立っています。大森貝塚の発見にちなんだ碑があるという話は聞いたことがあったのですが、実物は初めてみました。

写真のように縄文土器の模型を頭に乗っけて、通勤駅のホームで異彩を放ってましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東急大井町線

東急大井町線
二子玉川から大井町まで25分ほど各駅停車に乗ってきました。自由が丘までは混んでましたがそのあとはガラガラになって、楽チンな乗り心地です。空いてる電車はいいですねえ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃料電池車試乗

燃料電池車試乗
燃料電池車試乗
今日、調布の市役所にいったら環境フェアというのをやってまして、のぞいてみると燃料電池車が展示してありました。実物をみるのは初めてなので、大きいなと思いながら眺めていると試乗できるとのこと。これ幸いと乗っけてもらいました。

FCHV-advというトヨタの車種でドライバーさん、私にその他の見学者3人を乗せて調布の街をぐるりと一回りの試乗体験です。アクセルを踏むとグンと加速してすぐに60kmぐらいで走りだしました。

 「5人も乗せて凄い加速ですねえ」

と後ろに乗った見学者の方が感心してました。エンジン音もなくゴーカートみたいな乗り心地です。

 「回生ブレーキです」

ブレーキを踏むとエネルギー系統表示パネルに→が現れました。モーターを発電機として使うことで運動エネルギーを電気エネルギーに変えて減速するシステムが働き、この電気がバッテリーに転送されて蓄えられていることを示しています。プリウスで使われいるのと同じシステムが搭載されているようです。

メインの駆動力は前のボンネットに格納されている燃料電池で、車体の後部に格納されているボンベから水素を供給されています。燃料電池の重さが400kgだそうでその分車体が重いし、今回乗ったような大型車にしかまだのっけられないようでした。まだ1億円ほどするこの車の心臓部です。

この燃料電池からモーターとニッケル水素のバッテリーに電気が供給されます。ニッケル水素バッテリーは回生ブレーキからの電気を蓄えるとともに、燃料電池が起動するまでの1、2秒間、車を動かすスターターの役割を果たしているようでした。電気自動車と違ってバッテリーだけで長距離走るわけではないのでリチウム電池ではなくニッケル水素電池で十分なのでしょう。

街中なので加速、減速、停止を繰り返しながら車は走行します。3本のボンベには700気圧の水素ガスが詰められ、試験走行条件で830km、街中走行条件でも600kmは走れるということでした。

加速、惰性走行、減速を繰り返す間にエネルギー系統表示パネルの矢印の向きが目まぐるしく変化します。加速時にはバッテリーからモーターに→が表示され、すぐに燃料電池からモーターとバッテリーへの→がつけ加わります。加速が一段落してアクセルの踏み込みを緩めると燃料電池からの→が消えてバッテリーからモーターへの→のみになったり、モーターからの→も消えたりして惰性走行になっていることを示します。ブレーキを踏むとモーターからバッテリーに向かう→が点灯して回生ブレーキが作動していることがわかります。実に目まぐるしいのですがこの辺は速度の変化やバッテリーの残量を感知して自動的に燃料電池がオンオフするシステムが使われているようで、プリウスの制御システムが応用されていることが伺わ
れました。このシステムのお陰で燃料電池が作動している時間は存外短く、これが長い航続距離を可能にしているようです。水素ステーションが普及しないうちは、ステーションから行って帰ってくる航続距離が必須となるでしょう。あるいはバッテリーだけでもある程度走れるようにプラグインハイブリッド機能が搭載されるかもしれません。

試乗のあと、ボンネットを開けて中の燃料電池を見せてもらいました。据え置き型のものに比べずいぶん小型化されているものですね。その昔蒸気機関を蒸気機関車に搭載できるようになるまでに100年ほどの時間がかかりましたが、燃料電池は20年ほどで車にのっかるほど小さくなりました。価格を除けば十分実用になる域に達してますが、問題はやはり価格ですね。1億円では買う人はめったにいませんし、プリウスが200万円切って売れ始めたところをみるとそれぐらいにならないと普及はしないと思われます。将来1億円を200万円にする技術開発ができるかどうかにこの車の将来はかかっていると言えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

神様みたい

帰ってしばらく寝ててさっき目が覚めてテレビをつけたら、千が

 「すごい、神様みたい」

って言ってました。千と千尋をやってたんですね。2001年の夏休みに東京でやってたころは連日映画館が一杯で見る気がしなくて、那覇の国際通りの映画館で見たのを思い出しました。あれからもう8年たったのですねえ。早いものです。

ちなみに那覇の映画館はとても空いていてゆっくりみれました。首里城にいったら「いつも何度でも」がなぜかエンドレスで流れてましたし。沖縄も結局あのとき以来行ってないので久々に行ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

携帯電話ひじ

>携帯電話で長時間通話すると、ひじの神経に悪影響を与え、小指や薬指が動きにくくなる「肘部(ちゅうぶ)管症候群」になる可能性を米国の医師が指摘、「携帯電話ひじ」にならないよう注意をよびかけている。

>米オハイオ州クリーブランド病院のピーター・J・エバンス医師によると、携帯電話を手に持ってひじをまげた状態で長時間通話すると、ひじにあり小指と薬指の感覚などを支配する「尺骨神経」が「肘部管」で圧迫されたりのびてしまうと説明している。

>肘部管症候群になると、字を書いたりキーボードを打つことが困難になる。また、症状が重くなると、手術する必要がある。携帯電話の長時間通話では、電話機を持つ手を変えることで予防できるという。

>しかし、肘部管症候群は携帯電話の利用だけではなく、ひじ掛け
椅子に長時間座り、ひじ掛けにひじを置く高齢者や、車いす利用者、ひじを90度より狭く曲げてパソコンを使う人々にも発生する可能性がある。エバンス医師は、ひじを曲げ伸ばしすることで防げると話しており、ストレッチを勧めている。(CNNモバイル)

「携帯電話ひじ」という言葉は初めて聞きました。都市伝説‥というわけではなさそうですが、どの程度通話するとなるんでしょうね。まあ、パソコンも含めてほどほどが吉ということでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正直者は馬鹿を見るか?

「正直者は馬鹿を見る」という言葉がありますが、実際のところどうなのか、手持ちのデータで検証してみました。使用したのは09年4月に授業中行ったアンケート(サンプル数、男性194名、女性70名、計264名)のデータです。

まず

 「日頃から、何か社会のために役立ちたいと思っている」
 「掃除当番などの義務はなるべく避けたい」(逆転項目)
 「給料が同じならば、必要以上には働きたくない」(逆転項目)

の3項目を用いて、社会貢献尺度を作ります(とてもそう思う~全くそう思わないまで5件法で測定した得点を合計。α=0.68)。この尺度によって、サンプルを社会貢献意識が高いグループ、中間のグループ、低いグループの3つに分割しました。社会貢献意識の高いグループは、社会に役立ちたいと思っているし、義務を進んで遂引き受け、給料が同じでもそれ以上に働こうとする<正直者>のグループですし、貢献意識の低いグループは社会の役に立ちたいと思わないし、義務はなるべくさけて給料分以上には働こうとしない<自己中>なグループということになります。

<正直者>のグループが<自己中>のグループより馬鹿を見ている(=損をしている)かどうかは、いろいろな尺度で測ることができるはずですが、今回のアンケートでは「1ヶ月に使えるお金」(小遣い)をきいてますので、小遣いの多い少ないで比較してみることにしました。小遣いは2万円未満、2万円~4万円、4万円~8万円、8万円以上の4つから選んでもらっています。それぞれをとりあえず1万円、3万円、6万円、10万円とみなして、正直者グループ、自己中グループ、中間グループの平均の小遣い額を求めてみました。

その結果、各グループの平均小遣い額は

   正直者グループ 5.5万円 (標準偏差2.8万円、66人)
   中間グループ  4.1万円 (標準偏差2.8万円、122人)
   自己中グループ 4.2万円 (標準偏差2.4万円、70人)

Photo となり、正直者グループが最も小遣いが多いことが分かりました(分散分析によるとp=0.003で1%水準で有意)。2008年のデータ(サンプル数335人)でも同様に正直者グループが最も小遣いが多いという結果になりましたので(ただしp=0.07で10%水準の傾向性)、正直者は馬鹿を見るのではなく得をする傾向がどうやら存在するようですね。

このデータでは小遣いの内訳をきいてませんので、正直者は例えば仕送りが多いのか、それともバイトの収入が多いのかといったことは分かりません。もし仕送りが多いのであれば、正直な子には親が多くの仕送りをしてくれるのかもしれませんし、多額な仕送りができる裕福な家庭の子は正直になるのかもしれません。バイトの収入が多いのであれば、正直な人は勤勉に働くためにバイト先の評価が高くなって時給が上がったり、時給の高い仕事に就けてもらったりしているのかもしれません。今回の分析ではそういった正直者が得をするメカニズムまでは分かりませんが、なにはともあれ正直者が馬鹿を見るとは限らないことが分かったのは結構なことでした。

今後は正直者が得をするメカニズムの解明や、社会人一般に広げた場合にも同様の結論となるのかどうかの確認、さらに人間関係における損得などお金以外の次元でも馬鹿をみないのかといった事柄の検討が課題となるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

TBCを聴く

TBCを聴く
アマゾンで「高感度」という評価が多かったラジオ(RF-U700 パナソニック製)を買ってみました。確かによく入りますね。

ジャイロアンテナとデジタルの周波数表示で広島のRCC(1350kHz)や仙台のTBC(1260kHz)といった遠距離局も十分聴くことができます。今日の楽天戦なんかはTBC東北放送かRCC中国放送でしか中継してないので、大助かりです。これから交流戦の期間中、活躍してくれるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »