« インフルエンザ感染マップ(8月中旬版) | トップページ | 成田駅 »

2009年8月24日 (月)

8、9月のうた その1

8月も終盤となり今クールのうたも折り返し点が近くなりました。

去年は『手紙』、一昨年は『夢人』(ゆめじん)と印象的なロングバージョン曲があった夏のクールですが、今年は全部ショートバージョンです。1クール4曲というのも最近では珍しいですね。これはこれでバラエティに富んでいて楽しいです。

『ひよこぐも』と『かつおぶしだよ人生は』の2曲は脱力系の作品です。特に

 ♪イモムシさん、僕よりのんびりね

なんて歌ってる『ひよこぐも』はスーパー脱力系というべきでしょう。

 ♪ふかふか〜 ねむねむ。

のところでは完全に音楽が止まっています。古来、みんなのうたのショートバージョンは短い時間に沢山の情報を伝えるためにアップテンポが基本なのですが、その伝統を覆す曲作りは大リーグボール3号以来の衝撃です。

その点『かつおぶしだよ人生は』はノリのいいアップテンポで、由緒正しい正統派みんなのうたといえるでしょう。

 ♪猫に生まれて良かったよ〜

という演歌調の歌いだしも耳にすっと入ってきますが、人間は猫の手も借りたいといってるくせに

 ♪貸してくれよと頼んでこない〜

というくだりで、ちょっと人間を皮肉って社会批評をするのかなと思いきや

 ♪それでそれでいいんだよ

といきなり全肯定に転じ

 ♪かつおぶしだよ人生は〜

と良く分からないタイトルを歌い上げる凝ったつくりになっています。まあ、ナンセンス系脱力ソングと言っていいかと思いますが、短い中での二転三転するつくりが21世紀仕様と言えるでしょうか。なかなか好きな作品です。

|

« インフルエンザ感染マップ(8月中旬版) | トップページ | 成田駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/46018780

この記事へのトラックバック一覧です: 8、9月のうた その1:

« インフルエンザ感染マップ(8月中旬版) | トップページ | 成田駅 »