« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

6対4ぐらい

得票率は6対4ぐらいの感じですね。見た目ほどの差はないので鳩山代表が慎重な口振りなのは当然でしょう。身軽になった自民党がどう立て直すかが見物ではあります。

さしあたりは引っ越しがてらの大掃除がどこまでできるかが課題となりますね。一度全部動かしてほこりを払うと、随分すっきりするはずですが、実際にできるかどうかが大きな課題でしょう。透明度の高い信頼できる政府ができると、増税して財政を立て直す道も開けてくるのですが‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18.6℃

18.6℃
台風が北風を引き込んで気温が下がってますね。それにしても18.6℃とは8月とは思えない気温です。夜更かしの方もいらっしゃるかと思いますが、風邪やインフルエンザをひかないようお気をつけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

水源への旅 4 大連交通大学

水源への旅 4 大連交通大学
水源への旅 4 大連交通大学
「燃える道」から南西に向けてしばらく歩くと踏切りがありました。旅順に向かう線路です。外国人は鉄道では旅順に行けないらしいのですが、線路の横断は問題ありません。線路周辺には古さ尺度5強から6弱ぐらいの一段と古びた家が並んでいて、いよいよ郊外に来たなあと思っていたのですが、踏切りを渡るとすぐに6車線の大通りに出くわしました。「黄河路」と書いてあります。これが水源に向かうバスが走っている通りなんですね。えらく近代的な道でびっくりしました。

バス停を探してしばらく歩いていると、大学が見えてきました。大連交通大学です。もとは大連鉄道大学と言って車両の生産や修理を扱っていたそうですが、最近は理学一般や語学留学の学生も受け入れているそうで、日本からの学生も来ているとのこと。ちょうど12時を過ぎたところで学生さんが続々黄河路を渡ってこちらがわに歩いてきてました。

黄河路のこちら側には古さ尺度4〜5弱ぐらいの団地が建ち並んでいるのですが、団地の1階が食べ物屋さんがになっていて、路地に面して軒を連ねています。学生さんがたちはそこに昼ご飯を食べに来るのでした。試しに路地をのぞいてみると、色とりどりのテントの下に揚げ物や果物が並べられていたり、ご飯ものが食べられるように席が設けられたりしてました。ちょっとしたバザールのようです。中にはアニメ用品売り場みたいな所もあったりしていかにも学生街っぽかったです。

大学のHPには「近くに食堂も沢山あり」云々と書いてあるのですが、その食堂はここのことで日本の食堂街のイメージとはだいぶ違っています。日本からの留学生が知らずにくるとちょっと戸惑うかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

暑いけど‥

暑いけど‥
暑いけど‥
寒冷前線が南下してきてますね。昨日の帰りに、韓国上空で横断した前線でしょう。

昨日の大連は秋のような風がハタハタと吹き抜けてましたけど、今日の夕方前線が通過すると東京もあんな気温になるかもしれませんね。
(写真は昨日の朝の大連)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

水源への旅 3 燃える道

水源への旅 3 燃える道
何とか無事に帰ってきたところで続きを書きましょう。8月27日、大連水源への旅の続きです。

1元玉8枚を手に入れて勇躍再出発した訳ですが、水源に向かう705系統のバス停はこの付近にはなくて、とりあえず西に向かう黄河路という通りまで歩くことにしました。ただウォルマートを出た時に方向を見失ったらしく、現在位置がよく分かりません。太陽を頼りに西に向かって歩いていると工場があって行き止まり。左に折れて南に向かいます。

時刻は11:30ごろで工場からは続々と人が出てきました。お昼休みなのでしょう。皆さん青いシャツを来てらっしゃいます。向いに古い団地があって、そこでお昼ご飯を食べるようです。

そのまま南下を続けていると前方に炎が見えました。道路で何かが燃えています。油か何かがこぼれて燃えてるみたいで、反対側によけて通り過ぎましたが、特にまわりの人は気にする風情でもないようでした。回りは7段階評定で古さ尺度5くらいの住宅が並んでいて燃え移るとやばそうなのですが‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つきました

2時間遅れで出発して2時間遅れで無事つきました。天気は良かったので気持ちのよいフライトだったのですけどね。ちょいと疲れました。

ただ夕暮れどきの着陸はうっすら景色が見えるなか、蛍のような明かりがあちこちに瞬いてとっても綺麗でしたよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軍事演習

軍事演習をやってるとかで飛行機の出発が1時間半以上遅れるそうです。そんなのは飛行機に乗る前に言って欲しいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水源への旅 2

水源への旅 2
水源への旅 2
10:30、大連駅前から201系統の路面電車に乗って出発しました。これは2元の車両でいきなり1元玉を2個使ってしまいましたが、1元札を料金箱に入れてる人もいましたのでその点は一安心です。

冷房車なのですが窓からの日差しが暑くて汗がダラダラ出てきました。このあと歩くのでどこかで帽子を買った方が良さそうです。車内は賑やかで皆さん大きな声でお喋りをしています。携帯の画面に見入っている人は誰もいません。携帯でネットをみたりゲームをしたりという習慣はないようです。あとヘッドフォンステレオで音楽を聴いてる人もいませんでした。電器屋でもipodとか売ってるのを見掛けませんでしたし、そういう習慣もないようです。

20分ほどで201系統の終点着。ここは大連の第二の繁華街でデパートや百貨店が建ち並んでいます。帽子でも買おうとウォルマートに入ってみました。

例によって中央が吹き抜けになっていて5階まで売り場があるのですが、どうも帽子が見当たりません。地下にも売り場があるようなので降りて見ましたが、細かい店が無数に並んでいてまさにダンジョン状態。ファッション用品やらおもちゃやら介護用品やら海水浴用品やらごちゃごちゃ売られています。おそらく昔そこにあった商店街の店が収容されているのでしょう。

面白いのですがいつまでもダンジョン探検していても仕方ありません。帽子はあきらめて出発することにしました。途中、のどが渇いたので自動販売機に10元札を入れて2元のジュースを買ったところ、チャリンチャリンチャリンチャリンと音がして1元玉が8個出てきました。これだけあればほとんどバス乗り放題です。意外なところで重要アイテムが大量に手に入ったところで再出発です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水源へ旅1

水源へ旅1
水源へ旅1
大連の水源は地図上で街の西方6kmほどの所に見える湖だと思われました。ここからマーラー川という川が南東の方に流れだして星海公園付近で黄海に注いでいます。25日はマーラー川の下流で水質を調べたので今回は中流の水質をしらべながら水源までさかのぼってみようと思いました。全行程を歩くのは大変なので、途中まで(最初の○まで)路面電車でいき、あとは徒歩とバスで適宜いくことにします。

大連の路面電車やバスは大体1元(約15円)の均一料金で、乗ったときにチャリンと1元玉を先払いします。ただし冷房車は2元で乗ったときに入口脇にそう書いてあります。スイカのようなICカードもあってこちらの人はピッピやってることが多いのですが、それは売り場が分からなかったのでパス。従って1元玉を手に入れるのが最初のミッションです。

そう思ってなるべく端数のでる買い物をしていたのですが、1元玉の代わりに1元札でお釣がきたりなかなか難航しました。多分1元札でもいいんでしょうけど違ったら面倒なのでなるべく1元玉を揃えます。何とか4枚たまった所で出発です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

大連水源探検

大連水源探検
大連水源探検
今日は打って変わっていい天気になりました。予定通り大連の水源探検に行って、いま帰ってきた所です。10:30に出発してトラムと歩きとバスを乗り継いで、水源地についたのが14:30ごろ。一通り水質調査をしてバスに乗って帰ってきたのが16:00ごろ。

帰りはあっと言う間で、いまは太平洋百貨の喫茶店でアイスコーヒーを飲んでいるのですが、行きはRPG気分満載の旅でした。おいおい紹介していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

水質調査

水質調査
水質調査
大連の西を流れる馬椪川で水質調査をしてみました。上流が街の水源になっているためか流れがほとんどなくて澱んだ状態です。

一か所だけ水辺に降りられる所があったので紙コップにくんでみるとうっすら緑色に濁っていました。相当汚れているようです。パックテストのCOD検査キットには値が10mg/L以下用と10mg/L以上用があるのですが、以上用で計ってみることにしました。

チューブの半分まで水を吸い込んで待つこと5分。やはりCODは10mg/Lを越えているようです。13mg/Lまでは行ってないので11〜12mg/Lといったところでしょうか。先日計った多摩川の2倍程度、中国の基準で劣5類の水質になります。工業用水にも農業用水にも適さない水質ということになりますね。

今日は上流の水質を計りに行こうと思ったのですが、一日雨降りだったので駅前の百貨店巡りをしてました。明日天気が良ければ、水道の水源近くまで行って計ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨大立体アーケード街

巨大立体アーケード街
巨大立体アーケード街
川を渡って旧市街地を出外れた所で巨大な商業施設を発見しました。「和平広場」と書いてあります。

中に入ると4階建ての巨大な吹き抜けになっていて両側に店が並んでいました。去年鞍山に行ったときも同じような施設を見ましたが、そこには「従来の商店街を再開発して雨風が吹いても大丈夫になった」というような碑が立ってました。雨風をしのぐアーケードをつけた上でさらに店舗を立体化して、従来の小売り店を収容したのが鞍山の商業施設だったのですが、これもそのような成り立ちなのかもしれません。

ここは結構な賑わいで買い物客の他、快適な空間で時間を過ごす人達が集まってきているようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再開発地域

再開発地域
再開発地域
中山路を離れ平行して走る勝利路にいってみると、通り沿いに青いフェンスが張り巡らされていました。再開発予定地です。一筋裏に入ってみると、半分取り壊されて瓦礫の山と化していました。

大体、路地の入口には鉄の扉があってやたらに入れないようになっているのですが、ここは扉も撤去されていて中を見ることができます。ちょっと綺麗とは言えない世界ですね。メインストリート沿いの店も日本の感覚からするとかなりボロくて、改装中のガラクタの中で営業している店もあるぐらいですが、路地裏の一般の住居はとてもボロいと言わざるをえません。そんな訳で大連市当局は市街地の再開発を急ピッチで進めています。

それはいいのですが、ここに住んでた人たちがどこに行ったかは気になります。一斉にどこかに立ち退くというのは難しいでしょうから、再開発して高層化した団地に順次移ってもらって、人がいなくなった地区をまた再開発して‥といったことをしてるのかもしれません。言葉が分かるときいてみることもできるのですが、この辺は今回の限界ですね。

こんなことを中国全土でやってるわけで、59兆円の景気対策の多くも注ぎ込まれているのでしょう。日本にも増した超土建国家になっているのかもしれません。それにしても近代的な大連駅前から1キロほどの地点でこんな状況ですから、郊外からさらに農村にかけて近代化するにはまだまだ時間がかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大連街歩き

大連街歩き
大連街歩き
今日は朝から雨なので昨日の写真をのっけていきましょう。

昨日は駅から少し南下して労働公園という緑地を見学してから中山路と勝利路というメインストリートを行き来しながら西に向かって歩いていきました。駅前の一角はえらく近代的なのですが、少し離れるとメインストリート沿いといえども旧市街のおもむきになります。さらに一歩路地に入るとすっかり途上国の世界が広がっています。

中山路はプラタナスの並木が続くなかなか美しい通りです。通り沿いに5、6階建ての団地が建ち並び、そこの1階が店になっているところが多かったです。散髪や美容サロンのような店、医療関係品の販売店など地区ごとに似た業種の店が並んでました。客はというとほとんど入ってない店が多かったですね。やっていけるのかとも思いますが週末だとまた違うのでしょうか。

街路樹の並木の下に椅子を出して通りを眺めてる年配の方もあちこちで見掛けました。所々に人垣ができてると思ったら縁台将棋です。といっても中国将棋ですけどね。日本ではすっかり見掛けなくなった光景です。中にはトランプしてる人達もいましたが、大半は将棋でした。街中では大道将棋みたいに道行く人に詰め将棋を出題してるおじさんもいて、こちらも沢山人が群がってました。

労働公園でも歌の練習をしたり胡弓を弾いたりする人がいて、それを聴く人がとりまいてましたし、地域の人のつながりは今の日本よりもずっと密なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

大連探検

駅前から東に4kmほど歩いて大連ほぼ唯一の川で水質を調べ、路面電車とバスを乗り継いで帰ろうとしておかしな方向に行ってしまい、何とか帰りのバスを発見してホテルに戻ってきました。詳しくはのちほど〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅前交差点

駅前交差点
駅前交差点
駅前の交差点は例によって人が車を縫うようにして横断しています。初めてきた日本人がとりあえずびっくりする光景ですね。車がひっきりなしにクラクションを鳴らしてるのが10階の部屋にも響き渡っています。駅前の宿はそういう点では失敗かも‥

一応信号はあって大まかに車が動いたり止まったりしてるのですが、信号を気にしない人も車も沢山いるのでこんな光景になっています。ゲーム理論的にも興味がある現象ですし、中国の街で交差点の代わりにロータリーが多いのと関係があるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大連駅

大連駅
駅前のホテルなので窓から大連駅が見えます。ガスッてるのは天気がいまいちなのと空気が濁っているのと両方でしょう。

駅は2階が出発者の入口、1階が到着者の出口となっていて空港みたいな構造です。入口では手荷物のX線検査なんかもやっていて、空港さながらです。去年は大連駅から列車で瀋陽まで行って帰ってきましたが今回は遠出はしません。市内をあちこちみて回ってこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大連着

大連着
11:40(日本時間12:40)大連着です。インフルエンザの水際作戦をやっているようで、滞在先のホテルなんかをかかされました。いまや日本は新型インフルエンザの蔓延国ですからね。

どうやら携帯はそのまま使えるようなので書き込みを続けましょう。料金がどれぐらいかかっているかは分かりませんが‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発

出発
そんな訳で私も出発です。曇り空なのちょっと景色は期待できないかもしれませんね。ではまた金曜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8、9月のうた(その2)

8、9月のうた、あとの2曲はもう少し高い年齢層向けです。

『あさな ゆうな』は沖縄風のゆったりした調べです。やっと慣れた窮屈な靴を脱いで、あさな、ゆうな愛する人と波と風の音に身をゆだねる‥、そんな暮らしが歌われています。脱都会、自然と愛情に包まれた生活はカゼノトオリミチとも共通するモチーフですね。

舞台は沖縄なんでしょうけど、ファイナルファンタジーXに出て来るビサイド島の浜辺の風景が浮かんできてしょうがないのは、「ゆうな」という言葉のためでしょうか。

いきものがかりが歌う『YELL』(エール)は若者の応援歌です。唯一シリアスな短調のメロディで飛べない翼を抱えて孤独な道を歩もうとする若者にこう呼び掛けます。

 ♪さよならは悲しい言葉じゃない
 ♪それぞれの夢と僕らをつなぐエール!

「さよなら」は断絶を意味するのではなく、これまでの人間関係と新しい人間関係をつなぐ掛け橋だというのは素敵な歌詞ですね。『手紙』は自分から自分への応援歌でそれはそれで新鮮だったのですが、『YELL』は世界の広がりが感じられるところがいいです。卒業ソングとしてこちらも人気が出るのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月24日 (月)

成田駅

成田駅
そんなわけで明日から3泊4日で大連に行ってきます。9:45の飛行機なのですが、集合が7:45で結構早いので今日は成田駅前のリッチモンドホテルに泊まっています。じゃらんの割り引きで4500円。新しくて綺麗なホテルの割に安いですね。

ご飯たべがてらJRの成田駅と京成の成田駅のあたりをうろうろしてきました。9時すぎてたせいか、そもそもやってないのかシャッターの降りた店が並んでいて寂しい駅前でした。マクドナルドとかケンタッキーとかはあるんですけどね。ドトールは店仕舞いしてるし王将だけが賑わってました。

王将のカウンターはそれでも一杯だったので向かいの中華そば屋で冷やしつけ麺を食べてきたところです。中国に行く前に中華料理は避けたかったのですが。

食後に成田山の参道方面に少し探検に行ってみると、夜だけど団体らしき人達がチラホラ歩いてます。一つわき道に入ると大きな沖縄居酒屋やらワインバー、寿司屋、焼肉屋、創作居酒屋なんかが営業してました。この辺りが中心街なんですね。今回はご飯たべちゃいましたが今度くることがあったらこちらで食べるとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8、9月のうた その1

8月も終盤となり今クールのうたも折り返し点が近くなりました。

去年は『手紙』、一昨年は『夢人』(ゆめじん)と印象的なロングバージョン曲があった夏のクールですが、今年は全部ショートバージョンです。1クール4曲というのも最近では珍しいですね。これはこれでバラエティに富んでいて楽しいです。

『ひよこぐも』と『かつおぶしだよ人生は』の2曲は脱力系の作品です。特に

 ♪イモムシさん、僕よりのんびりね

なんて歌ってる『ひよこぐも』はスーパー脱力系というべきでしょう。

 ♪ふかふか〜 ねむねむ。

のところでは完全に音楽が止まっています。古来、みんなのうたのショートバージョンは短い時間に沢山の情報を伝えるためにアップテンポが基本なのですが、その伝統を覆す曲作りは大リーグボール3号以来の衝撃です。

その点『かつおぶしだよ人生は』はノリのいいアップテンポで、由緒正しい正統派みんなのうたといえるでしょう。

 ♪猫に生まれて良かったよ〜

という演歌調の歌いだしも耳にすっと入ってきますが、人間は猫の手も借りたいといってるくせに

 ♪貸してくれよと頼んでこない〜

というくだりで、ちょっと人間を皮肉って社会批評をするのかなと思いきや

 ♪それでそれでいいんだよ

といきなり全肯定に転じ

 ♪かつおぶしだよ人生は〜

と良く分からないタイトルを歌い上げる凝ったつくりになっています。まあ、ナンセンス系脱力ソングと言っていいかと思いますが、短い中での二転三転するつくりが21世紀仕様と言えるでしょうか。なかなか好きな作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

インフルエンザ感染マップ(8月中旬版)

Photo 新型インフルエンザの1医療機関あたりの受診数が1人を超えて「流行期」に入ってきたようです。国立感染症研究所のデータを使って、感染の地理上の広がりを見てみましょう。

図は、2009年8月10日~16日に医療機関を受診した人数を1医療機関あたりで示したものです。沖縄が29.6人で飛びぬけて多いのですが、その他の県でも1人を超えているところが25都府県となっています。

5~6月の時点で何箇所か集団感染が見られた関西や関東では受診数が依然として高く、感染が持続しています。それに加えて北関東や南東北、中部地方や四国南部にも広がりが見られます。関西や関東は海外や沖縄への旅客が多いため、ウイルスが持続的に流入しているのかもしれません。北関東や中部、南四国はおそらく関西、関東からさらに広まったものののでしょう。今のところ、北海道、東北や九州は多くないのですが、今後はじわじわ広がっていくのではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

遠くから‥

コーランのような声がしてるなあと思っていたら、どうやら味の素スタジアムで何かのコンサートやってるっぽいですね。いつだったかSMAPのコンサートやってたときは京王線が乗り切れないほど混んでてひどい目に会いました。今日は調布にいくのは考えものかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パックテスト

パックテスト
共立理化学研究所が発売している簡易水質検査キットの「パックテスト」を東急ハンズの夏休みの宿題コーナーでみかけたので買ってみました。いくつか種類があるのですが、今回買ったのは「川の水検査セット」という環境調査用のキットです。

これは水中の大まかな栄養塩濃度を示すCOD(化学的酸素要求量)、アンモニウム性窒素(NH4性窒素)、亜硝酸性窒素(NO2性窒素)、硝酸性窒素(NO3性窒素)、リン酸性リン(PO4性リン)の5つの濃度を測るもので、それぞれを測るチューブが2本ずつと説明書、反応色対照表が入っていました。水の大まかな汚れ具合を示すCODと汚れの内訳を各種の窒素とリンの濃度でしることのできるキットです。検査2回分で1860円也。ちと高いですが5回分で6300円という「お徳用」も発売されているようです。

そんなわけで今日の夕方、多摩川の水質検査に行ってきました。小さなバケツに川の水をくんで、それを5つの小さな紙コップにわけ、それぞれから検査用チューブに水を吸い込みます。「チューブの半分まで吸い込んで所定の時間待って下さい」とのことでまずCODから始めました。

チューブの中に過マンガン酸カリウムの試薬が少量入っています。チューブ先端の緑のピンを抜いて空気を少し抜いてから川の水をチューッと吸い込むとたちまちピンク色になりました。おっ!と思っているとだんだん色が薄くなっていきます。水中の栄養塩を酸化して過マンガン酸カリウムが減っているのでしょう。水温30℃で反応時間4分とのことなので、4分後の色を対照表と比べるとほとんど色がない6mg/Lのものとほぼ一致しました。COD6mg/L(=6ppm)と判定できます。

ちなみに日本の河川の水質基準では

 BOD1mg/L=AA 水道1級
 BOD2mg/L=A 水産1級
 BOD3mg/L=B 水産2級
 BOD5mg/L=C 工業1級
 BOD8mg/L=D 農業用水
 BOD10mg/L=E

となっています。BOD(生物化学的酸素要求量)とCODは若干違うのですが河川ではおおむね同じとすると、聖蹟付近の多摩川はC~D評価、工業用水か農業用水向けの水質ということになりますね。見た目はそこそこ綺麗な多摩川ですが水質はそんなによい訳ではなさそうです。

次に汚れの内訳を測定します。まず窒素ですが

 NH4性窒素=0.2mg/L
 NO2性窒素=0.02mg/L
 NO3性窒素=0.4mg/L

ということで主力は硝酸性窒素(NO3性窒素)であることが判明しました。窒素は汚染源に近い所ではアンモニウム性窒素(NH4性窒素)で、川を流れ下るにつれて酸化されてNO2性窒素からNO3性窒素に変わって行くのですが、NO3性窒素が主力ということは、汚染源が比較的遠くにあることを示しています。あるいは測定地の1kmほど上流にクリーンセンター(下水処理場)がいくつかあるのでそこから硝酸性窒素が流れ込んでいるのかもしれません。

リンについてはリン酸性リン(PO4性リン)が0.2mg/Lでリンとしては比較的濃いめでした。下水処理水や肥料の流入の影響かもしれません。

そんな訳でぱっと目で見るだけでは分からないことがあれこれ分かるのは面白いですね。来週は中国に行くので機会があれば水質の測定をやってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

山椒太夫

山椒太夫
山椒太夫
由良に行ったとき、山椒太夫の首挽き松というのを見てきました。「山椒太夫」というのは新潟で拉致された安寿と厨子王というきょうだいが、由良の人買い山椒太夫に買われて強制労働させられるというひどいお話で、弟の厨子王を逃がした姉の安寿が拷問の末殺されたのがこの松ということのようです。

逃げ出した厨子王は色々な人と姉の魂に助けられながら母親に再会し、山椒太夫は告発されて死刑になるというのが後半の展開で、こちらの方に物語の重点があるわけですが、その前提となる前半のクライマックスがこの場所ということになりますね。由良にはあちこちに山椒太夫ゆかりの地があって地域の観光資源になっています。ただ、話がむご過ぎるためか山椒太夫Tシャツとか安寿姫キーホルダーとかは作られてないようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

経済社会データランキング

明治大学国際日本学部の鈴木研究室が「経済社会データランキング」というのをつくっています。http://www.kisc.meiji.ac.jp/cgi-isc/cgiwrap/~kenjisuz/index.cgi?LG=j#ee

これはなかなか面白いですね。人口・家族・経済・環境・エネルギー・ビジネス・労働・教育・スポーツ・情報・技術・公共部門・社会問題・健康・食物・価値意識の16分野268項目について、国別のランキングと国ごとの各部門の値がみられるようになっています。

さらにウェブ上で2次元の散布図をつくったり相関係数を求めたりもできるようになっていました。データをコピーして自分で散布図をつくることもできるのですが、ちょっと関連を見たいときには便利そうです。ここでもときどき中身を紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

捨てないで‥

捨てないで‥
なかなか真に迫った悲しみかたをする猫が描かれていました。よほど捨て猫が多いのでしょうけど、どこからここまで捨てにくるのでしょう?

関係ないですが猫と描は字面がにてますね。なんか関係があるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン
秋の花、ツリガネニンジンも咲きかけていました。季節の進みが速いといえば速いのでしょう。

キキョウ科の多年草で根が朝鮮人参の根に似てるのだそうです。春先の若芽はトトキと言って美味しい山菜になるとありましたが、花が咲いてないとツリガネニンジンだってなかなか分かんないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センニンソウ

センニンソウ
由良に海水浴に来ています。ただ、最高気温が27℃で水温も低く水につかっているとガクガク震えるほどだったので、早めに引き上げて近所の探検をしてました。

山の入口で見掛けたのがセンニンソウ。漢字では仙人草で長いつるに白い花が霞みがたなびくように咲くさまからの連想でしょうか。クレマチスと同じくキンポウゲ科の多年草で、キンポウゲ科の基本戦略通り草食動物に食べられないように全身を毒で武装しています。この仙人はちょっと食わせ物ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

24℃

ただいま京都に向かう新幹線の中です。20:10姫路行きののぞみですが驚くほど空いてます。お盆の帰省のピークは過ぎたんでしょうね。

空いてるのはいいのですが冷房が利きすぎて寒いくらいです。現在の気温は24℃。ホットコーヒー飲んで登山用のジャケットを羽織りました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

八丈島か…

今度は八丈島で震度5弱だそうです。今のは初期微動が短かったので近いなと思ったのですが、それでも伊豆諸島でしたね。

それにしても地震が多い‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

収納力削減作戦

恒例の夏の大掃除をしています。冬は寒くてあんまりやりたくないので夏にやるのですが、今年は全体に涼しくて捗りますね。

今年のテーマは「収納力削減」。これまでカラーボックスだの収納トレイだのを投入して収納力を増やしてきたのですが、結果としていらないものが増える一方になっていました。そこで今年から収納力を減らして物減らしを図ることにしました。といってもカラーボックスを捨てるのは厄介なので、トレイや書類立てのような収納補助具をポイポイ捨てています。多少うちの中がすっきりしてきたでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被害は?

特に大きな被害の情報は入ってこないのですが、本当に大きな被害はなかったのでしょうか。だったらいいのですが‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マグニチュード6.6

11日5時07分頃発生
規模 マグニチュード6.6
震源地駿河湾(御前崎の北東40km付近)
(北緯34.8度 東経138.5度 深さ20km)

だそうです。阪神大震災(マグニチュード6.9)の1/3ほどのエネルギー規模ですね。大きいです。5時7分という数字も阪神地震を思い出させますが被害情報はまだ入ってきません。東名高速や東海道線は止まっているようですが‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海地震?

こちらでも震度3〜4ぐらいでしたが、静岡で震度6弱だそうです。大丈夫でしょうか。心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

ひえひえマット

ひえひえマット
少し暑くなってきたので、池袋ロフト11階のひんやりグッズ売り場で「ひえひえマット」というのを買ってきました。30℃を越えると融解して熱を奪う素材が入っているとかで、確かに触るとひんやりします。タオルを乗せて枕にするといいらしいので試してみようと思います。中材の成分表示を見てて「過酸化ストロンチウム」という文字が目に入ったのがやや気になりますが‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運転中の携帯メール17州で禁止

>米イリノイ州で6日、車両を運転中に携帯メールの送受信を禁止する交通法修正案にクイン知事が署名、法案が成立した。米国では、運転中の携帯メールを禁止した17番目の州となった。

>携帯電話をつかったメールの作成や送信などが禁止されるが、車を停止させた状態では構わない。また、事故の報告や緊急のためのメール送信は可能となっている。違反した場合は罰金が言い渡される。

>米国では7月にオレゴン州とニューハンプシャー州が運転中の携帯メールを禁止した。このほかにも、首都ワシントンやバージニア州、ユタ州、カリフォルニア州、ニュージャージー州などでもすでに禁止となっている。(CNNモバイル)

17州で禁止ということは残り33州では車を運転しながら携帯でメールを打ってもよいということになりますね。えらく物騒な話ですが、もしかしたら禁止するまでもなく常識として運転しながらメールする人はいないので、規制する必要がないのかもしれません。

ただ17州で禁止されたということは、運転しながらメールをする人が少なからずいることを暗示しますので、やっぱり他の州でもそういう人はいるのでしょう。にもかかわらず規制されないのは、運転中メールを擁護する人が沢山いるのかもしれません。どんな人がどんな理由で擁護するのか気になる記事ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

夏の日差し

夏の日差し
雑草の生えた道に夏の日差しが照り付けています。気温は32℃。プールでも行きたい陽気でようやく夏って感じですね。

これぐらいの気温だと暑すぎないで夏の風情が味わえます。昔の夏もこんなもんだったんじゃないかと思って1977年前後の8月の最高気温を調べてみると35℃を越えることはめったになくて、やはり30℃代前半が多かったようです。35℃を越えるのは勘弁して欲しいですが、この程度の気温がしばらく続いて農作物や夏商品を扱う皆さんに恵みとなって欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲城ウォーキング

京王相模原線の稲城駅から京王よみうりランド駅まで歩いてきました。

稲城駅って初めて降りましたが結構大きな駅ですね。すぐ後ろに緑地が広がっていて武蔵野線の延長の貨物線も見え隠れしています。よみうりランド駅に向かって歩きだすと、多摩川方面に向かって市街地が広がっているのが見渡せました。

線路に沿って東に向かうとブドウ畑や梨園が姿をあらわしました。梨が稲城の特産らしいですね。至るところに、特産の梨栽培のためにご理解とご協力を呼び掛ける掲示がありました。曰く、梨の大敵カイガラムシの発生を防ぐためにカイヅカイブキを庭木に植えないで欲しい、やむを得ず農薬を撒くこともあるのでご理解を、近くに車をとめておくと農薬がかかるかもしれないので、農場付近に駐車しないで欲しい‥

なかなか街中で梨を栽培するというのは大変そうです。すでに袋かけされた実が沢山なっていて、秋の収穫を待っていました。

稲城三中、矢野口の住宅街を抜けると京王よみうりランド駅です。わざわざ「京王」とつくのは山向こうに小田急の読売ランド前駅があるからで、むかーし小田急の駅にいくはずが、京王の駅に間違って行ってしまったこともありました。結構距離があって間違うと不便なんですよね。

小学生のころの翼くんや日向くんが激戦を繰り広げたとされるよみうりランドには、ロープウェイで5分ほどで登れます。今日はそちらには行かずに、立花兄弟がホームの向こうとこちらでパスを交わしていたよみうりランド駅から電車で帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

正直者は馬鹿をみるか その2

目の前にいる人に貢献する<見える貢献>と、目の前にはいない人々に貢献する<見えない貢献>について、それぞれをする人としない人の利得を比較してみましょう。

今回は利得として、一ヶ月に自由に使えるお金、アルバイトによる収入、友人の数を測定しています。経済的な利得と社会的な利得の指標としてきいてみました。それぞれの単純集計は次の通りです。

 Q あなたは1ヶ月自由に使えるお金はどの程度ありますか

  1万円未満        8%
  1万円~2万円   22%
  2万円~4万円   31%
  4万円~7万円   25%
  7万円~10万円    9%
  10万円以上       5%
 (平均 4.1万円  標準偏差 2.9万円)

 Q アルバイトによる1ヶ月の収入は何円ぐらいですか。
 
  していない      31%    
  2万円未満     1%
  2~4万円      8%
  4~6万円    18%
  6~8万円    18%
  8~10万円   14%
  10~15万円    7%
  15~20万円    1%
  20万円以上    2%
 (平均 7.4万円  標準偏差 3.9万円)

 Q あなたは日頃から付き合いのある友人が何人ぐらいいますか。            
  0~2人     8%
  2~5人     30%
  5~10人    36%
  10~15人   16%
  15~20人    6% 
  20~30人    4%
  30~50人    0%
  それ以上    1%
 (平均 8.5人  標準偏差 7.7人)

1ヶ月に自由に使えるお金(可処分所得)は2~4万円という学生が最大ですが、平均は4.1万円となっています。アルバイトは69%の学生がやっていて収入は、4~6万円、6~8万円という学生がともに18%で最大となっています。中には20万円以上という学生もいて、平均は7.4万円でした。ちなみにアルバイトをしていない学生を含めて計算すると、平均アルバイト収入は5.1万円となります。このうち1万円を生活費などに回して、4万円強を可処分所得にするのがおおまかな学生の所得構造になりますね。

友人の数は5~10人が最大で36%、2~5人が次に多くて30%となっています。10人未満という学生が7割強を占めていて、この程度の人数が主な交友範囲といえそうです。

これらの経済的、社会的利得は<見える貢献>や<見えない貢献>の高低によって違いがあるのでしょうか。<見える貢献>として、「お年寄りに席を譲る」「困ってる人に声をかける」「何か社会に役立ちたい」の4点尺度の平均(α=0.66)、<見えない貢献>として、「献血する」「募金する」「冷房を控える」「使い捨て製品は避ける」の4点尺度の平均(α=0.61)をとり、可処分所得、アルバイト収入、友人の数との相関係数を求めてみると

         見える貢献  見えない貢献
  ----------------------
  可処分所得   0.02      0.02
  バイト収入     0.00      -0.01 
  友人の数     0.17*      0.15*

となり、友人の数とのみ有意な相関がみられました。どうも社会貢献意識や社会貢献行動と経済的な利得とは関連がないようです。一方、社会的な利得である友人の数とは相関がありましたので、<見える貢献>、<見えない貢献>の得点でサンプルを高、中、低に三分割して友人の数を比較してみました。その結果は次の通りです。(友人数の平均±標準偏差を示す)

        見える貢献   見えない貢献
 ----------------------
    高   10.7±10.4人  10.0± 9.9人
    中    8.0± 6.8人   7.9± 5.4人
    低    7.1± 5.3人   7.5± 5.9人

標準偏差がかなり大きいので明瞭な結果ではありませんが、危険率10%程度で有意な違いが見られました。<見える貢献>については、貢献度の高い人は低い人より平均して3.6人、友人の数が多くなっています。<見えない貢献>については平均して2.5人の増加ですから、見える貢献の方が友人を増やす効果が若干大きいようです。

友人の数というのは、社会的なネットワークの大きさを示す指標で、楽しみの大きさや情報の多様性、困ったときのサポートの大きさと関連をします。サポートは受けることもあれば提供することもあるので差し引きの収支は自明ではありませんが、困ったときにサポートを受ける利益は一般にかなり大きいものですからまあプラスと考えられるでしょう。社会的な貢献性の高い人はこれらの利益を低い人に比べて友人3人分ほどたくさん享受できるといえそうですね。

友人の数の違いは選択的相互作用という観点から説明できそうな気がしますが、その辺は今後の課題としてさしあたり分かったことをまとめてみますと、社会的な貢献性の高い人は低い人に比べて経済的には損でも得でもありません。その意味では貢献のコストを埋め合わせる利益もありませんので「正直者は馬鹿を見る」といえるかもしれません。ただ、社会的な利得という点では友人と言う無形の財産を3人分ほど多く獲得できますので「正直者が必ずしも馬鹿をみるとは限らない」ということができそうです。

なお、見える貢献と見えない貢献の違いは利得についてはほとんど見られませんでした。友人の数について見える貢献の効果が若干大きかったので、見える貢献が社会的利得の増加を通じて見えない貢献の維持に結びついているという図式を描けるかもしれませんが、統計的に検証できるほどの違いではありませんので、その辺も今後の課題となりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

もう秋雨?

もう秋雨?
関西地方の梅雨が開けたばかりですが、明日からは秋雨のような天気になるそうです。単に立秋前は梅雨と呼んで、立秋過ぎると秋雨と呼び名が変わるだけのような気もします。エルニーニョの年ってこんなんでしたっけね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

赤字日本一の空港

赤字幅が日本一の空港って福岡空港なんですね。知りませんでした。収益107億円、費用174億円で67億円の赤字です(06年度。以下同様)。

2位は那覇空港の55億円、3位が新潟空港の23億円ですから福岡と那覇が突出しています。主な原因は福岡で83億円、那覇で39億円に上る空港の土地の借賃で都市の中心に近いため割高なのだそうです。

確かに福岡空港は博多駅から地下鉄で10分ぐらいで、成田は論外として羽田よりも遥かに便利な場所で助かるのですが、駅前空港の代償として家賃が経営を圧迫しているのですね。「便利賃」として着陸料を1.5倍くらいに増やして、その分を利用者料金に転嫁してもあの近さなら私は納得しますが、なかなかそうもいかないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

ムーンフラワー

ムーンフラワー
夕方は大輪の夕顔が毎日咲くようになりました。珍しい花というイメージがあったんですけどね。身近に楽しませてもらってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

日本朝顔

日本朝顔
2年前に植えてた日本朝顔もこぼれ種から発芽して咲きました。この色合いもいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6、7月のうた

という訳で7月も終わりました。授業が伸びたお陰で毎年6、7月のうたはコメントしないまま終わるのが恒例になってしまってます。去年の『この世界に』や『モルダウ』、何年か前の『チグエソ』とかこの時期もいい曲をやってるのですが、コメントをつけたのは『おしりかじり虫』だけだったり‥

今年の6、7月のうたで印象に残ったのはしいなりんごさんの歌う『二人ぼっち時間』でしょうか。お洒落な曲調と漆原教授みたいなキャラクターが出て来る人形劇が好きでした。バックのアニメが妙にレトロなんですよね。『林檎のうた』より気に入ったかもしれません。

遊佐未森さんの『I'm here with you』は環境ソングというよりは環境音楽といった趣でしたね。『クロ』ほどのインパクトはないのですが、じんわり気持ちよく聴ける曲でした。「あなた」こと地球に寄り添う気持ちがどの程度伝えられたでしょうか。

『無敵のじいちゃん』は、おじいちゃんって呼んでも返事がなかったり、おばあちゃんの国へ一人で行っちゃたりするみんなのうた界のおじいちゃんの中では異色の、筋肉ムキムキじいちゃんでした。まあ、福島さんのアニメを見る限りではかなり無理もされてるようですが。この20年ほどのおじいちゃん像の変化を反映しているのでしょうか。映像はアスタルエゴ調の由緒正しい福島アニメでダイアモンドの瞳がギラギラしています。

今日から8、9月のうたが始まるのですが何をやるのかさっぱり把握してません。予備知識なしでいきなり聴いてみるのもまた楽しからずやということにしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »