« 「草燃える」復活 ! | トップページ | ベイズ統計の勉強 »

2010年2月10日 (水)

信頼の低下(WVS2波~5波より)

1 Switzerland 11%
2 Norway 9%
3 Germany 5%
4 Brazil 3%
5 Sweden 2%
6 Slovenia 1%
7 Japan -3%
8 Finland -4%
9 France -4%
10 Italy -5%
11 Turkey -5%
12 Argentina -6%
13 Republic of Korea -6%
14 China -8%
15 Netherlands -8%
16 Bulgaria -8%
17 South Africa -10%
18 Canada -10%
19 Chile -10%
20 Russian Federation -11%
21 India -12%
22 United States -12%
23 Poland -13%
24 Great Britain -13%
25 Spain -14%
26 Mexico -18%

Photo

WVS(世界価値観調査)のデータを用いて一般信頼 の変化を調べてみました。WVSは1波(1981-84) 、2波(1989-93)、3波(1994-99)、4波 (1999-04)、5波(2006-09)の5波にわたって 行われてますので、最長で1波~5波の25年にわ たる変化を見ることができます。ただ1波は実施されている国が少なく、1派と5 波の両方が実施されている国は13カ国しかありま せん。2波と5波ですと26カ国で変化が見れます ので、上では2波と5波の間、15年ほどの間の一 般信頼の変化についてランキングを作成してみま した。

一見してわかるのは多くの国で一般信頼の数値が 低下していることです。スイスやノルウェイのよ うに、10ポイント前後増えている国もあるのです が、アメリカ、ロシア(2波当時はソ連ですが) 、イギリス、スペイン、インド、メキシコといっ た国々では10ポイント以上低下しています。5ポ イント以上増えた国が3カ国であるのに対し、5 ポイント以上減っている国は17カ国にのぼり、世 界全体では一般信頼は低下の傾向にあるといえる でしょう。

26カ国全体では6ポイントほどの減少で、これが 温室効果ガスだったら結構な話なのですが、人々 一般に対する信頼が世界的に失われてきていると いうのは困ったことです。ちなみに日本は3ポイ ントの減少で、誤差の範囲といってもいい数値で すが、主要な国々では有意に大きく下がっていま す。その原因は何なのか、その中でもスイスやノ ルウェイというもともと一般信頼の高い国々がさ らに増えているのはなぜなのか。そこら辺を探っ ていくことが低信頼の国と高信頼の国があること のなぞを解く鍵にもなりそうです。

|

« 「草燃える」復活 ! | トップページ | ベイズ統計の勉強 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/47529267

この記事へのトラックバック一覧です: 信頼の低下(WVS2波~5波より):

« 「草燃える」復活 ! | トップページ | ベイズ統計の勉強 »