« 水無月 | トップページ | 【ゲゲゲの女房】 第57話 電光石火 »

2010年6月 1日 (火)

【ゲゲゲの女房】 第56話 それはいかんじゃろ

中森さんは家賃を半分払って大阪に帰って行きました。商売道具を売り払って旅費をつくったというのに、家賃まで‥。いいひとすぎますね。また、登場してほしいものです。

おめでたを言いそびれてる布美枝さんに美智子さん、さとし君を産んだ時のエピソードを。戦時中の苦しいときなのに、旦那さん、軍鶏を調達してきてくれたそうです。つらいなかでの優しいエピソードに勇気づけられ布美枝さん、茂さんに「子供ができたんです」とようやく告げることができました。しかし‥

 「子供は大変じゃ」

茂さんそれだけ言って漫画の仕事にもどってしまいました。先行き不安でとにかく仕事しなければ、ということなのでしょうけどさすがにそれはいかんでしょう。いくらなんでも布美枝さん可哀想です。翌日、赤羽の姉の家に出掛けるとき、子供の漫画でも書いてわたすのかと思ったらそれもなし。しばらく話ができないうちに、行き違いが大きくなるんじゃないでしょうか。お姉さんに引きとめられて赤羽から当分帰ってこなかったりして。

|

« 水無月 | トップページ | 【ゲゲゲの女房】 第57話 電光石火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/48514321

この記事へのトラックバック一覧です: 【ゲゲゲの女房】 第56話 それはいかんじゃろ:

« 水無月 | トップページ | 【ゲゲゲの女房】 第57話 電光石火 »