« 【ゲゲゲの女房】 第91話 テレビより面白いもの | トップページ | 19.7℃ »

2010年7月13日 (火)

【ゲゲゲの女房】 第92話 テレビくん

テレビより面白いものを描くために茂さん有り金はたいてテレビを買ってきました。先日のお兄さんとの会話で白黒テレビ7万円とか言ってましたから、質流れ品でも4、5万円したことでしょう。今の20~30万円ぐらいに当たるでしょうか。

コンセントをつないで室内アンテナ立てて、当時のテレビは簡単です。早速、ブーフーウーが映ってました。懐かしいですね。藍子ちゃんが早速見入ってました。やはりテレビには子供の心を捉える効果があるようです。NHKの番組だと気軽に映せますが、ラーメンのコマーシャルは架空の作品かもしれません。なんせ茂さんが中に入り込んでラーメンをすすってましたから。

物欲を刺激するコマーシャル。これを反復呈示するメディアとなることでテレビの民間放送は持続可能性を獲得しました。テレビの中にはおもちゃやらご馳走やら子供たちには簡単に手の届かない沢山の欲求が山積みされています。これに、自由にアクセスすることができたら・・。テレビに入り込んでどこでもいけるし何でも手に入る代わりに(多分)危険な目にもあるキャラクター「テレビくん」の着想はこうして生まれました。テレビをどこでもドアやドラえもんのポケットに見立てるアイディアで秀逸ですね。テレビを買ってすぐにテレビの本質を見抜き、それを漫画のアイディアにまで高めていく。茂さん、さすがです。天才といっていいでしょう。

5日後、再訪した少年ランド編集の豊川さんも喜びました。

 「いいですね。テレビくんは子供たちのヒーローです!」

しかし、茂さんはここで固まってしまいます。ヒーロー? テレビの中で物欲を満たすだけのテレビくんがヒーロー? ヒーローというには確かに何かが足りないようです。正義のヒーローではなくてもいいのですが、何か世界観のようなものが必要かもしれません。一体なにが必要なのか。茂さんは、藍子ちゃんにそのヒントを見つけたようです。なんなのでしょうか。とても気になりますね。

|

« 【ゲゲゲの女房】 第91話 テレビより面白いもの | トップページ | 19.7℃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/48867119

この記事へのトラックバック一覧です: 【ゲゲゲの女房】 第92話 テレビくん:

« 【ゲゲゲの女房】 第91話 テレビより面白いもの | トップページ | 19.7℃ »