« 人身事故 | トップページ | 日本のコホート別信頼 »

2010年9月13日 (月)

【ゲゲゲの女房】 第145話 祝!教員採用試験合格!!

藍子ちゃん、見事教員採用試験に合格しました。おめでとうございます! 劇中では誰にもお祝いしてもらえず気の毒なので、ここでお祝いさせてもらいましょう。

茂さんは藍子ちゃんに跡をつがせるつもりなので教員になるのは反対です。「辞退させよう」とか言い出す始末です。俺が養ってるんだから俺の言うことを聞け。少しぐらいがんばったかもしれんが俺の方ががんばっとる。俺は生きとるもんには同情せんのだ。この辺が茂さんの言い分でしょうか。

藍子ちゃんが中学生のときに点々を打つ修行をさせたのや、高校生のときにアニメーターの大変さを話して聞かせたのは、仕事の大変さを伝えて本当にそれをやりたいのかを考えさせる上で必要なことでした。今回も教員採用試験を受けたいというのだから受けさせて、その道の厳しさを体験させよう。やるだけやれば自分でも納得するだろう。

これも良く分かるのですが、ところが実際には受かってしまいました。その場合どうするかを多分全く考えてなかったんですね。それで慌ててしまった、という布美枝さんの見立ては正解なのでしょう。子供が想定外のがんばりを見せたときに親はどうするか。これは茂さんに突きつけられた課題です。

「跡を継がせるために合格を辞退させる」というのは100%親の都合で、「藍子ちゃんのため」という視点が全く入っていません。これでは藍子ちゃんを説得することは到底できないでしょう。育ててやった恩を盾に縛ろうとしても、成人した子供は出て行くだけです。ならばどうするか。

同じような課題に何度も直面した源兵衛さんが上京してきます。親とは何か。そんなテーマが二人の間で語られるんではないでしょうか。今週は茂さんの成長物語になりそうな予感がします。人生、いくつになっても勉強です。<支える>生き方を貫いてきたみやこさんからはどんなメッセージが送られるのでしょう。

それにしても藍子ちゃん、成長しましたね。小学生のころはあんなに頼りなかったのに、いつの間にか加納さんやいずみちゃんみたいなことを言うようになって。今なら赤木さんとも渡り合えそうです。加納さんの生き方も大変ですけど、まずは独立への第一歩を踏み出しました。

|

« 人身事故 | トップページ | 日本のコホート別信頼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/49434349

この記事へのトラックバック一覧です: 【ゲゲゲの女房】 第145話 祝!教員採用試験合格!!:

« 人身事故 | トップページ | 日本のコホート別信頼 »