« [てっぱん] 第14話 就職 | トップページ | やっぱり暑い »

2010年10月13日 (水)

[てっぱん] 第15話 開かずの間


「開かずの間みたいな人や」

心に鍵をかけたように無愛想なミクばあさん。ジェシカさん、よっぽど苦手なのでしょう。でもあかりちゃんが転がりこんできて、ウキウキしてるようにも見えますね。

田中荘の開かずの間の謎解きをしばらくやるのかと思っていたら、あっさり鍵が開きました。お好み焼きの鉄板、「千春」の文字を染めたのぼり。ミクばあさん、お好み焼き屋をやっていたようです。

娘の名をつけた店は、千春さんが出て行くとともに「開かずの間」と化したのでしょう。それから21年。店と心の開かずの間を開きに孫がやってきた、という構図なのですね。ただ、ミクばあさんの心を開くのは容易なことではなさそうです。

|

« [てっぱん] 第14話 就職 | トップページ | やっぱり暑い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/49729107

この記事へのトラックバック一覧です: [てっぱん] 第15話 開かずの間:

« [てっぱん] 第14話 就職 | トップページ | やっぱり暑い »