« [てっぱん] 第7話 帰ってきたトランペット | トップページ | 1962年4,5月のうた »

2010年10月 5日 (火)

[てっぱん] 第8話 時間の扉

だんだん過去の様子が分かってきましたね。錠父さんと隆円住職が真知子母さんを巡って恋仲だったこと。千春さんがはじめて尾道にきたときにはすでに妊娠していたこと。

ミクばあさんの家を飛び出して飲まず食わずでたどり着いたのでしょうか。ほとんど一文無しで。それまで大阪にいたとするとあかりちゃんのお父さんは大阪の人って可能性が高そうですね。

血縁のある家族でも、家族を「演じる」こと無しには家族として回っていかないものです。血縁がなくても協力しあって生きるステップファミリーもたくさんいらっしゃいます。これまで通り家族を演じ続けることも、(おそらく)劇的な事実を知った上で演じなおすこともそれぞれありうる選択肢でしょう。

演じ続けようとするあかりと錠父さん。演じなおそうとする鉄兄ぃと真知子母さん。それぞれ一理あるなかでどう折り合いをつけていくのでしょうか。

|

« [てっぱん] 第7話 帰ってきたトランペット | トップページ | 1962年4,5月のうた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/49654257

この記事へのトラックバック一覧です: [てっぱん] 第8話 時間の扉:

« [てっぱん] 第7話 帰ってきたトランペット | トップページ | 1962年4,5月のうた »