« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

あんずジャム

00970779-6E91-4082-9253-5400A7948D87

みすゞ飴本舗で買ってきたあんずジャム、毎日頂いてます。さすがにあんずの味が鮮やかで、普通の食パンが豪華な味わいになりますね。

ビン一杯にたっぷりあるのでなかなか減りません。すもものジャムも控えているのですが、出番はしばらく先になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

房総沖通過

EEE1416F-08BD-4FF0-8CA0-2AA45E875070

強い雨雲は房総沖を通過する模様です。まずは一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風接近

6F7BF231-1990-46C2-A46E-6C674B09515E

3488DAEB-0F28-4A66-AE7D-A0C057D175CE

関東地方には今晩最接近します。明日は晴れて暖かくなるらしいので今日は大人しくしてましょう。

C6C2234D-AC6F-4B0D-A11E-C26103A8EC8C

それにしてもまだ太平洋高気圧が勢力をもってるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

冬物発進!

という訳で冬物一式引っ張り出しました。これであと10度下がっても大丈夫です。

入れ替わりにしまった夏物が必要にならないかというのが、気がかりではありますが・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8.6度

80D2F71B-DADA-431E-BE77-852D26D1CE24

D6004181-2B02-44C1-A8A0-E5279ED463B8

CC29244C-65D8-4BC0-85C2-DB2B0EC5D23F

今の気温が8.6度ですね。一気に寒くなりました。寒気の中心は去りつつありますが、しばらく冷たい空気に覆われそうな天気図ですね。

台風14号の雲が掛かって寒いなかで雨が降る展開です。週末、台風が近づくと暖かい雨になるかもしれませんがどうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンパスグラス

87D83044-664B-4680-A1B5-3D1F666826EC

昭和記念公園でパンパスグラスが風になびいていました。明治の中頃、アルゼンチンのから渡来したといわれます。マルコ少年はこれが群生する中、遥かな北を目指したのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

青空の記憶

7B793EE4-688D-4E32-BCD8-3B7DDA110365

さっきまで凄く綺麗な青空でした。今はすっかり曇ってしまったので、とても昔の話に感じられますが。

綺麗な青空を見ると妙に懐かしい気がするのは、昔は青空が多かったせいなんでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

今年も街までやってきた

F089BEB2-645B-4816-9884-44DBA0FAC8E1

24E33788-9A74-4208-A057-B9F5F83B290A

さっき建物を出ると北風がびゅんびゅんと吹いてました。木枯らし1号のようです。暑かった今年も順調にやってきましたね。去年は11月2日でしたから1週間ほど早いおでましです。

上空の寒気が通過する明日がピークで明後日にはおさまるようです。どうぞ気を付けてお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大松りんご園

71E932C7-9C51-4E0E-9837-3427D8476975

35190414-7CDD-4F03-8580-410CB59E2CBA

「佐助」の帰りに<楽しい、おいしい、りんご狩り!>の幟があちこちに出ていた大松農園によって見ました。観光バスもくる人気スポットみたいです。

いろんな種類のりんごが試食出来て食べ比べているうちに時間が遅くなってしまいました。バスの時間があるので慌てていると「バス停まで車でお送りしますよ」。

歩くと20分ほどかかりますのでとても助かりました。たかだか600円ほどしか買ってないのに申し訳ない気もしましたが、お陰でおいしいりんごと共に大変後味のよい信州真田の旅になりました。大松農園のみなさま、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真田歴史館

5869E3D6-A596-479B-BF4F-A2BAFFA07861

A1C1504B-9D28-4DF5-B736-0F26515BCDDE

CC42C48B-4C21-4172-AEB7-C8D2A2825464

のんびり歩くこと1時間ほどで真田歴史館につきました。結構アップダウンのある高原地帯で一番高い所に城が築かれ、少し下がったところに居館が作られていたようです。どちらも高台なのに水場がちゃんと確保されてて孔明に叱られない造りになっていました。

歴史館は居館のあった辺りに建てられていて、真田一族の始まりから中興、上田合戦に至る歴史がわかるようになっていました。辺りは交通の要衝でもあったようです。手裏剣やクナイ、シコロといった忍術用具の展示も楽しかったです。

くるみとゴマのおはぎを頂いてしばし休憩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンゴ街道

29463D69-4CDC-47EC-8682-A6AF66417939

13B07C3F-34CC-49F1-9BB1-60FFFB23B3A3

道々リンゴの赤い実が目を楽しませてくれました。信濃の秋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

マムシグサの実

5BDA4177-93DA-41F3-BB5B-AA79180C300E

90C72F2D-B788-480D-B78B-CD1492DA9D63

FFD808AD-A955-43D6-ABCA-9E4DE6DCD01F

道々秋の花が咲いたり実がなったりしてました。マムシグサの実が成ってるのがちょっと珍しかったですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真田の里歩き

1DD4D459-2C70-49C6-BED2-630CA0382031

01CE5CC5-8168-43D7-B81D-D23930CDB458

2415591C-5503-403F-9535-A5F8F52CE5A9

昨日は上田に泊まって、今日は真田の里を散策してきました。戦国武将、真田幸村の本拠地だったところです。

上田駅からバスで30分ほどで真田のバス停につきます。実は主な目的地の真田氏歴史館と真田氏館跡にいくには「真田」まで行くと行きすぎで、途中の荒井というところにある「真田自治センター入口」というバス停で降りるべきでした(るるぶのHPに「真田地域自然センター入口」とあるのは誤りです)

事前に調べずに何となく終点の「真田」に行けばなんとかなると思ったのが失敗で、3kmほどの道を歩いて引き返すことになりました。

とりあえず真田一族の信仰が篤かったという山家神社に参拝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

みすゞ飴本舗

03BC1B89-F630-4F4C-879B-EDA85D805460

44D5E431-1B8C-4C07-B9E3-6193BE839999

上田駅の近くに銀行かと思う重厚な建物がありました。 みすゞ飴の本店です。建物は重要有形文化財に指定されているようです。店に入ろうとすると執事さんのような店員さんが扉をあけて丁重に迎えてくれました。

女性の店員さんも皆さん丁寧な応対ぶりでさすがは老舗の本舗だけのことはありますね。 みすゞ飴はゼリーみたいなお菓子で昔はご馳走だったようです。今回は朝食用にジャムの詰め合わせを買ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛染カツラ

B445CA53-AD81-4178-A2E9-1718C6C0C3D6

DB4EB256-6FF3-4AB6-989F-97090317DE10

北向観音の境内で、天然記念物の愛染カツラの木がちょうど黄色く色付いてました。映画『愛染かつら』の舞台になった木だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

北向観音

16287274-5910-499D-A143-B44AB0429692

C3656EC6-AAAF-4947-A1E8-63CC1069997E

松茸を賞味したあとは北向観音に参拝。塩田平方面が綺麗に見えてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガマズミの実

25BCAADF-FC9B-4791-86D2-EB65076D9D9D

D6637A4F-E17F-4467-9DCC-AC9675D09081

松茸小屋の周りに真っ赤なガマズミの実がみのってました。キノコもいろいろ生えてたけど、松茸はちょっと見当たらなかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤松林

7C194D1D-D4CB-432E-8D92-6213EE470A39

AF8C5212-0783-4228-B610-B0DC8FBA79B0

松茸小屋は赤松林の中に建っています。小屋の中にも赤松が・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松茸小屋

2D9919FB-4954-4E3E-976E-C430B2E2482B

AE68895B-7011-45C3-BBBF-9E579BC3FF0A

CADF254D-106A-48CC-A6E9-ACF419638C2B

お昼ご飯は別所温泉の松茸小屋でいただきました。今年は何十年かぶりの豊作だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別所温泉

C72D38B9-366C-48FD-9288-9DAE772829CE

9C823591-5178-4484-82A0-5C9AA6DCB427

73F67944-601B-4D27-8732-51F0C358AD2D

上田から上田電鉄で25分ほどで別所温泉につきます。なかなかのどかな所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマーウォーズ

311898B6-AFB5-4694-9A82-4D8732ECFC22

上田というのはサマーウォーズの舞台だったようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅間山

861381BD-D52B-4671-A11A-0E78A812A64A

浅間山が綺麗です。新幹線からとるのはちょっとむつかしいですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【今月のうた】 『わらしのうた』

今月のうたは3曲ですが、どれもなかなかいいですね。『わらしのうた』は座敷わらしを歌った曲で、ありそうでなかったテーマです。

猫とジャンケンしたり、祠で漫画読んだり、一人ぼっちで日々を過ごす座敷わらし。心の美しい人には姿が見えるけど、そうでない人ばかりになれば姿を消さなければならない儚い存在です。

♪ 明日のことは分からないから
♪ みんなと沢山遊びたい~

FF9のビビを思い起こさせる切ない運命ですね。でもひこねのりおさんのアニメーションはほんわかしたカールおじさん風で悲壮感はありません。こどもたちが身体をくねくねさせて踊るリズム感はむしろとっても楽しそうです。

『ポンタ物語』『赤鬼と青鬼のタンゴ』(1977年)、『ひとりぼっちの歌』(1984年)とひこねのりおさんのキャラクターには孤独な中に暖かさが感じられます。

♪ 明日天気にな~れ

明日をもしれない運命なのに子供たちのために明日の天気を祈る座敷わらし。彼の幸せを祈りたいです。

『わらしのうた』
【うた】山﨑バニラ
【作詞】高田ひろお
【作曲】たかしまあきひこ
【編曲】たかしまあきひこ
【アニメーション】ひこねのりお
【初回放送】 2010年10月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

音の風景

<みんなのうた>同様、NHKの5分間ミニ番組<音の風景>。今年で放送開始25周年なんですね。いつしか四半世紀になってました。

番組表みると聴きたくなります。
http://cgi2.nhk.or.jp/otono-fukei/schedule.cgi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

グリーンカレーコロッケ

AC9D78F8-ACEC-4102-865B-C271731EACF3

6DC2852B-34A3-445F-965F-0E17EBD0218B

東京駅ナカグランスタ、mango tree deliの「グリーンカレーコロッケ」(5個400円)を食べてきました。これはかなりインパクトがありますね。

見た目は小さくてたいしたことなさそうなのです。割ってみてもとくに緑色をしているわけではありません。でも口にいれると確かにグリーンカレーの味がして美味しいですし、ジワジワ辛みがしてきました。

まあ、こんなこともあろうかと別の店で「ひじきご飯」を買っておいたのですが、ご飯と一緒に食べても3個たべるころには結構口がヒリヒリしてきます。

4個目では胃がホカホカしてきて、5個目では額から汗がぽたぽたしたたってくるではないですか。恐るべしグリーンカレーコロッケ。隣に「グリーンカレーハンバーグ弁当」というのもあったのですが、こちらも心してかからなければならないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風が少ない

7AAACB9A-4F38-4AA2-8983-EC14ED22DB9A

今、天気図に見えてるのが13号ですね。10月中旬までの発生数の平年値が21.7個ぐらいですから、ずいぶんすくないです。1950年以降では2番目の少なさになるようです(1番少ないのは1998年の10個)。

1998年も2010年もラニーニャが起きて猛暑となってますが、その辺が台風の発生に影響しているのかもしれませんね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

ロッテ

ロッテ凄いですねえ。3位からというか、ほとんど4位からの綱渡りみたいな日本シリーズ進出、語り草になりそうです。

他方ソフトバンク。打ててなかったですね。8回先頭バッターが出ても併殺・・。西武の失速でリーグ優勝が巡ってきたものの、勝負弱さが課題ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

ハートレイ彗星の位置

国立天文台のホームページに載ってますね。最接近する21日がぎょしゃ座のど真ん中に来そうです☆彡

http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20101014/image/position1014-21.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

【みんなのうた50年史】 1962年6,7月のうた

 『山こそわが家』    『波をこえて』
 『大きな古時計』    『気のいいあひる』
 『あすなろ』       『ドレミの歌』
 『アイスクリームのうた』
       
このクールは上の7曲です。この頃は7曲ずつ新曲が登場していたんですね。まだ、再放送というものがなかったからでしょうけど、なかなか豪華です。

曲の方もメジャー曲が次々登場しています。『大きな古時計』と『ドレミの歌』は知らない人はいないであろう超メジャー曲ですが、『気のいいあひる』や『アイスクリームのうた』も<みんなのうた>ファンにとってはお馴染みの曲です。『山こそわが家』もDVDに収録されて知名度が上がったのではないでしょうか。

『大きな古時計』は2002年の平井堅バージョンが著名ですが、<みんなのうた>では1962年が初出です。うた缶情報によると当時のプロデューサー、後藤田純生さんの依頼で訳詞がつくられたそうですので、現在知られている歌詞は62年<みんなのうた>バージョンということになります。その後1973年にリメイク版がつくられました。私が再放送で見てたのはこのリメイク版でしょう。100年休まずに歌い継がれていきそうな曲です。

「サウンド・オブ・ミュージック」の『ドレミの歌』はペギー葉山バージョンの訳詞です。いつだったかの<みんなのうた三昧>の放送で、ペギーさんが「ドーナツ、レモン、みかんと食べ物で揃えようと思ったけど、ファがファンタしか思いつかなくてやめた」というエピソードを語ってらっしゃいました。仮にファをクリアーしても、ソーメンとかラーメンとかシイタケが並びそうなので、食べ物路線は断念して正解だったでしょうね。

余談ですが京大のトイレで「ドは同学会のド、レはレーニンのレ・・」で始まる物騒な替え歌が落書きしてあるのをみたことがあります。

『気のいいあひる』はうた缶情報では1962年、67年、71年の3回にわたってリメイクされて放送されています。歌ははじめがボニージャックスですがあとの2つはダーク・ダックスです。あひるだけにダーク・ダックスがいいという判断だったのでしょうか。昔は体が大きかったアヒルが激しい川の流れに怖気づいてブラブラしているうちに、体が弱って人間に捕まえられてしまいました、という教訓があるようなないようなお話です。

『アイスクリームのうた』は去年の<三昧>の天地総子さん特集で流れていました。自称「色気はないけど元気と食い気はある」総子さんらしい楽しい曲です。<おかあさんといっしょ>でもよく歌われていますね。昔はおとぎ話の王子さまでも食べられなかったアイスクリーム。今では王子さまや王女さまではない自分たちも食べられる幸せを歌った曲です。ブカブカドンドンと「のどを音楽隊が通ります♪」という表現が秀逸ですね。

<懐かしのみんなのうた>で流れていた『山こそわが家』はユーキャンのDVDに収録されて、<みんなのうた>ファン界ではメジャーな曲になりました。夏には青い鳥が鳴き野ばらが咲く山へ行こう、「朗らかな山こそ憧れの我が家♪」とワルツの調べに乗って訴えかけます。赤岳を縦走する映像を見ていると、登山の風景は昔も今もあまり変わらないものだと感じられます。

『波をこえて』は知らない曲だと思ってたのですが「懐かしのみんなのうた2」のmp3データを聴くと

  ドーシドミドーー、シドレドシドシミラーー

という、聞き覚えのある旋律でした。ローザス作曲のワルツ「波濤を越えて」という曲のようです。「ドナウ河のさざ波」「スケーターズ・ワルツ」とともに大正時代に大ヒットした、といいますからどこか活動写真を思い出させる調べなのもむべなるかなでしょう。

このクールでは唯一『あすなろ』だけが知らない曲となりました。ダーク・ダックスと真理ヨシコさんの歌で木馬座の映像といいますから、もしも残っているのであれば見たいものです。

そんなわけで有名な曲の多いクールでしたね。お好きな曲があればどうぞお教えください。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

夕顔

CF4D2D4A-5B36-4A29-BDED-22BB3D1717CF

この時期になって夕顔(正しくはヨルガオ)が次々に咲き始めました。この夏、「緑のカーテン」部隊として猛暑の最前線に立たされ続けたときには、葉っぱも焼けてきて到底花をつける余裕はなかったのでしょう。

ちょっと申し訳なかった気がしますね。気候もよくなったのでゆっくり花を咲かせてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[てっぱん] 第18話 お預かりします

村上家(錠父さんと真知子母さん)と田中家(ミクばあさん)の直接対決です。一度尾道に帰ることに同意したあかりに「あんたの人生やろ」と迫るミクばあさん。自分の業と向き合うには大阪にいるしかない。そう訴えるあかりを大阪に残すことに錠父さんもついに同意しました。

「お世話になりました」「ありがとうございました」。キチンといえたあかりちゃん、成長しましたね。大阪で苦労した(?)成果でしょうか。千春さんの分、21年前の分、必死でかけるミクばあさんのシーンも良かったです。

この土曜のシーンをお膳立てするために週前半の無茶な展開があったという構図なのでしょう。来週も少なくとも週前半はあかりちゃんが余計なことをしてドタバタしそうな予告でした。土曜には解決するのでしょうけど良いシーンが土曜だけというのはちょっとしんどいですね。

まあ、そんな訳で「てっぱん」鑑賞会は村上家と田中家の話がついたところでひとまず終了といたします。また、面白そうな展開になったら書くかもしてませんので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

浜勝のモデル

ネットを検索してたらこんなのを見つけました。

「てっぱん」浜勝のモデルになりました
http://www.katsuobusi.com/hamakatu.html

「浜弥鰹節」をモデルに浜勝。なかなか分かりやすいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[てっぱん] 第17話 父怒る

あかりちゃんが田中さんちにいることは錠父さんの知るところとなりました。荷物に書いてあった住所を見たというのも迂闊な話ですが、わざと見えるように置いておいたのかもしれませんね。とりあえず、これで尾道でも話が進みます。

錠さんも18の娘の父親にしては子離れができてないようです。あんな風に娘を縛ろうとすると普通はもっと喧嘩して嫌われてるものですが。多分、これから喧嘩して適度な距離を持てるようになるのでしょう。船室風のかなちゃんの部屋がオシャレでした。

「トラックに突っ込まれた」ミクばあさんはまるで大丈夫なようです。あかりちゃんが看病して心の壁が薄くなるのかなという予想ははずれました。それでも慌てて駆け付けてきてくれて嬉しかったのでしょう。豆のさや取りを誘ってくれました。

今日のあかりちゃんは、あちこちでちゃんと頭を下げてましたし、多少の成長が見られます。ただ、トラウマが解けてないミクばあさんの虎の尾を踏んではねつけられるのは相変わらずでした。トランペットを吹き続けるっぽいのも波乱要因でしょう。とりあえず明日は大魔神が襲来するのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

ピントが合わない

5936E8A2-37FF-4BAA-B9E2-7EFB0E3DD2A5

ハナミズキの実です。枝の先の方で揺れててピントが合わなかったけど、可愛らしい赤い実でした。

今日は割としのぎやすいですね。ヒガンバナもキンモクセイもいつの間にか見かけなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[てっぱん] 第16話 かきまわさんといて

総集編であらすじを見てるようにサクサクすすみますね。尾道の家族だけは話が止まってますが。

関係者の証言をつなぎ合わせますと、夫に先立たれた初音さんは母一人子一人でお好み焼き屋を開業、しかし千春さんはトランペットにのめり込み、そのことを咎めた初音さんと喧嘩。家を飛び出した千春はそれきり帰ってきませんでした、ということになりますね。

「好きなものに裏切られることもある」

かつて政志さんがそう語ってましたが、好きだった千春さんとお好み焼きに裏切られて、初音さんはそれきり心に鍵をかけてしまったようです。政志さんの場合同様、こういうトラウマを解くには時間がかかるものです。

あの時もどうするのかなと固唾を飲んで見守っていたものですけど、同じく戦争で傷ついた茂さんの「生きとるもんには同情せんのですよ」の言葉で政志さんは自力で立ち上がる気力を取り戻すことができました。

他方あかりちゃんは、正面からトラウマに踏み込んでビンタをくらい

「あんまりかきまわさんといて」

と言われてしまいます。知識も経験も不足しているあかりちゃんにカウンセラー役はまだ荷が重いでしょう。駅伝くんにも無神経に声をかけて反発されたあかりちゃん、すこし経験値が上がったところで今日は終わりかなと思ってたら、ミクばあさんが事故で入院というところまで進めてきました。

政志さん編みたいにこのまま金、土でトラウマを解いて来週から新展開となるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の草花、その他

1BF58486-A6A6-4348-A892-EB9360C2B0EA
896E1B9D-89AE-43CF-A65B-035611B251AC

多分、サルトリイバラとオトギリソウです。気温は高めでも、植物は秋モードですね。

今日は昼間シミュレーションをやりなおして人数が多いとやっぱり非協力落ちやすいことを確認しました。なんででしょうね。

あとスポーツデータを主成分分析してみたところ、サッカーとフィギュアスケートが対極の位置を占めることが判明しました。真ん中に野球が来るようです。サッカーとフィギュアのファン層は相当違うのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

読めば読むほど

知らないことだらけですね、北欧史。地名、人名に馴染みがないのは言うに及ばず、いつ革命が起きていつ議会ができたとか、基本的な流れ自体ほとんど知らないことを実感する今日このごろです。

ナポレオン戦争以降は、大まかにはフランス、ドイツ、ロシアの動きに誘発されて事態が進んでいくのですが、国民事情に乱反射して複雑な展開になっています。

どういう経緯でこれらの国々に一般信頼が立ち上がっていくのか、なかなか見えて来そうにはないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり暑い

C7A86197-56DD-4CB8-AD89-3A01D2FB7F10

月曜日の夜で涼しくなるかな、と思ったのですがやっぱり暑いですね。気温は24度でそれほどでもないものの、湿度が70%ほどあって日が照るともわーッとします。隣でも「歩くと暑いね」なんて会話をしてました。

どうも太平洋高気圧の残党がまだ勢力を持っているようですね。半袖しまおうと思ってたのにまた着ちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[てっぱん] 第15話 開かずの間


「開かずの間みたいな人や」

心に鍵をかけたように無愛想なミクばあさん。ジェシカさん、よっぽど苦手なのでしょう。でもあかりちゃんが転がりこんできて、ウキウキしてるようにも見えますね。

田中荘の開かずの間の謎解きをしばらくやるのかと思っていたら、あっさり鍵が開きました。お好み焼きの鉄板、「千春」の文字を染めたのぼり。ミクばあさん、お好み焼き屋をやっていたようです。

娘の名をつけた店は、千春さんが出て行くとともに「開かずの間」と化したのでしょう。それから21年。店と心の開かずの間を開きに孫がやってきた、という構図なのですね。ただ、ミクばあさんの心を開くのは容易なことではなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

[てっぱん] 第14話 就職

予想通りミクばあさんの家に転がりこみましたが、こちらも予想通り偶然と勢いに任せた荒っぽいストーリー展開でしたね。

路頭に迷ってる所、前にトランペットを吹いてライブを手伝った「かつお武士」の店を偶然発見。「なんでもします」と頼み込んで働かせてもらうことに。ライブのお礼ということでしょうか。そこで、紹介してもらった下宿屋がたまたまミクばあさんの家。

またまた「なんでもします」と頼み込んで置いてもらうところは千と千尋を思い出させますが、湯婆婆も自分の部屋に泊めろと言われたらさすがに断ったでしょうね。でもそこは実の孫。頭を下げて置いてくれというのを、あえて追い出しはしませんでした。

そんな訳で舞台設定は一応完了です。強引なストーリー展開のつけとして「言うことがコロコロ変わる子」「思い込みで無理な頼みごとをする迷惑な子」というネガティブなイメージがあかりちゃんに残りました。どう立て直していくのか、とりあえず期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シミュレーション始動!

いくつかバグ取りして年齢構造のある集団選択モデルのシミュレーションが動くようになりました。作ったものが動き始めるのは嬉しいものです。

サンクションを与える戦略も割とロバストに存続できるようで、めでたいですね。パラメータのバウンダリーを確認したら、詳しく何が起こっているのかみてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

浅川の夕暮れ

FA00FAAD-6638-45AD-9A5A-B6A7863EBDAB

昼間は夏空だったけど、夕方は秋空にもどりました。彼岸花も終わりに近づいて「暑さ寒さも彼岸まで」といった風情です。さすがに暑さを感じるのは終わりかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑いー

456C3E73-449E-498B-968C-9DE7FC42CC4B

窓開けて、爽やかな青空ーとか思ったら大間違いで、外出たら暑かったです。もう27度くらいで、30度近くまで上がりそうな感じですね。

行楽にお出かけの方は日差しと暑さにお気を付けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[てっぱん] 第13話 失業

あいかわらず、無理のあるストーリー展開ですね。大阪に出て来た途端、就職先の証券会社が倒産して失業してしまいました。2008年の設定ですから、そういうことはありうるかもしれませんが、当然家族に知らせて善後策を相談するべき事態でしょう。

それを「尾道に連れ戻される」ことを恐れて秘密にして自力で家探し、仕事探し。家族に嘘をついて家出してきたのと同じことです。この辺が千春さん譲りの気質なんでしょうかね。

要はミクばあさんのところに転がりこませるための設定なんでしょうけど、無理矢理で共感しにくい脚本ですね。あんまりゲゲゲと比べたくはないのですが、荒っぽさが目立ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

3連休二日目

実は昨日も今日も明日も仕事なので、一日も休みのない3連休二日目です。晴れの特異日の割りに朝から結構降ってて、祝日をずらされた恨み雨かなとか思ってましたが、昼からは晴れてきましたね。さすがは特異日です。

ノートに10/10/10と書けるのも今日だけなので、せいぜいあちこちに日付を書いておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

[てっぱん] 第12話 旅立ちの朝

なかなか斬新な演出でしたね。父親が意地張って見送りにこないのは毎度のことですが、勝手に挨拶するのを携帯電話で中継して妹に聞かせるとは! 欽兄ぃナイスです。

たった二人の卒業演奏に送られて、鉄兄ぃも無事錠親方に弟子入り。当面の懸案が綺麗に片付いた旅立ちでした。他方、あかりの仕事がなんなのか、大阪のどこに住むのか。その辺はまだわかりませんし、千春さんのことも実の父のことも謎のままです。

母さんの匂いのするお好み焼きを焼き上げていくなかで、おいおい明らかになってくるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

[てっぱん] 第11話 誕生日おめでとう

今日はあかりちゃんの誕生日なんですね。おめでとうございます。そういえばそんな話をしてました。ひょっとすると千春さんの命日なのかもしれませんが、ミクばあさんのところで真知子さんは「お母さんになった」といっただけでしたから違うのでしょう。

「可愛いのう」

その日生まれたあかりを抱いてつぶやいた錠父さん。それをきいてあかりを養子にする決心をした真知子母さん。絆の原点です。おそらくその日に亡くなったのではないにしても、千春さんが長くないことは分かっていたのでしょう。ミクばあさんの住所が分からなかった当時、どこかに養子にだすか自分たちで育てるか。

そのとき心から可愛いと思った錠父さんの言葉で自分たちの子供として育ててくれたことをきいて、自分の居場所を探しあぐねていたあかりちゃんもようやく安心できたのでしょう。それで勇躍、大阪にというのはミクばあさんの手に乗せられているような気がしますが・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

[てっぱん] 第10話 最後の演奏会

ブラスバンド部、最後の演奏会にでなかったあかり。村上家の面々も改めて異常事態に気づいたようです(欽兄ぃをのぞく)。

トランペットで身を立てるのは現実的ではないとすると就職か進学かになりますが、錠父さんは尾道で就職をして近くにいて欲しいと思っています。そうであれば、コネで就職先を探すとか就活の手ほどきをするとか、あるいは源兵衛さんみたいに地元で見合いをセッティングするとか色々手はあるのですけど、今のところ動く気配はないようですね、このお父さん。

「尾道で就職」を言い張る娘に無理を感じ取っている真知子母さん。大阪で何があったのか聞き出そうとしますが、あかりは「何もなかった」の一点張り。そこでミクばあさんの所にいって直談判に及ぶことにしたようです。結果はどうであれ、打てる手を打とういう気概が感じられますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

230EE0C2-A880-4784-9130-5CF31BDB0B46
762434E3-55BF-434B-81AF-1C8D9A6603CD
桜も咲いてました。葉っぱが風で落ちたり虫にやられたりすると秋にも咲くようですが、今年は暑さにやられましたかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

野川公園

C045910C-CB1A-4BCD-A9F4-EF113372037B
1183CA80-9C6D-4A10-8A63-1BFA74F36736

久びさに野川公園に来ています。昔はよく来てたのですが最近はご無沙汰ですね。歩いてくるにはやや不便だったりします。でも広々しててやはり気持ちのいいところではありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キンモクセイ

C4C38F8E-D210-4BA0-9838-10443A0F2081
070D3476-4043-4555-AD6D-8EC26BF1EE0B
キンモクセイは大体例年通りに咲きはじめましたね。彼岸花と金木犀が同時平行してさくちょっと忙しい秋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[てっぱん] 第9話 就職難

あかりちゃんが怒って帰ってしまったので千春さんの話はあれでお仕舞いになりました。情報を小出しにして引っ張る作戦でしょうか。昔話で引っ張るより、そこから先に進んで欲しいのですが・・

就職は厳しそうですね。高卒の就職自体厳しいご時世です。就活に出遅れてしかも尾道限定で特に資格もないとなるとすでに枠がないかもしれませんね。せめて広島あたりに出ないと・・

面接でも志望理由が「尾道で生まれて育ったから御社を」では弱いでしょう。思い込みにとらわれていても先には進めません。誰かちゃんと話をしてあげて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1962年4,5月のうた

 『ピクニック』     『歌うよカッコー』
 『バスの歌』      『花』
 『花まつり』      『ピノキオの歌』
 『もしぼくが』

みんなのうた50年史の作業もぼちぼち再開しましょう。といってもまだ1961年の分しかできてませんけどね。半年分を一度に紹介するのも結構大変だと判明したので、2ヶ月分ずつみていくことにします。

1962年4,5月の新規放送曲は上の7曲です。『ピクニック』と『花』は有名ですね。『ピクニック』はイギリス民謡で

 ♪丘を越え行こうよ~口笛吹きつつ~

という曲です。元歌は「She'll be coming around the mountain」らしいのですが、サビの部分しか日本の曲と一致してないので、あとの部分の由来は不明です。2chの記事に「昭和30年ごろ東京音楽大学教授の萩原英一氏がイギリス民謡に詞をつけた」とするものがあり、これがアヒルさんやヤギさんが登場する部分のようです。

アヒルやヤギとピクニックに行く機会は滅多にないですが、最近はピクニック自体行かなくなったような気がします。ひょっとしたら若い世代にとっては死語だったりするかもしれませんね。

『花』は武島羽衣作詞、滝廉太郎作曲の

 ♪春の~うららの~隅田川~

です。隅田川の流れを見ると頭の中で自動再生されますね。歌詞は耳で聴くと結構難解で「貝のしずくも」とか「錦おり成す朝廷に」とかに聴こえてしまうと何のことかさっぱり分からなくなります。

実際はボートでのぼりくだりする様を歌ったもので、桜木や青柳が手を差し伸べるなか、「櫂のしずく」を花と散らしながら「長堤」に沿って漕げば、おぼろ月が千金の眺めとなって昇ってくるという、まことにゴージャスな歌詞です。

1900年(明治33年)の作曲(歌曲集『四季』の第1曲。他は『納涼』『月』『雪』)といいますから、110年前の作品ということになりますね。ラジオ歌謡や国民歌謡には入っていなかったようで、定期放送としてはみんなのうたが初のお目見えだったのかもしれません。

『バスの歌』は佐藤義美作詞、大中恩作曲で

 ♪バスが左へ曲がると
 ♪隣の人も左へ曲がる

というサビの曲でした。おかあさんといっしょで割りと歌われていて聴いた記憶があります。どこのだれだか知らない人たちと、右に左に映画のような景色を眺めながら走る楽しい曲でした。

アルゼンチン民謡の『花まつり』は

 ♪タンララランラン タンララランラン
 ♪タンララランランラン

という旋律に聞き覚えがあります。あとの歌詞はさっぱり覚えてませんが「懐かしのみんなのうた2」のページでMIDIを聴いた感じでは、多分どこかで聴いたことがある気がします。フォークダンスを踊りたくなるような曲ですね。

あとの曲は知りません。『歌うよカッコー』も「懐かしのみんなのうた2」で聴けますが聞き覚えないですね。『ピノキオの歌』は人形劇のテーマ曲、『もしぼくが』はみんなのうた用に作られたオリジナル曲らしいのですが、今には伝わっていない曲のようです。

そんなわけでこのクールの曲は7曲中4曲を知ってました。生まれる前にしては上出来でしょう。好きな曲がありましたら、どうぞ投票してください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

[てっぱん] 第8話 時間の扉

だんだん過去の様子が分かってきましたね。錠父さんと隆円住職が真知子母さんを巡って恋仲だったこと。千春さんがはじめて尾道にきたときにはすでに妊娠していたこと。

ミクばあさんの家を飛び出して飲まず食わずでたどり着いたのでしょうか。ほとんど一文無しで。それまで大阪にいたとするとあかりちゃんのお父さんは大阪の人って可能性が高そうですね。

血縁のある家族でも、家族を「演じる」こと無しには家族として回っていかないものです。血縁がなくても協力しあって生きるステップファミリーもたくさんいらっしゃいます。これまで通り家族を演じ続けることも、(おそらく)劇的な事実を知った上で演じなおすこともそれぞれありうる選択肢でしょう。

演じ続けようとするあかりと錠父さん。演じなおそうとする鉄兄ぃと真知子母さん。それぞれ一理あるなかでどう折り合いをつけていくのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

[てっぱん] 第7話 帰ってきたトランペット

せっかくあかりがミクばあさんに返して来たトランペットは鉄兄が持って帰って来てしまいました。「返しに行った」ことは知っているでしょうに「取り返して来た」とは頓珍漢すぎですね。ストーリーの進行上、必要なことかもしれませんが無理のある進め方です。

そんなわけで差し引き、大阪に行って商店街で演奏して卵丼を食べたという事実が残りました。錠父さんは就職と聞いて喜んでましたが、明日あたり反動が来るのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

再放送曲『馬のシッポぶたのシッポ』

今月の分ではなくて8、9月の再放送で『馬のシッポぶたのシッポ』が放送されてました。うた缶のデータによると、これまで一度も再放送されてませんので、27年ぶりの再会ということになります。

聞いた瞬間「ああ、九ちゃんだ!」という言葉が頭に浮かびました。知っていたはずですが、体感ではすっかり忘れてたみたいですね。爽やかな歌声がめちゃくちゃ懐かしいです。新八犬伝や生きものばんざいのナレーターとして慣れ親しんだ九ちゃん。ちょうど2年後の8月に夜空の星となった九ちゃんに突然再会できようとは!

歌の方はテレビ放送開始30周年記念に行われた「こどものうたコンクール」の優秀曲ということで、よく覚えてました。気になる女の子に声をかけたいのに、どうすればいいか分からない。それでお下げ髪を痛くないくらいに引っ張って

♪馬のシッポぶたのシッポラーラーラー
♪僕もシッポになりたいな!

と囃すという微笑ましいものです。『しっぽのきもち』に先立つこと3年、しっぽ志願者のパイオニアの姿が描かれていました。

月岡さんのアニメーションを見るのも27年ぶりで、かなり忘れてましたけど、そういえばそんなのでした。馬のしっぽとぶたのしっぽが左右に下がってお下げ髪に変わるシーンの女の子のにやけた目! 男の子の心象風景なんでしょうかね。妙に印象に残ったのを思い出しました。

古い曲の再放送、楽しいのでどんどんやって欲しいのですが10月の再放送は70年代の2曲がラジオのみなのが残念です。画像が保存されてないのか著作権の問題なのか・・


『馬のシッポぶたのシッポ』

作詞 阿部日登美
作曲 山本直純
編曲 たかしまあきひこ
うた坂本九、東京放送児童合唱団
アニメーション 月岡貞夫
初回放送 1983. 8-9

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

シロバナマンジュシャゲ

5765EE3B-2BA6-4B4D-B07F-3AB14B976F9D

シロバナマンジュシャゲ(Lycoris albiflora Koidz.)も混じって咲いてました。

ヒガンバナとショウキズイセンとの交雑種、という解説があったのですがヒガンバナは3倍体で種をつくらないはずです。不思議に思って更に調べるとヒガンバナの2倍体変種との交雑種、という記述をみつけました。2倍体もあったんですね。それなら納得いきます。

2倍体ヒガンバナについてはこちらに詳しい記事が有ります。

「ヒガンバナの民俗・文化史2」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~lycoris/higanbana-minzoku.bunka-2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやくお彼岸

8B8EBBC1-6188-43FA-B54E-31662A688779

例年、9月中旬には咲いてますから、半月ぐらい遅いですね。巾着田も今日あたり行くと綺麗かも。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[てっぱん]第6話 また会う日まで♪

また会う日まで、会えるときまで~♪

親。子。孫。三代の時間軸がピタリと重なる瞬間でしたね。人生の旅路を乗せて響く音楽の力は偉大です。ゲゲゲのサントラも聴く度に涙が出てきます。

大阪のお好み焼きとの出会いは一瞬でしたが、「なんもかんも混ぜてまーるく焼き上がるお好み焼き」。物語後半の伏線になるのでしょう。

ミクばあさんは、おそらく千春さんの好物だった親子丼をつくってあかりちゃんを待ってました。美味しそうに頬張る姿は昔の食卓そのものだったのでしょうね。

そんな感傷は表に出さず、再び時間軸は別れていきました。また会う日まで。会えるときまで。意地を張らずにまーるく焼き上がる日が来るのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輸出 対 輸入

0F6A0943-ECDE-44EE-8D61-5D62A921EE4C

日本の「輸出額÷輸入額」の推移をしめしたグラフです。こんなに綺麗に振動してるんですね。

為替の変動を介したフィールドバックがかかっていることが伺えます。そのなかでも輸入に対する輸出の割合がジワジワ減っていることが分かります。外需依存が減っているためと言えるかもしれませんし、単に競争力が落ちているためかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

[てっぱん] 第5話 ぶっつけ本番

楠不動というのは実在しないみたいですね。楠正成ゆかりの不動かと思ったのですが。豊中にある原田神社というところだそうです。嵐電みたいな電車は「大阪唯一の路面電車」と謳われた阪堺(はんかい)電車です。天王寺と堺を結ぶ路線みたいですね。いい味出してます。

初音ばあさんを訪ねたあかりちゃん、商店街の夏ライブで演奏することになりました。トランペット好きなのにどこか逃げ腰だったあかりちゃん。ぶっつけ本番の舞台で真価を発揮することができるんでしょうか。週末に見せ場をもってくるところはさすがですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »