« 梅 | トップページ | 多摩川の焼け跡 »

2011年2月10日 (木)

【みんなのうた50年史】 『トム・ピリビ』(1961年)

再び1961年のうたに戻りましょう。『トム・ピリビ』は61年6、7月のうたのなかでは一番有名かもしれません。曲名でググったときに記事がたくさん出てくるという点では初期みんなのうたのなかでも屈指でしょう。

♪ トム・ピリビは二軒 おうちを持っている
♪ お城のように大きなうち

お城のような家、宝さがしにでかける二隻の船に何でも知ってる魔法のオウム。1番、2番ではトム・ピリビの大金持ちぶりが語られます。

♪ 幸せなトム・ピリビ
♪ 何でもできる素敵な人

流麗なサビの旋律がさらにトム・ピリビを讃えます。最初にレコードを聴いたときは私もふむふむ、羨ましいことだとおもっていたのですが・・

♪ 誰もが好きなトム・ピリビには
♪ 一つの悪い癖がある

3番になって真相が語られます。トム・ピリビの癖とは嘘をつくこと。おうちも船も全部嘘、彼
の妄想だったわけですね。なあんだという訳で、3番の展開がショックだったというブログ記事もみかけたりしました。でも最後の終わり方が気になります。

♪ 大ボラ吹きのトム・ピリビ
♪ だけどとてもお人よし
♪ 仲良しになりたい
♪ 素敵な人トム・ピリビ

大ボラ吹きのトム・ピリビは決して嫌われてないんですね。それどころか仲良しになりたいとまで言われています。これはどういうことでしょう?

水星社のテキストにはトム・ピリビは「フランスの子供に親しまれている昔話の主人公」とあります。もとはフランスの曲のようです。そこで『Tom Pillibi』で調べなおしてみますと段々真相がわかってきました。

『Tom Pillibi』は1960年のユーロビジョンソングコンテストの優勝曲だったのです。ユーロビジョン・コンテストは年に一回、ヨーロッパ各国からエントリーされた楽曲をテレビで放映して、自国以外の作品に対して人気投票を行う企画で、1960年には13カ国が参加していました。そのなかで優勝したのですからたいしたものですね。

Jacquelineという女性が表情たっぷりにTom Pillibiの素晴らしさを歌い上げていきます。フランス語と英語の歌詞がこのページ(http://www.diggiloo.net/?1960fr)に載っているのですが、英語版の歌詞によるとトム・ピリビはスコットランドとモンテネグロに城を持っています。さらには世界の果てから宝物やサンゴを運んでくる二隻の船も持っています。ここまでは日本語版とあまり変わりませんね。

 ♪ 幸せもののトム・ピリビ
 ♪ 私は彼の恋人よ
 ♪ お金持ちでねたんじゃう
 ♪ にくい人ねトム・ピリビ

サビの部分で歌い手がトム・ピリビの恋人であることが判明します。お金持ちの恋人でさぞ幸せかと思っていたら・・

2番で王女さまが登場します。この王女さま、微笑みながらトム・ピリビを寝室で待ってるんですよね。ちょっとみんなのうたには向かない展開です。幸運の星のもとに生まれたトム・ピリビ。なんてにくい人なんでしょう!

3番でトム・ピリビのちょっとした欠点が明かされます。ハンサムで親切で勇気のあるトム・ピリビは嘘つきだったんですね。スコットランドのお城も宝船もやきもちを焼かせる王女さまも作り話だったのです。そして3番のサビはこういう歌詞になっています。直訳しておきましょう(このままでは歌えませんけど)。

 すべては存在しないけれど
 彼の腕の中では気にしない
 だって私は彼が連れて行ってくれる
 大きな国の女王様
 にくい人ねトム・ピリビ

嘘にもいろいろありますが、トム・ピリビの嘘は恋人を楽しませる甘い嘘だったわけですね。ヨーロッパ中の人に愛されたわけです。

恋人への甘い嘘という部分を、周りの人を楽しませる無邪気な嘘と解釈したのが日本語版『トム・ピリビ』だったということになるのでしょう。今に至るまでファンが多いのも分かる気がします。

なおNHKの公式HPでは『トム・ピリピ』になっていますが、もとが『Tom Pillibi』ですので『トム・ピリビ』が正しいと思われます(水星社のテキストでもそうなっています)。

 『トム・ピリビ』

 うた:ダーク・ダックス
 作詞:ダーク・ダックス
 作曲:アンドレ・ポップ
 編曲:服部克久
 アニメ:中原収一
 初回放送:1961年6月

|

« 梅 | トップページ | 多摩川の焼け跡 »

コメント

オリジナルを歌ったジャクリーヌ・ボワイエは、人気歌手になり、
72歳の今も現役で歌っているようです。往年の名歌手・リュシ
エンヌ・ボワイエの愛娘ですね。

投稿: naosuke | 2013年7月 8日 (月) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/50828333

この記事へのトラックバック一覧です: 【みんなのうた50年史】 『トム・ピリビ』(1961年):

« 梅 | トップページ | 多摩川の焼け跡 »