« 今日、明日(4月27日、28日)の風向き | トップページ | 今日、明日(4月28日、29日)の風向き »

2011年4月27日 (水)

【みんなのうた50年史】 『おまつり』(1961年)

1961年10,11月の金曜日に放送されていた曲です。ちょうど秋のお祭りシーズンでナイスな選曲ですね。

といっても<♪村の鎮守の神様の~>ではありません。それは『村祭り』です。水星社のテキストによると『おまつり』はラジオドラマの挿入曲として創作されたものなのだそうです。

 ♪ みんな来なーみんな来なー
 ♪ よって来なーみんな来なー

「ブギーのリズムにのって、元気いっぱいに歌って下さい」と楽譜に指示されています。音源は残っていないようですので、楽譜から想像するしかないのですが、

 タータラータ タータラータ
 タータラータ タータラータ 
 タンタンタターー
 タンタンタターー

というリズムは確かにブギっぽいですね。作曲者の紙恭輔さんは、日本映画音楽の草分けの一人で、日本初の本格的なジャズプレーヤーとしても知られている方です。このブギのリズムに乗って村の広場のとり入れ祭りが始まります。

一体、どんなドラマだったのだろうと思ってこの時期のラジオドラマを少し調べてみたのですが、残念ながら該当しそうな作品は見つかりませんでした。ラジオドラマのデータ自体、あんまりないのですよね。

 ♪ ピーピーピーヒャラ ピーヒャラリ!
 ♪ ドドンガ ドドンガ ドドンガ ドン!

むかし懐かしい祭囃子に乗って登場するのは、カラスのかんすけさんや、すずめのチュー吉さん、モーモー子牛のもんべいさんにメーメー子ヤギのメーコちゃんです。最近のうたにはあまり登場しないキャラクターたちですね。高度成長以前の日本の農村の姿がうかがわれるラインナップといえるでしょう。

動物たちがブギのリズムで集い祝うとり入れ祭りが木馬座の映像で描かれていたようです。これも現存していないのですが、でも何となく目に浮かぶような気もします。きっと楽しい映像だったのでしょうね。
 

『おまつり』
 作詞:石川年
 作曲:紙恭輔
 うた:中原美紗緒、みすず児童合唱団
 映像:木馬座
 初回放送:1961年10,11月

|

« 今日、明日(4月27日、28日)の風向き | トップページ | 今日、明日(4月28日、29日)の風向き »

コメント

こんにちは!
突然に失礼します。
この歌、「おまつり」と言う題名だったのですね。初めて知りました。

小学校の頃、給食の時間によくかかっていたので、いまだに鼻歌で歌う事があるのですが・・・さて、この歌ってナンなんだろう?と思い調べていてコチラにたどり着きました。

ピーピーピーヒャラの部分は ピッピッピーヒャラのような感じで歌われていました。

突然お邪魔して大変失礼致しました。

投稿: タカハシ | 2011年6月 4日 (土) 22時32分

タカハシさま

貴重な情報ありがとうございます。給食の時間にかかっていたということは、有名な曲だったんでしょうね。あるいはもとのドラマが有名だったのかもしれません。

今でも『おまつり』で検索して訪問される方が割といらっしゃいます。ブギのリズムのモダンな穫り入れ祭り、聴いてみたいものです。

投稿: くじょう | 2011年7月 6日 (水) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/51506802

この記事へのトラックバック一覧です: 【みんなのうた50年史】 『おまつり』(1961年):

« 今日、明日(4月27日、28日)の風向き | トップページ | 今日、明日(4月28日、29日)の風向き »