« 熱中スタジアム「みんなのうたナイト」 | トップページ | 『マネーの進化史』(2008年) »

2011年6月16日 (木)

【みんなのうた50年史】 『ヘイ!二才達』(1975年)

1975年8,9月の新曲は『ドラキュラのうた』の他は『ヘイ!二才達』と『あのね』の二曲です。

二才達は沖縄の言葉で「若者たち」という意味らしいです。「青二才」というときの二才が「若者」という意味なのでその複数形なのでしょう。読み方は「ニセタ」です。したがって歌い出しは

♪ ヘイ! ヘイ! ニーセター!
♪ ヘイヘイ ニーセター!

となります。2009年の〈みんなのうたうた三昧〉のときに放送していて、そのとき始めて聴いたのですが、歌だけ聴くと意味がサッパリ分かりませんでした。似せた? いったい何に似せたのだろうって。歌のあと解説があって謎が解けましたけどね。本放送の当時は分からずじまいの人も多かったかもしれません。

♪ でっかい大ボラ
♪ 吹こうじゃないか


歌うのは沖縄出身のアイドル歌手、南沙織さん(シンシアさん)です。沙織さんの二才達へのメッセージはなんと「大ボラの勧め」でした。といっても『トンピリビ』みたいな大ウソではなくて、大言壮語、大きな夢を持とうというお話です。

♪ 出来ないまでも試してみよう
♪ 可愛いあの子が待っている

沙織さんにそう言われると、その気になる人も多かったかもしれませんね。2番ではみみっちいことはやめて正々堂々立ち向かい、3番では悔し涙を可愛いあの子に慰めてもらいます。そして4番では、可愛いあの子が嫁にきて大団円となるのでした。

作曲者の普久原さんはアメリカ南部のヒルビリーのリズムと沖縄の音との融合を目指したと書いてらっしゃいます。狙い通り、歩き出したくなるような大らかな歌ができあがりました。

『ヘイ!二才達』
作詞:朝比呂志
作曲:普久原恒勇
うた:南沙織
編曲:所太郎
映像:(実写)
初回放送:1975年8,9月

|

« 熱中スタジアム「みんなのうたナイト」 | トップページ | 『マネーの進化史』(2008年) »

コメント

編曲の所太郎さんは 元ザ・リガニーズ、元シュリークスのメンバー
現在情報番組のリポーターで活躍してますよ

投稿: | 2011年7月12日 (火) 19時46分

所太郎さん、シュリークスのメンバーだったのですね。それは存じませんでした。みんなのうたでも『オナカの大きな王子さま』『アスタ・ルエゴ』など沢山編曲をなさってますね。

近年はレポーターをやってらっしゃるとのこと。益々のご活躍をお祈りしたいと思います。

投稿: くじょう | 2011年7月13日 (水) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/51959086

この記事へのトラックバック一覧です: 【みんなのうた50年史】 『ヘイ!二才達』(1975年):

« 熱中スタジアム「みんなのうたナイト」 | トップページ | 『マネーの進化史』(2008年) »