« 中山知子さんの蔵書 | トップページ | 海浜幕張付近 »

2011年6月11日 (土)

【みんなのうた50年史】 『ドラキュラのうた』(1975年)

1307726948975.jpg

1307726963369.jpg

中山さんライブラリーのうち、みんなのうたのテキストは1975年8-9月号、10-11月号、12-1月号の3冊です。それぞれ7曲ずつ計21曲が収録されているのですが、その最初の曲、75年8-9月号の1曲目が『ドラキュラのうた』でした。このあと何度も(うた缶資料によると11回)再放送されることになる『ドラキュラのうた』の初出がこのテキストなんですね。ちょっと感動してしまいました。

♪ おいらはやぶっ蚊 吸血鬼
♪ ブーンブーンブーン


蚊取り線香も網戸もなんのその、闇に紛れて侵入してくるヤブ蚊と格闘した人は多いことでしょう。この鬱陶しいヤブ蚊を吸血鬼ドラキュラに見たてたところが斬新でした。

♪ 誰をねらうか うまそうだ
♪ ゴクリ生唾 湧いてくる
♪ ハダカのこどもに突進だ

危ない歌詞ですね。でもこれは蚊の話だから大丈夫。月岡さんが描く幼児体型の可愛い女の子に心おきなく急降下爆撃できるところも、人気の秘密(?)だったかもしれません。

女の子の血を吸うシーンは当時の映像では注射器で採血するシーンとして描かれてました。それはそれで洒落ていたのですが、再放送を重ねるうちにこのシーンは何時の間にか、腕に止まった蚊がピシャリと叩かれて気絶するシーンに差し替えられていました。『コンピューターおばあちゃん』みたいに苦情が来たんでしょうかね。ドラキュラがマントをばっと広げてニヤリと笑うシーンも怖さ3割減ぐらいに修正されたそうです。

と思っていると今年4月の70年代スペシャルでは、注射器バージョンが放送されてました。やっぱり問題ないということになったのでしょうか。特集番組の一瞬のシーンにクレームをつける人も少ないということかもしれませんね。

♪ たんと吸ったぜ うまかった
♪ 風に吹かれてひとっ飛び

満腹したヤブ蚊たちは風に乗ってゆったり藪の寝ぐらに帰っていきます。憎らしいんですけど、棺桶のなかにふらふら着陸してパタンと蓋がしまるところが面白いので、許してしまいます。ドラキュラ城に雷鳴が轟くラストシーンも大げさでおかしいですね。

擬人化したヤブ蚊君に人気が出たためでしょう、このあと3年連続で8月になると『ドラキュラのうた』が再放送されてました。まさに「夏がくれば思い出す」作品と言えるでしょう。


『ドラキュラのうた』
作詞:小黒恵子
作曲:クニ河内
編曲:クニ河内
うた:クニ河内、東京放送児童合唱団
映像:月岡貞夫
初回放送:1975年8,9月

|

« 中山知子さんの蔵書 | トップページ | 海浜幕張付近 »

コメント

何でオスの蚊が血を吸うのか。間違った知識をデタラメを教えたらいけないと思う。

投稿: 特命希望 | 2013年1月11日 (金) 07時09分

ごもっともです。ひょっとしたら、野球帽をかぶって「おいら」と自称するメスなのかもしれませんね。

投稿: くじょう | 2013年1月17日 (木) 21時26分

野球帽をかぶって「おいら」と自称するメスかも・・・ナイスな回答です。ところで宮城にはタイガーと言う名のパチンコ屋があるのですが、そのキャラクターが何とライオン!勘違いする子供が増えないか心配です。その昔、天才バカボンのオープニング曲で「西から昇ったお日様が東に沈む」でエライ目にあってますので・・・

投稿: キャッスルパレス宮城 | 2014年8月 4日 (月) 19時35分

イメージキャラクターに何を使ってもお店の自由ではありますが、「タイガー」なのにライオンのキャラクターは紛らわしいですね。統一したブランドイメージをつくることには失敗しそうです。もしかしたら店内に虎派と獅子派があって、両者譲らなかったあげくの妥協の産物なのかもしれませんね。

投稿: くじょう | 2014年8月 8日 (金) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/51910063

この記事へのトラックバック一覧です: 【みんなのうた50年史】 『ドラキュラのうた』(1975年):

« 中山知子さんの蔵書 | トップページ | 海浜幕張付近 »