« みんなのうたナイト 第二夜 | トップページ | 狭義の一般的信頼の生成メカニズム »

2011年7月29日 (金)

第9集~第14集入手

1311914705804.jpg

オークションで日本放送協会編の楽譜集、第9~第14集を入手しました。第1~第8集はかなり以前に古本屋さんで買ってますので(1冊100円でした)、第14集まで364曲がそろったことになります。

日本放送協会編の楽譜集にはなぜかしら1961、62年ごろの初期の曲が収録されてないのですが、水星社の1、2集があるのでそちらもほぼカバーされていると思います。これで第14集の対象である1972年の曲までがほぼそろいました。

中山知子さん楽譜で1975年の8月から12月の分はありますし、1976年8月からは自分の録音コレクションがありますので、空白期間は1973、74年にまで狭まってきました。でもスタジオで先だって聴いた『おでんの唄』なんかはこの期間(1974年2、3月)なんですよね。あともうちょい集めて1300曲を揃えたいものです。

|

« みんなのうたナイト 第二夜 | トップページ | 狭義の一般的信頼の生成メカニズム »

コメント

ここまでマニアだっとは・・・・・・御見それしました。
親近感湧くなぁ~。うれしいなぁ。
楽譜を後から集める苦労を知っているので、感心しました。

『おでんの唄』は物語になっていて印象が強い曲。
『鬼の願い』とか古いところでは『蛙』という曲もストーリーが
ありました。
放送されなかったけど、道原さん、録音できたんだろうか?

また、ちょくちょく遊びに来ます。
みんなのうたの話題を時々のっけといてくださいね。(^^)

投稿: るんるん | 2011年7月29日 (金) 20時09分

お陰様でだいぶ集まってきましたけど、まだまだですね。オークションは出品されないと始まりませんので、水星社の3、4集とか手に入らないものはいつまでも手に入りません。古本屋でお集めになったときにはもっとご苦労がおありだったことでしょうね。

『鬼のねがい』子供の頃聴いてました。なぜあと一段なのに寝てしまうんだと歯がゆく思ったものです。完成が見えると油断するケースが多々あることはその後何度も経験しましたが…。今回、第9集で再会できて嬉しかったです。

『蛙』は知りませんでした。1964年の曲は日本放送協会編の第2集にだいたい載っているのですが、この曲は漏れてますね。ちょくちょくそんなケースがあって最後の一段がなかなか積み上がりません。油断は禁物です。

『おでんの唄』スタジオでダビングは無理そうでしたから、道原さん録音されてないかもしれません。是非再放送で流してほしいですね。とてもユーモラスな曲でした!

投稿: くじょう | 2011年7月30日 (土) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/52337592

この記事へのトラックバック一覧です: 第9集~第14集入手:

« みんなのうたナイト 第二夜 | トップページ | 狭義の一般的信頼の生成メカニズム »