« 竿燈まつりのあと | トップページ | 直江兼続の史跡 »

2011年8月 7日 (日)

奥羽本線の旅

6日は秋田から新庄、山形を経て米沢まで奥羽本線を18切符でひたすら南下しました。内陸を通る幹線の旅でローカル線という風情ではないですね。 秋田ー新庄間は横向きのロングシートでほぼ満席でしたし、新庄ー山形間は若干ボックス席があるもののやはり満席で山形に近づくにつれて満員となっていきました。その中で駅名は若干ローカル線ぽい風情を漂わせています。

1312725245612.jpg 1312725258918.jpg 1312725271407.jpg 1312725279513.jpg

院内は銅山や銀山で有名です。及位も著名な難読駅名ですね(「のぞき」と読む)。真室川は国語の教科書に載っていた鷹匠の物語で知られています。

1312725289599.jpg 1312725303472.jpg

1312725316404.jpg

車内で駅弁を食べる雰囲気ではなかったので新庄駅前のゆめりあという施設で、秋田駅で買ったハタハタ酢飯を頂きました。大きなハタハタが美味でした。

|

« 竿燈まつりのあと | トップページ | 直江兼続の史跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/52418881

この記事へのトラックバック一覧です: 奥羽本線の旅:

« 竿燈まつりのあと | トップページ | 直江兼続の史跡 »