« 今日の多摩川(9月28日) | トップページ | 彼岸花満開 »

2011年9月29日 (木)

【みんなのうた50年史】『ピノキオの歌』(1962年)

1317258122247.jpg

♪ ピノッキオ ピノッキオ
♪ ピノピノピノキオピノッキオ

1962年4-5月のうた、残り一曲は『ピノキオの歌』です。シンコペーションのリズムに乗って、楠トシエさんが元気いっぱいに歌い出します。

♪ 操り人形 木の人形
♪ トンガリ鼻の可愛い子

水星社のテキストによると「NHKテレビの子供向け人形劇のテーマソング」として作曲されたとあります。ただNHKの人形劇を調べてもピノキオを扱ったものは見当たりません。

BKという記述もありますので、JOBK(NHK大阪放送局)制作かと思って調べてみたのですが、そちらも見つかりませんでした。まあ、この時期の地方局制作の番組はネットでほとんどヒットしないので、実際にはあったのかもしれません。操り人形木の人形。テーマソングらしく、主人公の特徴が紹介されていきます。

1317258166929.jpg

1317258210161.jpg

ピノキオというと鼻ですね。嘘をつくと鼻がにゅにゅにゅと伸びる設定はこの人形劇でも存在したのでしょうか。久里洋二さんの作画を見ると鼻の長さにバリエーションがあります。馬としゃべっているシーンやサーカスのシーンではずいぶん長くなってますね。やっぱり鼻を伸ばしていたのかもしれません。

ピノキオに性格について1番では「元気なおしゃべり腕白小僧」と無難な紹介ぶりです。これが2番になると「ワガママいたずら暴れん坊」とずいぶん言いたい放題になります。よくいえば腕白、悪くいえば…というところでしょうか。

1317258242804.jpg

1317258276595.jpg

これは善良そうなゼペットじいさんをうっちゃらかして、おもちゃの国に遊びにいくシーンのようです。ピノキオを翻案した『樫の木モック』では「ワガママいたずら暴れん坊」という性格が災いして暗~い展開が続いた印象があります。

ただ、この作品では曲や絵をみる限り暗いイメージはないですね。野や街を駆け回るやんちゃ坊主というキャラ設定なのでしょう。

1317258306553.jpg

3番ではピノキオは海に飛び込みます。これは、どうやらサメに食われるシーンのようですね。知ってるバージョンでは、クジラのお腹のなかでゼペットじいさんに再会してピノキオは人間になるのですが、果たしてどうなるのでしょうか。

でも、こうしてみると2分半のなかにピノキオの主なエピソードが収められていることが分かります。『樫の木モック』や『ピコリーノの冒険』以前にピノキオを日本に紹介した貴重な作品だったのかもしれませんね。


『ピノキオの歌』
作詞:東康介、山本澄子
作曲:田中正史  
うた:楠トシエ
動画:久里洋二
初回放送:1962年4-5月
(画像は水星社テキストより)

|

« 今日の多摩川(9月28日) | トップページ | 彼岸花満開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/52859470

この記事へのトラックバック一覧です: 【みんなのうた50年史】『ピノキオの歌』(1962年):

« 今日の多摩川(9月28日) | トップページ | 彼岸花満開 »