« オール1の日 | トップページ | 70年代発掘曲一覧(11/19修正) »

2011年11月14日 (月)

60年代発掘曲一覧(11/17修正)

みんなのうた公式HPに曲目一覧のページがあって、映像や音源のない曲には「映像・音声を探しています」という表示がついています。これがいわゆる「みんなのうた発掘プロジェクト」というものなのですが、いっとき「探しています」の表示がはずれている曲が増えて映像や音源が見つかったと喜んでました。

そこで「映像・音声を探しています」の表示が消えた曲の一覧をつくって、映像と音声が発掘されたはずの曲のリストとしたのですが、その後あらたに「音声発掘!映像を探しています」の表示と「映像・音声を発掘!」の表示が一覧につけられて、映像発掘か!と喜んだ曲の大半は音声のみの発掘であったことが判明しました。

もちろん音声の発掘も重要な成果ですが、映像あってのみんなのうたということもありますので、やはり残念ですね。そんなわけで、前のリストを修正して、音声のみの発掘曲に☆をつけ映像も発掘された曲に★をつけてみました。

まず60年代のリストを以下に示します。音声のみの発掘曲が75曲、映像・音声の発掘曲が3曲、合計78曲がこの時期の発掘曲のようです。最古の映像発掘曲は『こびとの歌』(1967年)でビデオ普及以前の作品ですので8ミリフィルムか何かで残されていたのでしょうか。是非みてみたいものです。

[1961年]  ☆3曲
☆登山電車(フニクリ フニクラ)
☆雪の降る町を
☆雪山讃歌

[1962年]  ☆35曲
☆きれいな帽子
☆掲示板のうた
☆手のひらを太陽に
☆歌うよカッコウ
☆バスの歌
☆花
☆花まつり
☆ピクニック
☆ピノキオ
☆もしぼくが
☆アイスクリームのうた
☆あすなろ
☆大きな古時計(1962年版)
☆気のいいあひる(1962年版)
☆ドレミの歌
☆波をこえて
☆アイルランドの子守唄
☆アップアップアップリケ
☆一、二、三、・・・
☆おなかのへるうた
☆川で歌おう(ラサ・サヤン)
☆夏の思い出
☆踊ろう楽しいポーレチケ
☆カラスの歌
☆サモア島の歌
☆ちいさい秋みつけた(1962年版)
☆デビークロケットの歌
☆パパはママが好き
☆駅馬車
☆サンタはどこにいる?
☆シーハイルの歌
☆ずいずいずっころばし(1962年版)
☆線路は続くよどこまでも(1962年版)
☆白銀はまねくよ
☆ビビディ・バビディ・ブー

[1963年]  ☆20曲
☆空に落書きかきたいな
☆小さな靴屋さん
☆赤い河の谷間
☆一週間
☆歌えばたのし
☆河はよんでる
☆口笛吹いて ~ボギー大佐より~
☆春のロンド
☆ひので号の歌
☆キャンプ料理
☆田植歌
☆逃げた小鳥
☆バナナをたべる時の歌
☆ひとりぼっちの羊飼い
☆船のりの夢
☆木曽節
☆谷間のキャンプ
☆トンチあそび
☆走ろう小馬よ
☆ミシェルおばさん

[1964年]  ☆1曲
☆ゆかいに歩けば

[1965年]  ☆2曲
☆レロンレロンシンタ(1965年版)
☆小さなカレンダー

[1966年]  ☆4曲
☆オリバーのマーチ
☆とっくりやしの木
☆ママとゴーゴー
☆雪のふるまちを

[1967年]  ☆4曲 ★1曲
☆グリーングリーン
★こびとの歌
☆世界一周
☆街
☆えんぴつが一本

[1968年]  ☆1曲 ★1曲
☆みどりいろの翼
★じゃがいも

[1969年]  ☆5曲 ★1曲
☆イナレオタ ~さかだちのうた~
☆さっさか大阪
☆星のヨーデル
★うちのネコ ぼくのネコ
☆ひとりぼっちの旅
☆夕陽の笛

|

« オール1の日 | トップページ | 70年代発掘曲一覧(11/19修正) »

コメント

お久しぶりです。

それにしても、60年代のものがこれだけ発掘されたとは、
まさに快挙ですね。
(まさかスタッフの入力ミスじゃないですよね・・・)
とりあえず、再放送枠、特番、もしくはDVDなどに活かして欲しいですね。

特に興味があるのは、
「雪山讃歌」「掲示板のうた」「あすなろ」「白銀はまねくよ」
あたりでしょうか。
古い曲はCDなどで耳にしていたので、ぜひ映像を見てみたいです。

・・・個人的には、
「わんぱくマーチ」「禁じられた遊び」「あんまりみどりがあかるいから」が、
何よりも好きなのですが、見つからないようですね。

投稿: トム | 2011年11月14日 (月) 23時07分

トムさま

さっき公式HPをみたら、62、63年の曲については「音声を発掘!映像を探しています」に変わってました。新しいキャプションを用意する間に暫定的に前のキャプションをはずしていただけだったようです。ぬか喜びでしたね…。残念…。

映像発掘の一番古いものは1967年の「こびとの歌」みたいです。これには「映像・音声を発掘!」とついていました。改訂一覧をつくりますのでしばらくお待ちください。

投稿: くじょう | 2011年11月16日 (水) 09時30分

『きれいな帽子』『サンタはどこにいる?』

この2曲は、ディープな番組ファンにとっては貴重です。

1曲目は著作権の関係で楽譜が掲載されなかった
いわば幻の曲です。
シャンソン歌手の芦野宏さんがあの軽快な歌唱で
お洒落に歌っていますが、外国曲だけあって、
今聴いても全く古さを感じません。

2曲目はサンタクロースの歌なので季節限定でした。
要するに12月だけ放送されたということです。
スリー・グレイセスが歌っていますが、
『きれいな帽子』と同じように外国の素敵な曲です。
赤鼻のトナカイ、ジングルベルのような有名な曲では
ありませんが、楽しさいっぱいの曲で大好きです。

私が以前から気づいていたことがあります。
芦野宏さんとスリー・グレイセスのみなさんの曲は
外国曲ばかりのためか、著作権が絡んで楽譜も
発表されないため、今日では謎の曲になって
しまっているということです。

そういう意味では、曲が発掘されたことは大ニュース
と言えます。
NHKのラジオ特番に期待しましょう!

投稿: るんるん | 2011年11月20日 (日) 20時20分

『きれいな帽子』って曲目リストにしか載ってなくて、レコードも楽譜もない本当に幻の曲だったんですよね。曲紹介の記事を書く度に、どんな曲なんだろうと思ってたものです。そんなにお洒落な曲だったのですね。

60年代初期の作品たちも本当に素敵な曲たちだったのでしょう。音源発掘は朗報ではやく聴いてみたいものです。著作権の関係で放送できません…なんてことになりませんように!

投稿: くじょう | 2011年11月25日 (金) 17時13分

『おれだけの海』の歌唱者について

やはり、高橋キヨシさんとしか思えません。
改めて歌声を確認してみました。
そして、およそ10年前にこんな書き込みをしている自分を発見しました。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/4844/guestbook7.html

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/4844/guestbook8.html

http://www.geocities.jp/stage101_2004/newpage2.html

投稿: るんるん | 2011年12月10日 (土) 21時50分

初めて投稿します。

62年と63年の音声がたくさん残っているのには驚きました。しかし流石に映像付きが少ないのはがっかりしました。かつて「特集みんなのうた」で紹介した「さっさか大阪」が音声だけ、そして、TBSの「テレビ探偵団」で幼少時の清水ミチコが出演してシーンを流した「高山にカンカコカン」(69年)が「映像無し」というのも空しいです。だが、最近の「ユーチューブ」で、64年の「いかりを上げて」「若人のうた」「山道ゆくなら」、67年の「勇気のうた」(名曲!)、そしてかつてここで取り上げた、ブルコメの「ぶたが逃げた」が、1分にも満たない程度で投稿されてました。これらがNHKに提供されて欲しいです(特に「ぶたが逃げた」は!)

投稿: マーチャン | 2012年4月 6日 (金) 23時55分

マーチャンさん

情報ありがとうございます。発掘プロジェクトに提供した音源の一部を載っけてらっしゃる方がおられるのですね。一部ながら綺麗な音源で放送当時の雰囲気が伝わってきます。ざっと15、6曲あったでしょうか。全然知らない曲もあって発掘スペシャルで放送されるのが、とても楽しみです。

64年ごろってエンディングにもオープニングのジングルが鳴っていたのですね。いろいろ分かる貴重な音源が聴けて良かったです。みんなのうたってつくづくいいですねえ!

投稿: くじょう | 2012年4月10日 (火) 01時00分

まったくですねぇ。(o^-^o)

そうこうしている間に、ユーチューブでは続々新曲が投稿されました。60年代だけでも見てみると、1964年の「海のマーチ」(同名のクラシックマーチが原曲)「ドミニク」(名曲だ!)「フルーツサラダのうた」(これも!)「ひかるこみち」、1965年の「トム・ピリビ」(以前紹介したな)「ぼくらのトロイカ」、そして1968年の「あだ名のうた」などです。

これらの内思い出があるのが「あだ名のうた」です。これは以前「発掘SP」で紹介した「イナレオタ」と共に、私が初めて「みんなのうた」を見た時の歌でした。歌の内容はさっぱり分かりませんでしたが、アニメが面白かったでした。そこでNHKサイトで調査すると、この歌は「イナレオタ」と同じ「FEC」(「あしたへ賭ける数え歌」の「松本光平」?)であり、更に歌はスリー・グレイセス(「魔法使いサリー」の主題歌を歌った!)である事が判明しましたが、映像・音声は無い事が分かりました。提供して歌だけでも聴きたいと思います。m(_ _)m

投稿: マーチャン | 2012年4月20日 (金) 22時52分

「70年代発掘曲一覧」の項で、映像付き曲が入ってきたと述べましたが、その後の調査で、この時期にも映像付き曲が3曲入ってました。
*1963年6 - 7月放送の「逃げた小鳥」
*1966年8 - 9月放送の「ひなげし」
*1966年12月 - 1967年1月放送の「こうして踊ろうよ」(「ヘンゼルとグレーテル」から流用した曲らしい)
こんな時期の曲が入っているとは驚きです。この頃は当然ながら家庭用VTRが存在せず、せいぜい8ミリ映像(いわゆる「キネコ」)しかないでしょう。それでも提供されたのは凄いです。是非見てみたいものです(特に「こうして」は)。そしてもっと曲が集まったり、発掘SPを又やって欲しいです。

投稿: マーチャン2 | 2013年12月 4日 (水) 00時10分

しばらくぶりですが、すごい情報が入りました。

8・9月に再放送される曲のうち、この時期の放送されたのが多数存在します。
*こうして踊ろうよ
*星のヨーデル
*さっさか大阪
*われは海の子(ラジオのみ)
*夏休み日記(〃)
「さっさか大阪」は「特集」で放送されて以来ですから、40年振りですが、他の曲はまったく見た事や聴いた事がありません。どんなのか楽しみです(特に「こうして~」は)。

投稿: マーチャン3 | 2015年7月21日 (火) 20時41分

テキストを買ってきました。ほんとに8、9月の再放送曲はすごいですね。『こうして踊ろうよ』(1966年)と『星のヨーデル』、『さっさか大阪』(ともに1969年)の映像が残っていたことが特にすごいです! テキストにも一部画像が掲載されていますが、期待が膨らみますね。「きつねうどん50円」というのがご愛嬌ですが「天ぷらうどん」が何円だったのかも気になります。

『たいへんだぁ』(1986年)も懐かしいですね。塾屋をやってた時期なので、塾の子供たちが「子どもはたいへんです」と嘆いていたのを思い出しますね。こちこち追いかけてくる時計の手足がシュールでした。

投稿: くじょう | 2015年7月25日 (土) 11時54分

おかげさまで、全曲録画&録音出来ました。

「こうして踊ろうよ」は、「ヘンゼルとグレーテル」をイメージした人形劇風なのがすごかったです。半世紀弱前にもこんな秀作があったのですね。また、「特集」以来40年振り拝見の「さっさか大阪」、道頓堀・通天閣・大阪城をはじめとした、1969年当時の大阪がいっぱい出て来ました。これが放送された当時は、翌年に「万博」(懐かしいなァ)が開催されるので盛り上がった時ですからね。
(でも放送では断り書きが無かった。これを見て現在の視聴者はどう思うのか)

色々と拝見出来ましたが、明日から高校野球、そのため「みんなのうた」放送は、総合の10時台と昼間、Eテレの正午台が無しになります。センバツ時期同様嫌なシーズンですな。

投稿: マーチャン3 | 2015年8月 5日 (水) 09時53分

高校野球と国会中継と大相撲はみんなのうたの三大天敵ですからねえ…。特に夏休みにせっかくテレビで映像がみれるはずなのを邪魔してくれる高校野球は恨めしかったですね。今は録画できるのであんまり気にならなくなりましたが。

映像発掘の3曲、どれも画面が綺麗でビックリです! 家庭用ビデオの映像ではないように思うのですが、一体どこにあったのでしょう。神原さんは「音源提供」になってますし、映像は別途見つかったのかもしれませんね。「ヘンゼルとグレーテル」ってお菓子のおうちで魔女をやっつける話だと思うのですが、あんなにダンスを踊るシーンってあったのでしょうか?

投稿: くじょう | 2015年8月 8日 (土) 01時11分

10・11月のテキストが発売されました。

再放送曲では、この欄にある「おなかのへるうた」と、欄には無い「木の葉くん」が楽しみです。「おなかの~」は良く知られてる童謡ですが、どんな風に歌われているのか、そして「木の葉くん」、作詞とアニメは最近放送の「春をよぶ夢」と「なかよしファミリー」、そして「小犬のプルー」でお馴染みの佃公彦です。この短期間に佃アニメが頻繁に登場しますね。

また1970年代から「竹田の子守唄」が登場!! 私が初めてテキストを買った1974年12月・1975年1月以来の登場です(同時期には「寒太郎」が初登場だった)!! 「特集」ではOPに一部だけ登場したくらいなので、これも楽しみです。

投稿: マーチャン3 | 2015年9月18日 (金) 17時29分

コメントありがとうございます。早くも次の再放送曲のシーズンになってしまいました。

『木の葉くん』はレコードで聴いたことがあるのみでオリジナルは聴いたことないですね。映像も楽しみです。佃公彦さんの作品が続くのは、佃さんの所に映像が保管されていたためかもしれません(もちろん推測にすぎませんが)。『竹田の子守唄』も再放送がなかった作品ですね。何年か前に自分の所属するコーラスグループで歌ったことがあります。哀愁溢れるうたですが、ペドロさんたちがどう歌ってらっしゃるのでしょうか。映像がないのが残念です。

投稿: くじょう | 2015年9月21日 (月) 18時43分

「木の葉くん」を録画し、「おなかのへるうた」と「竹田の子守唄」も録音出来ました。

「木の葉くん」はお馴染みの佃アニメではあるが、今まで見たのがカラフルであったのに対し、茶色の画面に線画での地味なアニメでしたが、落ちない木の葉くんと見守る男、そして木の葉くんに出会うキャラのほのぼのさが良かったです。

「おなかのへるうた」は放送時間に合わせて歌を2回歌ったものの、イントロが大幅変更、おまけに交響曲風の間奏があるのに驚きました(水星社版には映像一部が掲載されてるが)。また「竹田の子守唄」、小さい頃に聞いたのが懐かしく思います。確か映像では、夕焼け時に子供が赤ん坊を背負ってました。同時期の「寒太郎」が何度も再放送され、佃も製作した「なかよしファミリー」なども再放送され、やっと本曲がが放送されたのはうれしかったです(加えるならば映像も)。

投稿: マーチャン3 | 2015年10月 4日 (日) 16時53分

ようやく今月再放送の三曲を聴くことができました。『おなかのへるうた』の間奏は確かに新鮮ですね。ディズニーか何かみたいです。ペドロ&カプリシャスのの歌う『竹田の子守唄』もはじめて聴きました。少し尺が短いのでリフレインとかがなくなってますが、情感豊かで良かったです。『木の葉くん』は映像でみた方が一段と切ないですね。皆に見守られながら天にのぼる木の葉くんの姿が心に残ります。映像は個人の提供なので家庭用ビデオで撮ったものでしょうか。比較的綺麗に残っていて良かったです。

投稿: くじょう | 2015年10月20日 (火) 15時43分

新テキストを入手しました。

今回の映像曲は大半が1990年代以降、音声曲では40年以上前の「みかん山で」と「雪映えの町」がありました。でも「みかん山」は聞いた事なく、「雪映え」は「寒太郎」初登場時の1974年12月以来です。

そんな中、この項目にある「ママとゴーゴー」が音声曲として再放送されます。私は幼少時に聞いた事が有り、その後もCDやユーチューブで聞きましたが、CD・ユーチューブは杉並児童合唱団のみ。今回は弘田三枝子がメインになってます。この時期ミコちゃんは、まだプクプクしてた頃ですな。ミコちゃんの「みんなのうた」曲が聴けるのも、1975年4月の「ちゃっきり節」以来です。楽しみ。

投稿: マーチャン3 | 2015年11月19日 (木) 11時08分

『ママとゴーゴー』は多分「おかあさんといっしょ」でよく耳にしてたと思います。花の名前と食べ物の名前が早口言葉みたいだったのを覚えてます。みんなのうたではかなり早い時期に放送してたんですね。『みかん山で』は楽譜集でしかお目にかかったことがありません。お姫様になる夢を見ながらみかん山で結婚した娘さんのお話です。どんな歌なのでしょうか。

投稿: くじょう | 2015年11月27日 (金) 08時30分

「みかん山で」と「ママとゴーゴー」を録音しました。

「みかん山で」はフォークソング風ですが、山の少女が大きくなって結婚するという内容は幻想的ですな。

そして「ママゴー」。ゴーゴーとはいうものの曲はツイスト風ですが、やはりミコの歌は威勢がいいですな。CDやユーチューブ(「歌のメリーゴーラウンド」から。これが出身番組)と比べると、ミコの歌が勝ってます。でもどんな映像だったのでしょうか。サイトでは久里洋二が手掛けてるとなってますが。

投稿: マーチャン3 | 2015年12月 6日 (日) 18時14分

『みかん山で』はしっとりした曲かと想像してましたが明るく賑やかな曲でしたね。楽譜だけでは伴奏まで想像するのは難しいものです。『ママとゴーゴー』は録音がうまくいかなかったので来週のおたのしみになりました!

投稿: くじょう | 2015年12月10日 (木) 11時31分

『ママとゴーゴー』なかなかロックな歌いっぷりですね! これまでとイメージが変わりました。時々演歌っぽくてママ自慢がよく伝わってきます。コーラスは素直な歌いかたで対照的です。花の名前が並ぶ2番にはこちらの方が合ってますね。それにしてもこんなにアップテンポな曲だったとはびっくりぽんです。

投稿: くじょう | 2016年1月 3日 (日) 23時26分

この中に入ってない「雪になりたい」、「空をみあげて」、「ついてないときのうた」が、来月ラジオで再放送されます。

「ついてない」は以前CDで聞いた事があります。この時はまだNHKにも音声が存在してました。歌は「もえあがれ雪たち」も歌った、「ひょっこりひょうたん島」のハカセこと中山千夏。放送では初めてです。
(なお映像は「プルー」2部作や「春をよぶ夢」などでお馴染みの佃公彦。この曲だけ今のところ映像が無い)

「雪になりたい」は、当時「世界は二人のために」でブレイクしていた佐良直美。芸能界では人気者でしたが、「みんなのうた」はこれと「ぼくの海」しか出演してません。また「空をみあげて」はまたまた九ちゃんの曲です。この1年、没後30年の節目を思わせる様に、九ちゃんの「みんなのうた」曲が登場しました。両方とも初めて聞く歌です。どんな歌でしょうか。

投稿: マーチャン3 | 2016年1月28日 (木) 23時48分

お陰様で3曲を録音できました。「ついてないときの歌」はCD版と変わりないですが、やはり中山さんの歌は力強いです。

一方の「空をみあげて」、元々は「歌のメリーゴーラウンド」の曲だったんですが、九ちゃんが歌うと、やはり九ちゃんナンバーですな。特にラスト近くで九ちゃんが「もっと早く」などという台詞は、「幸せなら手をたたこう」や「ジェンカ」みたいです。
(もっとも「歌メリ」バージョンでもあの台詞は入ってましたが)

「雪になりたい」は「30年前のテープ救出作戦」に記載しました。

投稿: マーチャン3 | 2016年2月13日 (土) 17時11分

『空をみあげて』は聞いたことがあります。が、途中からテンポアップするのは知りませんでした。九ちゃんのアドリブかとも思いましたが、そうでもないのですね。ラストの叫び声はビックリです。

『ついてないときの歌』は初めて聞きました。中山千夏さんが歌ってるせいか、アニメの主題歌、それもエンディングテーマみたいに聞こますね。短調からはじまってサビが長調になるのも主題歌っぽいです。映像は佃さんの初出のようです。どこかに残ってないでしょうか。

投稿: くじょう | 2016年2月19日 (金) 00時55分

この中にある「アイスクリームのうた」と「グリーングリーン」が、6月に再放送される予定です。「グリーングリーン」はCDでは聞いた事は有りますが、番組ではどんな曲だったんでしょう。

またピンキラの「あそぼうよ」もラジオで再放送の予定。レコードでは聞いた事はあります(ピンキラはキング所属)が、以前のリクエスト特集では無かったため、ようやく見つかったらしいです。今陽子にとってはこれと、ピンキラ解散後の「シング」だけですから。

ほかにもCG処女作「算数チャチャチャ」や、前に「発掘SP」で放送された「ツビレグツブレグマーチ」も出ます。あとは「お楽しみ枠」情報ですな。

投稿: マーチャン3 | 2016年5月18日 (水) 19時46分

『グリーン グリーン』の再放送があるんですね。みんなのうた版では何番まで歌われたんでしょうか。フルコーラスは無理として途中で終わるのか、途中を飛ばしてお父さんがいなくなる所は入れるのか。楽しみですね。『算数チャチャチャ』は3番もあるようで一段と難解な歌詞になっています。全然算数ではない曲です!

投稿: くじょう | 2016年5月20日 (金) 00時48分

「グリーングリーン」は7番まである内、1・2・3・7番を歌います。「父との別れ」を意味した5番は歌われません。

ウィキ調査だと、この「別れ」ってのは色々な説があり、「戦争に駆り出される」・「死去」・「人種差別関連で処刑」・「離婚」などです。

投稿: マーチャン3 | 2016年5月20日 (金) 09時36分

月が明けました。今月はこの60年代から「パパのバイオリン」・「オバケなんてないさ」・「だれもいない海」・「いつでもどきどきしてるんだ」がラジオのみで再放送されます。

「パパ」と「いつでもどきどき」はキング版LPで聴いた事が有りますが、オリジナルはどうでしょう。「オバケ」は幼少の頃、「おかあさんといっしょ」LPで聴いた事はありますが、この歌が「みんなのうた」出身、それも前に「ママとゴーゴー」を歌った弘田三枝子が歌うとは。「だれもいない海」は全く聴いた事がありませんが、内容からすると、トワ・エ・モアの歌とは異なります。どんなのか。

しかし「お楽しみ枠」はいいのが無いです。しかも最近のお楽しみ枠は最初から4曲ほど用意して、通常版同様2ヶ月放送するんです。前みたいに8曲用意して、1ヶ月交代じゃなくなりました。
(その頃が懐かしいのがあったのにな)

また今月は毎度お馴染みの高校野球、それに加えてリオデジャネイロオリンピックです!! この間の地上波放送は、Eテレの早朝と16時だけ。辛いなァもォ。ラジオだけで我慢するしかないですな。

投稿: マーチャン3 | 2016年8月 1日 (月) 23時35分

楽譜をみる限り「だれもいない海」はひとりぼっちのクジラを歌った寂しげな曲ですね。その一方、FOLK ROCKという指定もありますのでロックの要素も含まれているようです。レコードなどでも聞いたことがない曲で確かに気になりますね。

高校野球と大相撲は昔からみんなのうたの大敵ですが今年はオリンピックも加わります。録画のチャンスを逃さないようにしないといけませんね!

投稿: くじょう | 2016年8月 5日 (金) 08時17分

くじょうさん。
『だれもいない海』
すぐにでもお届けしましょう。
ただし多少揺れがあります。

投稿: るんるん | 2016年8月 5日 (金) 16時45分

今日はテキストを買い、この時期から64年の「すてきな雪景色」と68年の「何かいいことあるらしい」が再放送されます。

「何か~」はキング版で聞いた事はありますが、「すてきな~」はどんなのだろうとテキストを見ると、昔流行った「ウインターワンダーランド」です。私は別な歌詞の歌を「ピンポンパン」で聞いた事は有りましたが、「みんなのうた」ではもっと前に出てたんです。しかも歌は九重佑三子、そう、初代コメットさんです。コメットさんを演じる3年前にはどんな声だったんでしょうか。

投稿: マーチャン3 | 2016年11月18日 (金) 23時59分

「素敵な雪景色」、九重さんが歌ってらしたんですね。「コメットさん」はよく見てましたので懐かしいです。

♪ 一番星から見える一番星の〜
♪ ずっとずっと向こうから〜

という主題歌もよく覚えてます。今調べてみたら67年〜68年の放送なので、5、6歳のころに見たことになりますね。ただ後半のカラーになってからの分は再放送されてますのでそっちを覚えているのかもしれません。今知りましたが横山光輝さんの原作なんですね。

「何かいいことあるらしい」はレコードでお馴染みで、天地さんのキュートな歌声が素敵です。オリジナルはどんな感じなのでしょうか。

投稿: くじょう | 2016年11月19日 (土) 10時13分

今年最後の投稿です。

「すてきな雪景色」と「何かいいことあるらしい」を録音できました。「何か~」はレコードとあまり変わりませんが、「すてきな~」は思ってた通り「ウインターワンダーランド」でした。でも九重の歌は良かったです。

今日は大晦日、既に昨日からテレビ「みんなのうた」は無く、今日はラジオもなし、おまけに「一日三昧」もなしです。一杯曲が提供されたのに空しいです。今年の特集だってあまり曲を放送してませんでした。来年はどんな曲が放送されるのか。また特集は。

今年、私にとっては大変な1年、2度も手術で入院し、2回目は8年振りの外科手術でした。こんな時の「みんなのうた」というと、病室のテレビで「考えがあるカンガルー」や「りふじんじん」なんか聞いてました。今後あの曲を聴くたびにあの時、それに熊本地震も思い出すでしょう。

来年はいい年になってほしいです。では良いお年を。

投稿: マーチャン3 | 2016年12月31日 (土) 17時08分

マーチャン3さま

あけましておめでとうございます。昨年は大変なお年でしたね。無事に新しい年が迎えられて何よりです。年末年始、みんなのうたの特番も三昧もないのは寂しいです。開始56年という中途半端な年では期待しにくいですが、最近は話題になる新曲が出てないのも原因の1つかもしれません。それぞれいい曲なんですけどね。新しい素敵な作品に巡り会えることを楽しみにしたいと思います。では、今年もよろしくお願いいたします。

投稿: くじょう | 2017年1月 2日 (月) 11時00分

この欄にある「空に落書きかきたいな」と、書いてない「粉雪のポルカ」が再放送されます。どんな曲か楽しみです。

また70年代でも、「雪のわすれもの」(大竹しのぶの歌)、「雪国ぐらし」、「海を渡った鹿」、そしてジェリー藤尾の唯一の出演作「流氷の町 網走」も再放送されます。「流氷の町~」は前にユーチューブで聞きましたから久し振りです。

投稿: マーチャン3 | 2017年1月18日 (水) 19時54分

来月は発掘曲が沢山放送されそうですね。季節柄、雪とか流氷とか寒そうな曲が多いのですが『海を渡った鹿』も雪降る海を渡っていく鹿の話で輪をかけて寒そうです。太陽目指し飛んでいくイカロスが恋しくなりますね。『雪のわすれもの』はその中ではほっこりした曲で、暖かい気持ちになれる作品です。

投稿: くじょう | 2017年1月20日 (金) 17時22分

「粉雪のポルカ」はよく覚えています。東京オリンピックの年で、ポーランド民謡、峯陽氏の訳詞。♫きたかぜラララ、ふいたらラララ、ポルカをラララ、わになっておどろう・・・ という弾むような舞曲でした。中間部で属調に転調するので、音感のない子供は歌いづらかったでしょう。

個人的には冬の歌では、やっと音声のみ発掘されたらしい「冬の行進」の再放送を熱望しているのですが、生きているうちに聴けるかどうか。

投稿: KPO | 2017年1月31日 (火) 21時30分

KPOさま

『粉雪のポルカ』は残念ながら聴いたことないのですよね。今回の再放送もイレギュラーな時間帯にやってるのでまだ聴けていません。調べてみるとMIDIで曲だけ載せてるサイトがあったので聴いてみました。確かに楽しい曲ですね! 輪になって歌い踊っているさまが目に見えるようです。途中で転調するのもいい感じです。今度の土曜日には歌つきできいてみたいですね。『冬の行進』もみんなのうた版でなければ、いくつか上がってますが、こちらもちゃんとした再放送ではやくきいてみたいです。

投稿: くじょう | 2017年2月16日 (木) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/53240075

この記事へのトラックバック一覧です: 60年代発掘曲一覧(11/17修正):

« オール1の日 | トップページ | 70年代発掘曲一覧(11/19修正) »