« 世界の風力発電導入量推移 | トップページ | 世界の太陽光発電導入量 »

2011年11月 2日 (水)

【再放送曲】『さかあがりの夕焼け』(1981年)

1320246454483.jpg


♪ 夕暮れの校庭に 残されたものは
♪ いくつもの足跡と 忘れかけた夢

30年ぶりに『さかあがりの夕焼け』を再放送してます。1981年というと大学に入った年で、自分的にはつい先日なのですが、いつしか30年もたってしまいました。

「夕暮れ」「校庭」そして「夢」。出だしからノスタルジーを感じさせる言葉が並んでいます。久しぶりに小学校の校庭に立ってみたところでしょうか。≪みんなのうた≫ではすこし珍しく舞台設定です。

♪ 鉄棒にぶらさがり 一回りしてみた
♪ 暮れなずむ街の空に さかあがりの夕焼け

実写版の映像も30年ぶりに見ることができました。ひょっとすると発掘映像なのでしょうか。何となくずっと知多半島武豊付近の情景かと思っていたのですが、全然違って山形県白鷹町が撮影地でした。最上川東岸に佇む見事な木造校舎ですね。多分、今はもうないのでしょうけど、もしも残っていたら貴重な文化財になりそうな立派なつくりです。

1320827331878.jpg

校庭でサッカーに興じる子供たち。そのかたわらでくるりとさかあがりしてみると、天地がぐるりと入れ替わり、「あの日」みた夕焼けが視界に入ってきました。

♪ いつにない楽しさは 時の流れをよそに
♪ いつの日にもここにある 確かなぬくもりのせい

風景が入れ替わると同時にメロディーもドミナントモーションをさかのぼって5度転調します。「あの日」へのタイムスリップを示す見事な演出ですね。

時の流れを越えて脈々と生き続けるぬくもり。いつの日にもここにある自らの原点を確認して、思いは現在に帰ってきます。

そこで目にしたものは「どこにでも旅に行けるあどけない汽車」。音楽の可能性を求めて渡米した清須さん自身の思いを乗せた汽車なのかもしれませんね。

一回しか放送されてない曲なので知ってる人は少ないかもしれませんが、大学に入って新しい世界に踏み出そうとしていた頃に聴いた印象深い作品です。こういう曲に再会できるのも50周年ならではでありがたいことです。

『さかあがりの夕焼け』
作詞:清須邦義
作曲:清須邦義
編曲:瀬尾一三
うた:清須邦義
映像:(実写)
初回放送:1981年 6-7月

|

« 世界の風力発電導入量推移 | トップページ | 世界の太陽光発電導入量 »

コメント

ああ~ 放送されてたんですね
見損ねた~

本放送も、その9年後の再放送も見てます。
けど、曲は全く記憶に無い・・・
映像だけが印象に残っていました。

投稿: | 2011年11月30日 (水) 22時07分

コメントありがとうございます。

そうなんです、放送されてたんですよ。
90年の再放送はみてないのでとても懐かしかったです。
曲自体はカセットテープに録音して折にふれて聞いてましたので
よく覚えていたのですけどね。映像の方はすっかり忘れてました。

次の再放送はいつになるのかわかりませんので
今回の発掘曲も含めてNHKの放送アーカイブスで
見れるようになるといいですね。

投稿: くじょう | 2011年12月 3日 (土) 11時59分

プチ情報

清須邦義さんは、NHK「ステージ101」に出演したの〝ヤング101〟のメンバーでした。

投稿: るんるん | 2012年1月 8日 (日) 17時32分

私も映像を見ました。久し振りで懐かしかったです。たしかお祭りのシーンでは、たのきんトリオらしき写真が売られていました。時代ですねえ。

そしてラストシーンでは赤い列車が走ってましたが、あれは現在の山形鉄道(別名:フラワー長井線)でした。当時は国鉄赤字ローカル線の中の一本でした。30年もたつとイメージがずいぶん変わりますね。

なお私は昨年10月ごろ、山形鉄道沿線に旅行に行った事がありました。まさかこの楽曲の場所に行けるなんて…。

投稿: マーチャン | 2012年4月14日 (土) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/53148172

この記事へのトラックバック一覧です: 【再放送曲】『さかあがりの夕焼け』(1981年):

« 世界の風力発電導入量推移 | トップページ | 世界の太陽光発電導入量 »