« 大体できた | トップページ | 杉並児童合唱団ニューイヤーコンサート »

2012年1月19日 (木)

【みんなのうた50年史】『調子をそろえてクリック・クリック・クリック』(1962年)


♪ 今日も朝から一日中 ハサミの音も軽やかに
♪ 羊刈るその仕事場に 山なす白いその巻き毛!

お馴染みの陽気なメロディですね。1962年10月初回放送の『調子をそろえてクリック・クリック・クリック』はDVD第1集にも収録されていて、初期みんなのうたの中では映像をいつでも楽しめる貴重な作品です。

公式HPでは「オーストラリア民謡」となってますが、このページ(http://www.geocities.jp/ezokashi/english/e_clickgotheshears.html)によると原曲はヘンリー・クレイ・ワークの作曲だそうですね。そう、『大きな古時計』の作者です。古時計とは全然印象が違う曲想で意外に感じました。でも、そう言われて見ると「今は、もう、動かない」と「調子をそろえてクリック、クリック、クリック」は似ていなくもありませんね。

ワークの原曲は1865年発表の『Ring the Bell, Watchman!(見張りよ、鐘を鳴らせ)』です。このページ(http://www.mudcat.org/@displaysong.cfm?SongID=4969)に英語の歌詞が載っています。高い鐘楼の上で年老いた寺の管理人が栄光の鐘が鳴るのを待っている。見張りよ、勝利の鐘を鳴らせ!鳴らせ!鳴らせ! といった大意ですね。1865年という時期を考えると南北戦争を歌ったものなのでしょう。この鐘はひょっとしたら奴隷解放の鐘、自由の鐘なのかもしれません。羊を刈るハサミの音とはえらい違いです。

このメロディはイギリスに渡ってシーシャンティ(イギリスの船乗り歌)の一つになりました。『Strike the Bell Second Mate(鐘を打ち鳴らせ、二等航海士よ)』です。このページ(http://chivalry.com/cantaria/lyrics/strikebell.html)の歌詞によると、今度は嵐を告げる地獄の鐘のようです。凍傷を負った舵取り手も、優男の船長も帆をたたもうと待ち構えている。二等航海士よ、鐘を打ち鳴らせ!打ち鳴らせ!打ち鳴らせ!

このメロディをオーストラリアに持ち込んだのはイギリスの船乗りだったのでしょうか。勝利の鐘、嵐を告げる鐘の音はオーストラリアの基幹産業、羊毛業のハサミの音に読み替えられました。このページ(http://folkstream.com/022.html)によると元は『羊の毛の刈り方』で腹、首、肩、角まわりとすばやくハサミを滑らせていくさまを歌ったようです。

1946年に記録された『Click go the Shears(ハサミをチョキンと鳴らせ)』では年老いた職人が素早く毛刈りするさまを、親方が鋭い視線で刈り残しがないかチェックし、タール係りの少年が真っ黒のタールを毛刈りの済んだ羊に塗っていきます。仕事がすめばその日の稼ぎを手にパブへ繰り出し大騒ぎという、まことに愉快で臨場感溢れる歌詞になっています。

これを音羽たかしさんが子供向けの歌詞に翻案し、ペギー葉山さんがユーモアたっぷりに歌いあげることで、南北戦争の戦勝歌は楽しい羊刈りの歌になったのでした。

♪ 自慢のその手で鮮やかに
♪ たちまち羊は丸裸!

『調子をそろえてクリック・クリック・クリック』

作詞:音羽たかし
作曲:オーストラリア民謡
うた:ペギー葉山、西六郷少年少女合唱団
編曲:若松正司
映像:実写
初回放送:1962年10,11月

|

« 大体できた | トップページ | 杉並児童合唱団ニューイヤーコンサート »

コメント

fujiskと申します。
ときどき拝見させていただいておりますが
この曲、とても懐かしいです。
ちょうど小学校6年の秋に放送されていまして、
翌年に発売されたキングレコードの25センチ盤レコードを
親にねだって買ってもらったものでした。

レコードを聞くと、放送にはない3番が歌われていて
その中に居酒屋が出てきたり、最後には英語で歌われたりして
当時は驚いたものでしたが、昨年の50周年記念のCDには
この時の音が収録されていました。

たしか、当時ペギー葉山さんが外国旅行から持ち帰ったものと言われ
放送の前年にレコード化されていますので、音羽たかしさんの
最初の訳詞は子供の歌ではなく、「みんなのうた」で放送するに際して、
さしさわりのないようにアレンジしたものではないかと思います。

投稿: fujisk | 2012年1月22日 (日) 12時06分

fujiskさま

情報ありがとうございます。日本語の歌詞にも3番があるのですね。50周年記念のCDは買ってないのでしりませんでした。居酒屋でドンチャン騒ぎというのは、あんまり子供向けではないので日本語訳ではカットされらのかと思ってました。差し障りのない程度にアレンジされているのでしょうね。

ペギー葉山さんが持ち帰られた話は三回目のうた三昧のときにも話してらっしゃいましたね。ペギーさんの貢献は本当に大きいです!

投稿: くじょう | 2012年1月25日 (水) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/53771678

この記事へのトラックバック一覧です: 【みんなのうた50年史】『調子をそろえてクリック・クリック・クリック』(1962年):

« 大体できた | トップページ | 杉並児童合唱団ニューイヤーコンサート »