« みんなのうた発掘スペシャル 第一夜 | トップページ | みんなのうた発掘スペシャル Vol.4、Vol.5 曲目リスト »

2012年3月17日 (土)

みんなのうた発掘スペシャル 第二夜

発掘スペシャルVol.2も良かったですね。今日はほっこりする曲が多かったです。昨日はシュールな曲が多くて圧倒されてしまいましたが。早速簡単に感想を書いてみましょう。

『ちいさな汽車』(デューク・エイセス)1973年2~3月
時代遅れになった小さな蒸気機関車のお話です。電車に押されてついにラストランの日を迎えてしまいました。誰もがみな手をふるために駆け寄ってきます。ブルートレイン「日本海」引退のニュースを聞いたばかりなので余計に心に染みますね。実写かと思っていたらおもちゃの汽車とジオラマを使ったミニチュアアニメーションでした。寂しい曲ですが、可愛い映像に少し救われます。ちいさな汽車は別れの汽笛を鳴らして、山の向こうに消えていきました。

『この広い野原いっぱい』(森山良子)1974年4~5月
昔の城ヶ島を子供達が元気に駆け回ります。中間部の森山良子さんのスキャットときらめく海の映像が美しいですね。この実写映像は何かの番組で見た記憶があるのですが、その時は中間部がなかったような気がします。映像の完全版が今回見つかったということでしょうか。


『音のシンフォニー』(東京放送児童合唱団)1974年6~7月
山本直純さん作詞、作曲の楽しいシンフォニーです。一番では一人一人動物たちを紹介して合奏、二番は楽器を紹介してオーケストラを奏でます。可愛らしいアニメーションで楽器の紹介をするところが肝で、わかりやいオーケストラ入門になってますね。

『矢車草』(芹洋子)1974年6~7月
ソフトフォーカスの中を自転車が走ってくる夢のようなシーンから始まります。♪回れよ回れ矢車草~ くるくる回る風車と優しく揺れる矢車草の映像が美しいですねえ。自転車と電車の車輪もクルクル回わり、最初のシーンにぐるっと回って自転車が走り去って行きました。

『オブラディ オブラダ』(フォーリーブス)1974年8~9月
ビートルズの超有名曲ですね。どんな映像かと思ったら実写とアニメーションを融合した実験的なつくりになってました。デズモンドとモリーが実写になったりアニメになったりします。時々挿入される19世紀風の白黒写真が古き良き時代を思わせますね。窓の向こうに現れる変なコウモリみたいな動物は見覚えあるのですが、レコードのジャケットで見ただけだったかも…

『赤い山 青い山 白い山』(小柳ルミ子)1974年10~11月
北海道の子守唄をアレンジした作品です。林静一さんのアニメーションなんですね。林さんというと『赤い花白い花』を思い出しますが、この作品でも赤い鳥、青い鳥、白い鳥、そして赤い馬、青い馬、白い馬が色の対比を生かしながら日本画のようなタッチで描かれています。三つの色を合わせて回る風車は林さんの創作でしょうか。穏やかな気持ちになれる美しい作品です。

『ながいなさんとはやいなさん』(シンガーズ・スリー)1974年10~11月
今日、随一のシュールな作品です。髪のなが~~いながいなさん。古川タクさんのキャラクターですねえ。誰も長さがわからないほどの長い髪を足の速いはやいなさんが引っ張って伸ばしていきます。『遠い世界に』で歩き続ける巨人のような造形がシュールこの上ありません。どんどん歩いて海をぐんぐん泳いで引っ張っても、まだまだ髪の毛は伸びていきます。どうなるのかと思ったら地球を一周して二人は手をつなぎました。70年代の『以心伝心しよう』ですね!

『鳩笛』(長谷川きよし)1974~5年12~1月
♪鳩笛は~日のくれの音色~…。雪の街並みの向こうに見える青緑色の海。枯野を走る蒸気機関車。川で網を打つ漁師。海辺に立ち並ぶ防風柵。鳩笛の音が津軽の風景を響き渡っていきます。そして、半ば廃墟となった木造船。亡き友の思い出を今も乗せているのでしょうか。厳しく美しい自然の中で生きる人々とまっすぐに伸びる線路が津軽の人たちの実直さを表しているようです。名曲『鳩笛』にふさわしい、淡々とした中に友への愛惜の念が伝わってくる映像ですね。

『遠いまち』(五輪真弓)1976年2~3月
これもまた穏やかな曲です。五輪まゆみさん本人が街中を次々と歩いていく映像に見覚えがありますね。暖かい眼差しのような街の風景が悲しみを癒してくれます。陽だまりの中に春を迎えるような心持ちになる曲です。

『緑の小馬が生まれたら』(大杉久美子)1976年4~5月
スローモーションで馬が駆けていく映像が曲のテンポとピッタリですね。優美に駆ける馬の姿にジーンときてしまいます。♪緑の子馬が生まれたら やはり緑と呼ぶだろう 畑正憲さんらしい動物への愛情溢れた歌詞にゆったりしたメロディーが素敵な作品です。この曲は好きですね。都井岬の岬馬の姿が曲によくマッチしています。ラストの夕日をバックに立つ馬たちの姿は美しいです。

『ボクたち大阪の子どもやでェ』(T.J.C.)1976年10~11月
後半唯一のアップテンポ曲です。元気いっぱいの大阪の子供達。発掘スペシャルより一足先にDVD-BOX2で再会することができました。自転車視点で左右にゆれながら路地を走るシーンに見覚えがあります。キリンさんと通天閣の背比べも見たような…。貸本屋さんのきみちゃん、なんで仲間にいれてもらえなかったのでしょうか。こみち書房みたいにこの頃はもう斜陽だったのかもしれません。そういえば「ゲゲゲの女房」4月から再放送しますね!

『風の子守歌』(岸部シロー)1976~7年12~1月
これもDVD-BOX2に収録されています。別役実5部作の2曲目になります。5部作の3曲目、折り返し地点が『空にはお月様』で熱中スタジアムでその話をしようとして却下されたのも今となっては懐かしい思い出ですね。穏やかな曲調と死んでいった人を数えながら吹く風という歌詞とのギャップ。あの日の幸せとこの日の不幸せの対比。いつか見た日の光とあの人の思い出を運んでくれる風が、今の不幸せを癒してくれるんですね。枯野の中に木漏れ日を見るとこのうたを口ずさみたくなります。

映像発掘80曲は今回大体流れるようですね。ありがたいことです。その一方で『いつかある日』とか『あじさい』とか『二つの石』とか70年代後半なのに見つかっていない曲もたくさんあります。一つでも多く見つかって欲しいですね!

|

« みんなのうた発掘スペシャル 第一夜 | トップページ | みんなのうた発掘スペシャル Vol.4、Vol.5 曲目リスト »

コメント

 詳細な解説、素晴らしいです。
 眠気に勝てず、今朝は番組が始まってから起きた私です。
 TVをつけたら『赤い山 青い山 白い山』の途中でした。
 綺麗なイラストが目に飛び込んできて、うれしくなりました。
 これからじっくりDVDで全曲を楽しみたいと思います。
 曲メインの私ですが、映像つきだと、別の楽しさがありますね。
 少し記憶と違っているものもありましたが、懐かしかったです。

 そして一休みの後に第3夜がやってきます。
 もう折り返しですね。
 時間帯が微妙で、起きられないかも?

みんなのうた発掘スペシャルVOL.3
【総合テレビ 2012年3月20日(火)4:30~5:00】

・気球にのって(東京放送児童合唱団)1977年8~9月
~映像の記憶が全くないなぁ。そういう意味で頼みな曲。
・巣立つ日まで(田中由美子)1977年2~3月
~これも、ぼろげな映像の記憶しかありません。曲としてはぴか一です!ドラマのテーマ曲が「みんなのうた」として取り上げられたわけですが、三枝さんによる名曲であるからに違いありません。
・ここは南の島(石川さゆり)1977年4~5月
~最近まで曲さえ知りませんでした。今度は映像も見れます!
・天使のパンツ(むとうかんぺい&りつこ)1977年6~7月
~一発で気に入った可愛い曲。曲も良いのですが、歌っているお子さんの声がすごくかわいい。イラストも田中ケイコさんの最高傑作じゃないでしょうか?こどもだけでなく大人も癒される名曲だと思います。
・シンドバッドの船(大塚博堂)1977~8年12~1月
~かっこいい曲ですね。アニメ主題歌らしい感じがします。
・ともだちはいいもんだ(トランザム)1977~8年12~1月
~しみじみとした名曲だと思います。映像は忘れてしまいました。小学生だった娘に聞いたところによると、音楽の時間に歌ったと言います。教科書に乗ってたのでしょう。
・かな かな かな(由紀さおり)1978年2~3月
~実はお気に入りの一番手の曲です。歌詞、曲、歌手、映像の全てにわたって私好み。俳句が好きな友達に贈りたい!
・さびしがりやさん こんにちは(クニ河内&フィーリングフリー)1978年4~5月
~この曲も素敵です。爽やかな風が吹いてくるがごとき爽快さに晴れ晴れとし、若いカップルの恋にほのぼのとした気分になります。
・ぼくらは三つ子の男の子(クリケッツ)1978年4~5月
~これは良く覚えているなぁ。
・風の歌(和田アキ子&杉並児童合唱団)1978年6~7月
~クラシックの名曲(ブラームス)ですが、割合原曲に忠実なアレンジだと思います。
・切手のないおくりもの(財津和夫&チューリップ)1978年6~7月
~今回の五輪さん同様、歌い手の財津さんが画面に登場するやつですね。チューリップ当時の曲をあまり知らなかった私ですが、「歌はともだち」のオリジナルソングとして茶の間にペギー葉山さんの歌声が流れた時に、「なんて良い曲!」と、初めて財津さんを意識したものです。世間に知れ渡ることになるのは、「みんなのうた」として再登場したからでしょう。後の『さようならコンサート』も大好きですが、財津ワールド「みんなのうた」のルーツは、この曲!!!
・川(サンディ・アイ)1978年8~9月
~謎の曲。一番楽しみにしています。久保田綾さんのはずですが、サンディ・アイっていう別名もあるんでしょうか?
・夏は来ぬ(百合丘コーラス児童合唱団)1979年6~7月
~曲は皆さんご存知の童謡です。映像が一見の価値あり。

投稿: るんるん | 2012年3月17日 (土) 07時38分

全貌が明らかになりました。
VOL.4の放送時間が変更になりましたので、ご注意願います。

みんなのうた発掘プロジェクトVOL.4
【総合テレビ 2012年3月23日(金)2:05~2:?】

♪放送曲目
・わたしは「とうふ」です(熊倉一雄&東京放送児童合唱団)1977年8~9月
・北の旅(さとう宗幸)1978年8~9月
・だるまさんがころんだ(斉藤こず恵)1978年8~9月
・大空から見れば(小椋佳)1978年10~11月
・夢みてるわけじゃないよ(東京放送児童合唱団)1978年10~11月
・ホロスコープ~あなたの星座~(榊原郁恵)1978~9年12~1月
・6ちゃんがねころんで(熊倉一雄)1978~9年12~1月
・ビューティフルネーム(ゴダイゴ)1979年4~5月
・まちぼうけ(秋吉久美子)1979年4~5月
・進め!しんじ君(芹洋子)1979年6~7月

みんなのうた発掘プロジェクトVOL.5
【総合テレビ 2012年3月26日(月)2:10~2:40】

♪放送曲目
・今夜も眠れない(塚本美和子&少年少女合唱団みずうみ)1979年8~9月
・嵯峨野巡礼(あべ静江)1979年10~11月
・紅葉(女声合唱団「渚」)1979年10~11月
・ヒュルルジンジンからっ風(デューク・エイセス)1979~80年12~1月
・ニルスのふしぎな旅(加藤克己)1980年2~3月
・雪娘(チェリッシュ)1980年2~3月
・かくれんぼ(川島和子&東京放送児童合唱団)1980年4~5月
・乙女峠へ(大津彰)1980年6~7月
・グリーン・グラス(来生たかお)1980年6~7月
・のらねこ三度笠(西田敏行)1980年6~7月
・コラソンDEデート(OPA&石崎はるこ)1980年8~9月
・シャッキシャキの転校生(川崎少年少女合唱団)1980~1年12~1月
・走れジョリィ(堀江美都子とベルギーの子どもたち)1981年2~3月

投稿: るんるん | 2012年3月17日 (土) 10時02分

すみません。
公式サイトではないところからの情報を書き込んだためか、第4夜の曲目が3曲漏れていました。
正確には以下の13曲のようです。
①わたしは「とうふ」です、②北の旅、③だるまさんがころんだ、④大空から見れば、⑤夢みてるわけじゃないよ、⑥北国放浪、⑦ホロスコープ~あなたの星座~、⑧6ちゃんがねころんで、⑨道、⑩ビューティフル・ネーム、⑪まちぼうけ、⑫進め!しんじ君、⑬今夜も眠れない

投稿: るんるん | 2012年3月17日 (土) 10時18分

るんるんさん

解説付きの曲紹介ありがとうございます。第三夜はテープコレクションを作りはじめてからの作品なので、曲自体は日常的に耳にしているのですが、映像を覚えてないのがチラホラありますね。『気球にのって』や『シンドバッドの船』『風の歌』は好きな曲なんですけどね。果たしてどんな映像だったのか…

第四夜『北の旅』『まちぼうけ』、第五夜『雪娘』、『乙女峠へ』も楽しみです。さとう宗幸さんの『夕顔の里』も流れるかと思ったのですが、いずれかの機会に期待しましょう。

投稿: くじょう | 2012年3月17日 (土) 22時11分

『鳩笛』に出てきた蒸気機関車は五能線の8620型ですね。放送当時、海沿いを走る津軽の蒸気機関車と言えばこれぐらいしかありませんでしたから確信しました。『ボクたち大阪の子どもやでェ』で「駄菓子屋の子が大和川に行った」のシーンの「大和川の単線の鉄橋を渡る2両の茶色い電車」は近鉄道明寺線(柏原~道明寺を結ぶ路線)でしょうか。

投稿: | 2012年3月28日 (水) 21時06分

この時期も良かったですね。「ながいなさんとはやいなさん」にまた会えたのはうれしかったです。またこの時期は、「ちいさな汽車」や「音のシンフォニー」が、私の通ってた小学校の文化祭で歌われており(1973年に今陽子が歌った「シング」も歌われた)、それが影響して、音楽の先生から良く「みんなのうたテキスト」集を借りており、やがて自分でもテキストを(現在も)買う様になった時期でもありました(「鳩笛」や「北風小僧の寒太郎」が初紹介された1974年12月だった)。

そういえば「寒太郎」と共に「鳩笛」や、最近ラジオ再放送した「みんなのマーチ」が本放送、そしてあの大ヒット曲「山口さんちのツトム君」「南の島のハメハメハ大王」と同じ時期に、今回紹介した「緑の小馬が生まれたら」が登場してました。大ヒット曲の影にはこんな歌も有るのですね。

その「寒太郎」といえば、この頃は実写の東京の風景に寒太郎のアニメ(月岡貞夫製作)を合成したヴァージョンでした。「東京の風景が変った」という理由で後にオールアニメに変更されましたが、私には実写合成ヴァージョンが良かった。この映像はNHKに有るのでしょうか?

投稿: マーチャン | 2012年4月10日 (火) 21時21分

寒太郎の実写合成バージョンというのを見てみたいですね。変わってしまった東京の風景いうのがどんなものだったのか…。例によってNHKには残ってないのでしょうけど。『春が呼んでるよ』の多摩川の風景や『地球を七回半まわれ』の首都高の空撮も今となっては貴重な資料です。

投稿: くじょう | 2012年4月14日 (土) 00時43分

『鳩笛』の五能線を走るSLや『ボクたち大阪の子どもやでェ』の街並みも貴重ですね。大和川の鉄橋は道明寺線っぽいですが、今の地図で線路に並行する自動車道の鉄橋が見えないようです。このあとできたのかもしれません。

投稿: くじょう | 2012年4月14日 (土) 00時49分

色々な映像があるんですね。

その「映像」と言えば、この時期は1961年の放送開始当初から担当したアニメ製作者の降板があった頃で、紹介された「音のシンフォニー」をもって中原収一が降板、そして紹介されなかった1975年2月放送の「カッパのクィクォクァ」(あの一谷伸江が歌ってた!)を以て久里洋二が降板しました。NHKサイト調査だと、中原は38曲、久里は36曲も作成したそうです。2人とも10年以上に渡って、大車輪的な活躍を見せたのですね(でもその大半は残ってない。空しいなァ)。

余談ですが、「クィクォクァ」が放送された1975年2月は、私が「70年代発掘」項目で再三投稿した、桜田淳子の「春のゆくえ」のほか、「動物園へ行こう」(ムッシュかまやつ!)や「いかつり唄」(五木ひろし!!)が紹介され、その1年後の1976年2月(紹介された「遠いまち」放送時)に、「春のゆくえ」以外の3曲が再放送されました。私は「『春のゆくえ』が再放送されないなんて」とさみしく感じました。この時ほど「みんなのうた」が空しい時期はありません。そういえば最近再放送された「わたりどり」「今日の日はさようなら」も1975年2月に再放送されました。さみしいなァ。

投稿: マーチャン | 2012年4月19日 (木) 23時53分

『春のゆくえ』は契約の問題か何かがあったんでしょうかねえ。本放送のみの提供とか。テープコレクションをつくりはじめたのが1976年なのでこの曲は入ってないのですよね。残念です。

当時は中原さんや久里さんもみんなのうたから引退されていて、ご両名の作品にもほとんどお目にかかっていません。『森の熊さん』の再放送ぐらいかな。水星社の楽譜集でお馴染みになるのはずいぶんたってからの話になりますね。

投稿: くじょう | 2012年4月24日 (火) 09時09分

調べてみたら他にもありました。中原製作では「44ひきのねこ」「パンのマーチ」「アビニョンの橋の上で」、久里製作では地上波作品のみでも、元祖「クラリネットこわしちゃった」や、元祖「はさみとぎ」(これはカラー版が有るのだが、何故かNHKサイトには無い)が有りました。でもやはり大半の作品は無いですよね(特に中原作品は)。水星社楽譜集に慶されている映像写真で見るしか方法は無いのですね。

ところが大変な事が発覚しました!! 中原作品の中に、先頃「発掘SP」で放送された「こびとのうた」「じゃがいも」「音のシンフォニー」の3曲の映像写真が掲載されていました!良かったですね。他にも写真が出ているかもしれません。これからもどんどん出る事を願ってます。

投稿: マーチャン | 2012年4月24日 (火) 23時01分

皆さん、曲をたくさん知っていて羨ましいです。
僕は今回のスペシャルでは、家のBOXセットのレコードにあるもの(緑の子馬が生まれたら、矢車草など)くらいしかわかりませんでした。
映像も記憶にあるなんて、最高ですね。僕から見たら知らない曲、知らない映像ばかりでした。思い出話に花を咲かせる皆さんが・・・あぁ、羨ましい!

そういえば、ホームページの画像は中原作品をテキスト(6・7月号)で紹介するために掲載されたようですね。この調子でいくと次は小薗江さんかな・・・?と思いますが。

投稿: すぎ | 2012年5月27日 (日) 06時05分

はじめまして。
「みんなのうた」の「はやいなさん」を探して、ここにたどり着きました!confident
一度だけ見たのですが、シュールなアニメ映像と歌詞がずっと印象に残っていました。
(まさか見つからないだろう・・・・・)と思っていたので、長年の謎が解けて嬉しく思っております。
詳しいご解説、本当にありがとうございました!(*^_^*)。

投稿: あやたま | 2012年8月29日 (水) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/54239462

この記事へのトラックバック一覧です: みんなのうた発掘スペシャル 第二夜:

« みんなのうた発掘スペシャル 第一夜 | トップページ | みんなのうた発掘スペシャル Vol.4、Vol.5 曲目リスト »