« 【みんなのうた50年史】『オナカの大きな王子さま』(1975年) | トップページ | 神宮球場 »

2012年5月 4日 (金)

西六郷少年少女合唱団定期演奏会

1336102978980.jpg

昨日はるんるんさんのお誘いで、西六郷少年少女合唱団の定期演奏会を聴きにいってきました。場所は晴海のトリトンスクエア内の第一生命ホール。

1336103021848.jpg

トリトンスクエアに入ったのはじめてだったのですが、大きいですね! 入り口の大広間とかポセイドンの神殿かと思いました。中も通路がわざとくねらせてあって、道に迷いやすくするつくりになっていました。

るんるんさんのお知り合いや去年の熱中スタジアム「みんなのうたナイト」でご一緒した方々とも合流して14:00に開演です。今日はみんなのうた仲間のオフ会も兼ねていて、るんるんさんがメンバー紹介のパンフを作ってきてくださっていました。オフ会の模様もまたのちほど紹介しましょう。

西六郷少年少女合唱団は1955年の創立で、みんなのうたでも51曲を歌っています。『線路は続くよどこまでも』や『それ行け3組』といったお馴染みの曲、先日発掘スペシャルで放送されてた『あくびのむこうにとびだそう』や『じゃがいも』『ふるさとのヨーデル』といった元気のよい曲が持ち味といえるでしょう。創設者の方の逝去でいったん解散しますが、その後再結成され今日に至っています。今回はじめて定期演奏会を聴く機会に恵まれました。

第1部前半は「たのしい歌・みんなの歌」ということで小学生のメンバーとの合同演奏です。『冬の行進』『たのしいショティッシュ』『私の回転木馬』といったみんなのうたナンバーが元気よく歌われました。♪ 1、2、3、4! 冬は進む~ は力強く、 ♪ くるくる回る~回転木馬~ は手拍子も入って気持ちが弾みますね。

『逃げた小鳥』もみんなのうたナンバーですがこちらはスローバラードです。ふわーっと膨らみのある声が広がって良かったです。こういう曲の方が得意なのかも、という気もしましたね。そして「70年代われらの世界」の主題歌だった『青い地球は誰のもの』。冨田勲さんのイントロを聴くと涙が出てきます。こういう曲を子供達がうたうのも大事なことだと思います。

第1部後半は「日本の合唱曲」と題して『烏かもねん勘三郎』や『こんぴらふねふね』といった民謡や童歌を題材とした合唱曲です。小学生メンバーが退出して20名ほどの中高生メンバーの演奏となりました。人数は減ったのですが、いきなり声量がグワッと増したのにはびっくりしました。よっぽど鍛えられてるのでしょうね。コンクールでも歌われる間宮芳生さんの難曲を見事に歌いこなしていきます。『四国の子ども歌』は湯山明さんの超絶技巧ピア伴付きですが、それに負けない技を披露してくれました。いやいやすごかったです。かつては『それ行け3組』のような元気のよさが特徴だった印象がありますが、高度なテクニックを身につけた合唱団に変貌してきているようです。

第2部は「名曲をたずねて」。クラッシックの名曲を合唱に編曲したナンバーです。インターミッションの間にピアノが指揮者より前に移動していました。ブラームス、チャイコフスキー、フォーレ、ショパン…。ピアノの聴かせどころも満載です。『ぼくらのトロイカ』はややリズムがばらけるところがありましたが『エレジー』や『別れの曲』はよかったですね。深みのある歌声がぐぐっと迫ってきます。ショパンのピアノも別れの悲しみを切々と訴えかけてきました。最後は『スケートをする人々』。『スケーターズワルツ』ですね。トライアングルや鈴の音とともに気持ちのよい歌声でした。

第3部はこどものための合唱組曲「お菓子のうた」です。
蓬萊泰三さん、南安雄さんという「チコタン」と同じ作詞作曲者ということでひょっとしたらトラウマソングではないかとやや心配してましたが…。全然そんなことはなくて楽しい作品でした。ふわ~ふわ~とおなかの中が青空になる『わた菓子』。ピアノの連弾で賑やかにくちゃくちゃ味わう『チューインガム』。ミステリアスにペロペロ、ペロペロ舐める『ソフトクリーム』。個性豊かなお菓子たちが次々と登場します。骨はないけど中身のつまった『たいやき』はさあ食ってみろ!と江戸っ子風に威勢よく迫ってきました。下町の合唱団の風情が伺われて良かったです。パリポリパリポリ『おせんべ』を食べてたお姉さんはお嫁にいってもういません。擬音が効果的に使われている組曲ですね。終曲ではタンバリンやギロの奏でるタンゴのリズムにのって『ポップコーン』が愉快に弾けていました。

アンコールは豪華に三曲です。 ♪このみちこみち、いつまで続く坂道…という曲と ♪風よ雲よ光よ…という曲ははじめて聞きましたがいい曲ですね。そして最後に流れてきたのは ♪ ぼくらのま ち は ~ かわっぷち~ という軽快な歌声でした。西六郷少年少女合唱団の団歌『ぼくらの町は川っぷち』です。みんなのうたでは1964年に初回放送されています。このころからずっと歌いつがれてきてるのですね。♪ 低い煙突 背伸びしろ~ 細い煙突 風邪ひくな~。自分たちの町への愛情と合唱団の歴史がたっぷりつまった歌声でお別れです。

西六郷の皆さん、楽しいひと時をありがとうございました!

|

« 【みんなのうた50年史】『オナカの大きな王子さま』(1975年) | トップページ | 神宮球場 »

コメント

今日はプロ野球観戦ですね。
連日愉しいことがあって、充実の連休となりましたね。
昨日は西六定演で興奮し、OB会に乱入して感動した記念すべき一日でした。
書き込みの内容に「うん、うん」と頷きながら読ませていただきました。
第二弾も楽しみにしています。

投稿: るんるん | 2012年5月 4日 (金) 21時34分

第二弾は長くなりそうなので三回に分けました。完成までしばしお待ちください!

投稿: くじょう | 2012年5月 7日 (月) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/54627821

この記事へのトラックバック一覧です: 西六郷少年少女合唱団定期演奏会:

« 【みんなのうた50年史】『オナカの大きな王子さま』(1975年) | トップページ | 神宮球場 »