« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

1343745488641.jpg

今ごろ藤が咲いてました。ここだけかと思ったら他でも見かけたので、ひょっとしたら今年は藤の季節がずれてるのかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼しい風

夜に入って風が涼しくなってきました。重々しく身体にまとわりつくのではなく、冷んやり感を伴う風です。夏の終わりを予感させる風…といったら言いすぎなんでしょうね、多分。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

カラスウリ

1343042074604.jpg

カラスウリの雄花が咲いてるのを見かけました。ずいぶん手のこんだ花が咲くものですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

高尾山4号路

山頂はやっぱり混んでました。日曜日だからしょうがないですね。帰りは1号路にしようかと思っていたのですが、前に通行止めになっていた4号路が復旧していたので、そちらにすることにしました。

1342959192891.jpg

4号路は深山幽谷の趣きがあっていいですね。スギやトチの巨木の影から天狗が姿をあらわしそうな雰囲気です。まあ、家族連れの多い深山幽谷ですけどね。

1342959229657.jpg

ポスターでよく見かける吊り橋もはじめて渡ることができました。みなさん、記念写真を撮ってらっしゃるので邪魔しないように少し慌てて渡ってしまいました。

足がちょっと疲れたので帰りはリフトです。今日は14:30ごろですが待ち時間なくすぐのれました。何度乗っても爽快ですね!

1342960426833.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾山稲荷山コース

高尾山の稲荷山コースをはじめて登ってみました。11:00登山口発で12:30ごろ山頂着ですから、ほぼコースタイムですね。

1342955341764.jpg

1号路に比べてずっと空いてるのですが、それでも結構な人数の方が登ってました。まあ、この時間帯は下りの方が多かったですけどね。みなさん、おかえりの時間のようです。トレイルランの一群ともすれ違いました。

尾根に出るまではグングン登ります。3.2kmのコースのうち1kmほどすぎると概ね尾根道で緩やかにアップダウンしながらの山行になりました。ほぼ中間に東屋とトイレがあって休憩できます。

1342955778570.jpg

1342955816628.jpg

1342955852425.jpg

道々、トラノオやヤマユリの花が目を楽しませてくれます。ハナイカダの実も一つ成っていたり…。今日は曇り時々ガスという視界のきかない天候だったのですが、それはそれで自然の中を歩く感じを堪能できました。山頂近くでカミキリムシがお出迎えです。

1342955888921.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

スイカ

1342664413834.jpg

久しぶりにスイカを食べました。最近はあんまり食べなくなりましたね。昔は夏の定番だったのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

おひさまライブ@美山

今日は美山のおひさまライブにいってきました。きょうとグリーンファンドと美山の田歌舎さんとの共同事業でつくるおひさま発電所建設のキックオフを兼ねたライブです。

美山のハイマートユースは何度か泊ったことがあるのですけど、かやぶきの里やその先の田歌舎さんのあるあたりまでいくのは初めてです。かやぶきの里はちょうど紫陽花の盛りでしっとりぬれた屋根が紫の花に映えていました。

Img_3387

ライブまでの間、田歌舎さんの田畑を案内してもらいました。ヤギの親子が可愛いですね。シカやイノシシよけにフェンスや雑草を茂らせた畑では、カボチャやスイカ、ジャガイモやコンニャクやキクイモが栽培されていました。この辺の作物は農薬を使わなくてつくれるそうです。アイガモ農法の田んぼでは40羽ほどのアイガモが元気に雑草を食べたり虫をとったりしてました。こちらもとっても可愛いです。

ライブは17時からで、地元のグループの皆さんの演奏やエアバンドを引き連れた(要はアカペラソロの)皆さんのマジンガーZ熱唱、アフリカ風ドラムの熱演に引き続き「ソラネコ」の皆さんのパフォーマンスとなりました。どれも楽しくて最後まで聴いていたかったのですが、東京まで帰る時間が必要なので19時ごろ会場をあとにしました。 大人50人、子供20人くらいが来場してたと思います。鹿肉ステーキが柔らかくて美味しかったですね。ヤギの乳のチーズも塩気が効いて美味でした。ジャガイモやズッキーニなど自家製の食材のバーベキューもよかったです。子供たちにとってはちょっとした夏祭りだったのかもしれません。

美山地域でソーラーやミニ水力、ミニ風力の普及に勤めているかたともお話できましたし、小道具として持って行ったパワーフィルムの宣伝もできたし収穫の多い美山行きでしたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

好きなアーティストランキング(暫定版)

サンプル数98人ですが、とりあえず2012年の好きなアーティストランキングの調査をしてみました。性別は男性53名、女性44名、不明1名で2~4年の大学生のデータです。

  合計
Mr. Children 10% 36% 46%
いきものがかり 4% 31% 35%
5% 24% 30%
ゆず 3% 22% 26%
AKB48 6% 15% 21%
ももいろクローバーZ 4% 17% 21%
サザンオールスターズ 2% 15% 17%
レディガガ 4% 13% 17%
SMAP 2% 14% 16%
B'z 4% 12% 16%
浜崎あゆみ 1% 12% 13%
KARA 0% 13% 13%
少女時代 3% 9% 12%
SKE48 1% 10% 11%
きゃりーぱみゅぱみゅ 1% 10% 11%
EXILE 1% 9% 10%
安室奈美恵 0% 10% 10%
西野カナ 2% 8% 10%
加藤ミリア 1% 3% 4%
倖田來未 0% 3% 3%
その他 32% 17% 49%

前回収集した「人気があると思うアーティスト」ベスト20を選択肢として、好きなアーティストにいくつでも○を、最も好きなアーティストに一つ◎をつけてもらう形式できいています。その結果、◎(一番好き)と○(好き)という回答のあった割合の合計が一番多いのはMr. Childrenで46%、次に多いのはいきものがかりで35%、三番目が嵐で30%となりました。

「人気があると思うアーティスト」ではダントツだったAKB48は21%で5位に終わっています。21%という数字は小さくはないのですが、世間で思われているほどには人気がないようですね。4年前の調査で1位だったEXILEは10%で16位。人気を長続きさせるのがなかなか難しいなかで結成から24年、メジャーデビューから20年、innocent world からでも18年になるMr. Childrenが半数近い支持を得て1位となったのは驚きです。

2位のいきものがかりは結成13年、2008年調査と2009年調査ではランク外だったのですが、今回は大きく躍進しました。個人的には好きなユニットなのでちょっとうれしかったりします。この人気が続くかどうか気になったりもしますが。3位の嵐も結成13年ですね。2008年調査ではランク外でしたが、2009年調査では19%で11位。今回はさらにランクアップしています。

Photo

これらのアーティストがどのようなファン層をもっているのかを探る試みとして支持率が10%以上の18アーティストについて主成分分析を行ってみました。第1主成分得点を横軸、第2主成分得点を縦軸にとってマッピングしてみると図のようになりました。この方法を使うと「好き」のパターンが似通ったアーティストが近くにマッピングされますので、近くに配置されたアーティストはファン層が似通っていると考えられます。

この図を見ると、Mr.ChildrenはサザンオールスターズやEXILEやB'zの近くに位置しています。男性グループロックアーティストの代表格という位置づけになるでしょうか。08年、09年のEXILEのファン層をミスチルは受け継いでいるのかもしれません。

いきものがかりはゆずの近くで確かに方向性が似通っている気がしますね。嵐がSMAPに近いのもうなずけます。SMAPが占めていた男性アイドル枠のファン層を継承しているのでしょう。

AKB48はこれらのアーティストとは離れて図の右上に位置しています。SKE48が近くにあるのは予想通りですが、少女時代やKARAというKpop女性アーティストと近いのはやや意外な気がしました。女性アイドルグループという点でファン層が共通しているのかもしれませんね。モーニング娘。のファン層をついでいるのかいないのか気になりますが、モー娘。は08年時点で選択肢作成のランク外でデータがなく確認するすべがありません。

浜崎あゆみや安室奈美恵といったavex所属の女性ソロアーティストは右下の領域を占めています。西野カナやきゃりーぱみゅみゅといった今回ランクインした女性ソロアーティストもこの領域ですね。浜崎あゆみや安室奈美恵のファンだった層を受け継ぎつつあるのかもしれません。音楽的な傾向が似ているのかというと微妙ですが。ももいろクローバーZは女性アイドルグループの中ではソロアーティストに近い位置を占めているのが興味深いですね。

マップをおおまかにみると右側に女性アーティスト、左側に男性アーティスト、上の方にグループアーティスト、下の方にソロアーティストが位置する傾向が見られます。音楽的な傾向性以前に性別やアーティストの形態によってファン層のおおまかな方向が決まっているようです。今回は98名のサンプルによる暫定的な分析ですが、サンプル数を増やしてそれぞれのファン層の内訳を探ってみたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »