« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

【再放送曲】『光る夏の歌』(1974年)

1346418866206.jpg

先月に引き続き夏らしい発掘曲が再放送されていますね。「おかあさんといっしょ」初代うたのお兄さん田中星児さんがうたう『光る夏の歌』です。みんなのうたとしては二曲目になります。

♪ はぜろもろこし~
♪ 空まではぜろ~

夏祭りや花火の屋台の焼きとうもろこし。焼けた醤油の香ばしい香りが夏を感じさせます。でもこのもろこしは甘味種ではなく爆裂種でした。夏の日射しにジリジリ煎られて巨大ポップコーンが出来上がります。入道雲を雷鳴を轟かせて空まではぜたポップコーンに見たてるなんて、いかにも谷川俊太郎さんらしい発想ですね。おなかを空かせた夏の豪快な三時のおやつです。

二番では逃げ水が川まで逃げてキラキラ光り、三番では海まで溶けたヒマラヤがひりひり焦げてしまいました。容赦なく照りつける夏の日射しが目に浮かびます。この歌も私はレコードバージョンを先に聴いたのですが、上条恒彦ばりのスケールの大きな歌い方で気にいっていました。

今回、初めて聴いた田中星児さんのオリジナルバージョンは思ったよりポップな歌い方でちょっと意外でしたね。スケール感よりもユーモアを重視した歌い方なのでしょう。入道雲のポップコーンをぱくつく夏の姿としては、これもありかと思います。

♪ 歌えひぐらし~
♪ 夜まで歌え~

今日で8月も終わりです。夏休みも終わりだというのに、今年はまだまだ暑そうですね。でも夏祭りもひぐらしもそろそろ営業終了です。線香花火が終わる時間帯には涼やかな風も感じられるようになりました。来年まで、夏が眠りにつく季節ももうすぐです。

『光る夏の歌』
作詞:谷川俊太郎
作曲:湯浅譲二
うた:田中星児
編曲:服部克久
映像:実写
初回放送:1974年8月

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

【再放送曲】『これってホメことば?』(2006年)

♪ これってホメことば (オイ!オイ!オイ!)
♪ これってホメことば (オイ!オイ!オイ!)
♪ 本当にホーメーことば ーー

威勢のいい曲が流れています。つい最近の曲なのですが、それでももう6年たってしまいました。月日の経つのは速いものですねえ~

今回、この曲を初めてラジオでききました。先日買ったラジオサーバーで録音したのをチェックしたところ、何か変です。

♪ おしゃれに決めよと~
♪ 服買いにいった~

テレビ版では新入社員とカラオケに行っておハコの演歌を歌うはずです。これってラジオ版? これってラジオ版?とか思いながらテキストを確認したところ…。そしたらおしゃれは3番の歌詞。何気に勉強になりました!

『グラスホッパー物語』もテレビ版とラジオ版が違っていましたが、これは映像で描かれたバッタくんの冒険をラジオではのっぽさんの語りで表現したものでした。テレビでは1、2番を歌いラジオでは3、4番を歌うという構成はそれまでなかったんじゃないでしょうかね。気がついてないだけかもしれませんが。せっかく4番まである歌詞を紹介しないのはもったいないですし、1番から4番までに『グリーン ・グリーン』みたいなストーリー性がある訳でもありませんので、こういうのもありかなっと思いました。

ちなみに同じ2006年8月に初回放送されてた『フンコロガシは、忙しい。』もテレビ版とラジオ版では微妙に違っていて、ラジオ版の間奏に伊武さんの語りが入っています。この時期って、何気に実験的なことをやってるんですね。

2006年に「アナウンサー生活34年」といっていた、ことばおじさんこと梅津アナ。今年はアナウンサー生活40周年になりますね。おめでとうございます。今後のご活躍をお祈りしています。


『これってホメことば?』
作詞:伊達正隆
作曲:渡部チェル
編曲:渡部チェル
うた:ことばおじさんとアナウンサーズ
動画:(絵)いしかわじゅん (アニメ)クリーチャーズ(&実写)
初回放送:2006年8月

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

八王子探検2012

久しぶりに八王子界隈を歩いてみました。八王子駅のそごうが閉店して建物への立ち入りができなくなってるのは結構雰囲気に影響してますね。これは早く次の商業施設が開業して欲しいところです。

南口のサザンスカイタワー近辺にいくとビル風でしょうか、爽やかな風がびゅんびゅん吹き渡っていました。14時ごろにいったのですが、中庭あたりが日陰になって風が吹きぬけて気持ちよかったです。気温は多分30数度あったとは思いますが。ベンチに座っているひとも割と沢山いました。

実は南口のシャノアールにいこうと思っていたのですが、ここは何と閉店していました。ずいぶん長いこと来てないのでいつ閉店したのかちょっとわかりません。今は何とかという居酒屋になっていました。北口のベローチェはイベント会場みたいな混み方だったんですけどねえ…。南口は人が増えて繁盛してるかと思っていたら、新しくできた喫茶店に負けてしまったようですね。残念です。

負けたといえば、ベローチェの隣にあったはずの吉野家も東京チカラめしになっていました。焼き牛丼は嫌いではないのですけど肉が堅くて歯が悪い人にはちょっと不向きですね。おとなしく柔らかい牛めしを松屋で食べて帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

ゆめてらす跡

新宿南口のサザンテラスに広島のアンテナショップ「ゆめてらす」というのが昔ありました。2年ほど前になくなって、その跡にできてた北海道のアンテナショップができてたのですが、今日みたらそこもなくなってました。

1345720684137.jpg

お客さんたくさん来てたのに期間限定の出店だったのでしょうか? 跡地がどうなるのか気になりますが、ゆめてらすが復活してくれると個人的には嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不便になった京王線

調布駅の地下化で地上の交通は便利になりましたが、電車のダイヤ自体は不便になりましたね。

これまで調布で乗り継げていた準特急にほぼもれなく飛田給で抜かれるようになったので、新宿に出るには一本後の準特急に乗らなければならなくなりました。多分、新宿までの所要時間は10分弱増えてると思います。

電車の本数が増えてるわけでもなさそうなのに、なんでこうなるのかちょっと分かりませんね。改善を期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

[メモ]リーダーの進化

リーダーの進化については、これまで余り知られていない難しさがあるようですね。さっき計算したところでは、かなりケイオティックな挙動を示すようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

調布地下駅

1345342415221.jpg

1345342448271.jpg

そんなわけで調布駅が地下化されました。10時ごろの一番列車は避けて10時半ごろに乗りましたが、先頭車両で見物してる人が大勢いました。

西調布ー調布間で地下にもぐるところが見所です。昨夜、大きな投光器で照らされてたあたりから、沈み込むように地下にもぐっていきました。昨日走っていた地上の線路がその区間ぶん撤去されて、地下に用意されていた線路に切り替えられたのでしょう。多分、一番大掛かりな切り替え工事が行われた部分だと思います。

調布地下駅でもみなさん記念撮影をしてました。これから何十年かお世話になる初日ですね。上り線は地下三階でエスカレーターに二回のって地上にでます。地下二階で一度降りて反対側に回らないといけないのが不便ですね。時間帯によってはホームの人と交錯して混雑するでしょう。何か理由があったのでしょうか。

地上の出口は昨日まで線路があった一角に開いていました。なるほどです。これから線路や地上駅舎が撤去される工事が続くのでこの界隈も当分変わりつづけるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらば調布地上駅

1345303372237.jpg

京王線の調布地上駅も今晩でお別れです。写真撮ってる人が沢山いたので便乗して一枚撮ってきました。

切り替え工事の作業員さんも大勢待機してましたね。これから徹夜の作業、ご苦労さまです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

京王線調布付近、明日地下化

1345279143460.jpg

京王線調布付近、地上路線の見納めにたくさんの人が先頭車両に集まって動画撮影をしています。明日から地下化するので地上路線は今日でお別れですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

九条家墓所

1345206626059.jpg

東福寺は九条家の菩提寺で兼実公の墓所もこちらにあるとされています。実際にお墓のある区域には入れなかったので、入り口の八角堂にお参りしてきました。偽玉葉を書かせて頂いてますので、たまにはご挨拶をしておかないといけませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

東福寺

1345095030713.jpg

東福寺にきてみました。35度あるわりに風が吹き抜けて気持ちいいです。

1345104581023.jpg

1345104610120.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

【みんなのうた50年史】『デビークロケットの歌』(1962年)

50年史はどこまで書いてたのか判然としなくなってきました。たしか1962年10月のうたの紹介をしていたと思いますので『デビークロケットの歌』をみてみることにしましょう。

曲自体は有名で検索すると、いろんなバージョンを聴くこともできたりします。ただ、みんなのうたバージョンについては放送出版協会編の楽譜集にも水星社編の楽譜集にも収録されていない幻の作品になっていました。今回発掘された音源を聴く機会がありましたので、そちらを紹介していきましょう。

♪ テネシー生まれのきかんぼう
♪ 山でも森でも駆け巡り
♪ たった三つで熊退治
♪ ヒゲ面男を驚かす

もとは「デイビー・クロケット 鹿皮服の男」というディズニー映画の主題歌に使われた 'Ballad of Davy Crockett' という曲です。これは25番まである野生児デイビー・クロケットの一大叙事詩です(http://www.goahead.org/Data/Ballad%20of%20Davy%20Crockett.htm)。三つのときに熊退治したかどうかは定かではないですが、後に大統領になるアンドリュー・ジャクソンの下でインディアンの討伐に参加したり、テネシー州から下院議員に選出されたりしたのは実話のようですね。

みんなのうたバージョンでは、25番の歌詞が5番に圧縮されています。西部の風景や家族のことを歌ったくだりは省略されていますが、熊退治、鉄をも曲げる怪力、大酋長と一騎打ち、議員選出のくだりは簡潔ながら要所は押さえたつくりになっています。

♪ 自由を求めるテキサスの
♪ 仲間の苦戦を救うため
♪ 負けるいくさと知りながら
♪ アラモの砦に駆けつける

1836年、テキサス独立戦争の中で行われたアラモの戦い。多勢に無勢に立ち向かった、西部劇らしい戦いとして映画にもよく取り入れられています。この戦いに参加したデビー・クロケットはついに捕らえられて処刑されてしまいました。

アメリカ人にとって西部の大自然やそこで展開されたフロンティアスピリットは魂の故郷といっても過言ではないでしょう。デビー・クロケットはその一つの象徴として親しまれています。日本人にとってはアメリカ西部とか特に魂の故郷というわけではないのでしょうけど、義理人情に厚い浪花節なところは親しみやすいポイントでしょうね。弘田三枝子さんのこぶしをきかせた歌い声はちょっと演歌っぽくもあります。

♪ デイビー、デイビー・クロケット
♪ 自由の勇士

『デビークロケットの歌』の旋律は『走れコウタロー』によく似ています。「ところが奇跡か大レース」とか「走れー走れーコウタロー」のあたりは特によく似てますね。『コウタロー』の方があとなので参考にして作ったのかもしれませんが、個人的には『コウタロー』に似た曲として、一層なじみ深い作品です。


『デビークロケットの歌』
作詞:保富康午
作曲:バーンズ
うた:弘田三枝子
編曲:広瀬健次郎
動画:久里洋二
初回放送:1962年10月

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

スマホ普及率18%

日経BPの調査(http://m.internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120727_549611.html)によると2012年7月における15才以上の男女でのスマートフォンの普及率は18%だそうです。去年の7月が9.5%の普及率だそうなので8.5%増加した勘定になります。

15才以上人口を1億人程度とすれば850万台分の増加の計算です。1ヶ月にすると70万台ほど。今は売れている携帯・スマホのうち7割ほどがスマホみたいですから(http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201208090023.html)月100万台ほど携帯・スマホが売れてると考えるとつじつまが合いますね。

このペースでいくと2015年にはスマホ普及率が50%を越えそうですが、多分もう少し早くなる可能性が高いとおもわれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

ラジオサーバー

1344593486196.jpg

週末昼の第二放送で発掘曲の再放送をやっているのですが、この時間帯は家にいないことが多いのでなかなか聴くことができません。テレビだったら予約録画ができるのに普通のラジオにはそんな機能はありません。パソコンでネット放送を予約録音するソフトはあるのですが、パソコンをつけっ放しにしてないといけないし…

ということで買ってきました、ラジオサーバー。予約しておくと自動的に電源が入って録音してくれるすぐれものです。一昔前は3万円くらいしてたのが、今日電気屋で見かけたら1万3800円だったので買うことにしました。これで『遠い海の記憶』も『光る夏の歌』も録り放題ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

サモア島みられず

渋谷のNHKアーカイブスに「世界・わが心の旅 サモア島の歌 ふたたび 旅人」を見にいったのですが、残念ながら見られませんでした。

「視聴できる番組の検査」という項でヒットしたので見られるかと思ったのですけどね。そこで検索しても〈番組公開ライブラリー〉の表示がないと見られないみたいですね。続編もあったらしいのですが残念です。

仕方がないので90年代の曲を何曲かみて、それから自然のアルバムとか足尾の植林プロジェクトの番組をみて帰ってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

【再放送曲】『遠い夏の日のウタ』(1971年)

1343963899733.jpg

♪ まだあるかな 小川のほとりの
♪ 青い実がなる 沢ぐるみは…

チャッチャー チャッチャー…という軽快なリズムに乗って夏休みの思い出が歌われます。発掘プロジェクトの音源から6、7月に再放送されていました。

オリジナルバージョンはトワ・エ・モワのお二人が歌ってらっしゃいますが、私が先に聴いたのはキングレコードVol.8収録の上條恒彦さんのバージョンです。ちょうど、みんなのうた50年史を書くためにYahooオークションで古いレコードを集めはじめたころのことです。オークションで最初に手に入れたLPがこのVol.8でレコードに針を落とした途端に『はるかに蝶は』が流れはじめてのけぞったのも今となっては懐かしい思い出です。

そんな訳で上條バージョンも私にとっては懐かしい曲で特に嫌いではありません。よく聴くと上條さん、出だしとサビで声音を使いわけてらっしゃいます。♪ まだ あるかな では声を潜めるように。♪ それは遠い~夏の日のこと~ は朗々といつもの上條節で。

こんな上條バージョンもいいなあと思っていたのですが、今回トワ・エ・モワバージョンを聴いてみたところ、やっぱりこちらの方がいいですね。宝物のような夏休みの記憶。幼心に鮮烈な印象を残した傷つきながらも懸命に羽ばたこうとするトンボの姿。これらを歌い上げるにはトワ・エ・モアの優しい歌声に軍配があがるでしょう。

作詞者の吉岡さんは山口生まれの東京育ちのようですね。一番の歌詞に登場する鬼アザミは、北陸から東北の日本海側に分布し基準産地は会津ということですから、夏休みに新潟か会津かに出かけたときの思い出なのかもしれません。

♪ まだ鳴るかな 夜汽車がくるたび
♪ いつも眠そな 信号機は…

一番の昼の風景に対し、二番は夜の風景です。夜の記憶は一段と神秘性がありますね。眠そうにカンカンカンとなる信号機。磐越西線か只見線かでしょうか。当時はどこも蒸気機関車が走っていたのでしょうね。

闇の中からゴトンゴトンと近づいてくる光の列。踏み切りの信号機をカンカンと鳴らし、また闇の中に消えていく…。夢の中に出てきそうな光景です。今となっては夢だったのか本当のことだったのか分らないような子供のころの記憶。まさしくかけがえのない心の宝石ですね。

『遠い夏の日のウタ』
作詞:吉岡オサム
作曲:川口真
うた:トワ・エ・モワ
映像:実写
初回放送:1971年6月

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ロゴ

1343881314834.jpg

るんるんさんにロゴを書いていただきました。トップのロゴのところにおければいいのですが、方法がわからないのでこちらに掲載させていただきます。

格好いいロゴをありがとうございました!

1343881339698.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

ホリゾント

1343817676541.jpg

ホリゾント色の夕暮れ空が綺麗でした。昼間の青空も熱帯の青色でしたけど、夕暮れも南国風ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »