« 貯蔵資源の所有権 | トップページ | 「タイム・トラベラー」最終回 »

2012年9月 9日 (日)

【再放送曲】『遠い海の記憶』(1974年)

1347185581419.jpg

♪ いつか思い出すだろう
♪ 大人になったときに…

1974年の少年ドラマシリーズ「つぶやき岩の秘密」の主題歌『遠い海の記憶』が再放送されています。同じく少年ドラマシリーズの主題歌だった『巣立つ日まで』も今年の発掘スペシャルで放送されてましたね。

♪ 追憶の片すみで
♪ そうっととけてしまうのだろう…

小学校6年生のときの作品なので、見ていればきっと懐かしく思い出したことでしょう。ただ残念ながら「つぶやき岩」は見ていなかったので、渋谷のNHKアーカイブス番組公開ライブラリーまで見に行ってきました。25分×6回で全部見ると150分、2時間半かかります。でもなんとなく全部みるのがもったいない気がして、とりあえず今回は2回分だけ見ることに。

オープニング、一人舟を漕いで洞窟に向かう少年の姿が。主人公の三浦紫郎くんです。そしてインスツルメンタルで『遠い海の記憶』のメロディーが流れます。石川セリさんのボーカルが入るのはエンディングなんですね。主人公の名前をきいて「つぶやき紫郎かよ」と思ったのはつぶやき岩にかけて秘密です。

ストーリーはシリアスですね。洞窟の岩に耳を当てると小さい頃に死んだ母の声が聞こえるという紫郎くん。嵐で遭難して死んだと聞かされていた両親が、実はカツオ船にぶつけられて殺されたらしいこと、つぶやき岩のある岬の地下には旧日本軍の掘った秘密基地があり、そこに大量の金塊が埋められているという噂があること、金塊探しに洞窟に入った人が次々に死体で見つかっていること…。旧軍の金塊と両親の死につながりがあることが示唆されます。洞窟付近を調査しようとした紫郎くんの担任の先生の弟さんが殺されようとし、担任の小林先生にも危険が迫ったところで第2話が終わりました。

エンディングテーマに合わせて紫郎くんが舟を漕ぐ風景がロングでずっと映されています。石川セリさんのミステリアスな歌声が謎が謎を呼ぶ展開にぴったりマッチしてますね。

♪ いまだみつめておけ
♪ きみのふるさとを…

このあと、洞窟の中を探検して両親の死の真相を探っていく展開になるのでしょう。そこで見えてくる美しい故郷の「本当の姿」が気になります。連続ドラマの主題歌として、今後の展開を期待させる力を十分持っている作品ですね。そして、最終回を見終わったあと「輝く青い海が教えてくれたもの」をいつまでも反芻させてくれる曲でもあるのでしょう。

「つぶやき岩の秘密」の原作は数々の冒険小説を残された新田次郎さんです。今年、復刻版が文庫でも出されています。ここに結末を書いてしまっては、これから読まれる方にネタバレになってしまうでしょう。三浦半島の美しい青い海が何を教えてくれたのか。それは、後日ドラマを全部見終わってからネタバレ編に書いてみたいと思います。


『遠い海の記憶』
作詞:井上真介
作曲:樋口康雄
うた:石川セリ
映像:実写
初回放送:1974年8月

|

« 貯蔵資源の所有権 | トップページ | 「タイム・トラベラー」最終回 »

コメント

この曲は「ステージ101」を思い出します。
番組に関わったお二人が共演しているからです。
作曲の樋口康雄さんは愛称がピコ。
ヤング101の一員としての印象が強いです。
シング・アウトのメンバーでした。
石川セリさんは井上陽水夫人。
やはりシング・アウトメンバーでしたが
ステージ101の本放送前に脱退しています。
その辺のところはファンサイト「夢の小舟」で
詳しく知ることができます。
http://www16.ocn.ne.jp/~stage101/
なお、るんるんもファンの一員として
「みんなのうた」に関する資料を提供しています。
http://www.geocities.jp/stage101_2004/newpage2.html

投稿: るんるん | 2012年9月13日 (木) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/55617549

この記事へのトラックバック一覧です: 【再放送曲】『遠い海の記憶』(1974年) :

« 貯蔵資源の所有権 | トップページ | 「タイム・トラベラー」最終回 »