« 【再放送曲】『ユミちゃんの引越し〜さよならツトム君〜』(1976年) | トップページ | 府中熊野神社古墳 »

2012年10月31日 (水)

世界の風力発電導入量2011版

2012

世界の風力発電累積導入量第5位までと日本の導入量推移のグラフを今年も作ってみました。去年、作った2010年までのデータに2011年末の累積導入量のデータをGlobal Wind Report2011(http://gwec.net/wp-content/uploads/2012/06/Annual_report_2011_lowres.pdf)のp11から拾って追加してあります。

2010年末の段階で風力発電の累積導入量が世界一になった中国がアメリカとの差をさらに広げました。中国のデータは機械の出荷ベースの数値であって稼動ベースではないらしいとか、中国の風力発電機は3割ほどは電力線と系統連結してないらしいとか、不明確な部分もあるのですが、7掛けと考えてもアメリカと肩を並べる風力発電大国になったとみていいでしょう。ただ、しばらくは送電施設などが急拡大に追いついていない現状があるので、導入ペースを少し絞り気味にするという報道もありました。

アメリカはリーマンショック後、伸びが鈍ってますが、それでも第二位の座は保っています。長らく風力導入量首位を保ち、現在は第三位のドイツも順調に導入量を伸ばしています。ドイツも送電線の問題を抱えていて、風況のよい北ドイツから南部に送る高圧送電線の容量が不足していて、折角発電した電力が利用されないケースが時々発生しているようですね。今後、大規模な海上風力発電を進めていく予定なので「電力アウトバーン」の建設が急務になるでしょう。

財政危機のスペインのグラフはよろめき気味です。今のところ、何とか第四位を保っていますが、広い国土を持つインドが急追してきています。インドの状況については詳しくないのですが、中国と同様の問題があるのかもしれません。

2011年から固定価格買取制が導入された日本は大きな変化はなく、急に増えるという兆しも今のところ感じられません。人口密度が高くて適地が少ないという問題がありますし、風況のいい北海道や東北から関東に地方に電力を送る送電線の容量が小さいという条件は変わっていないので、そんなに増えないような気はしますね。ドイツぐらい導入が進んだ段階で送電線の容量や風力電力の流れ込む系統の周波数の問題が生じるのは分りますが、日本程度の導入量で送電線の容量が足りないというのはちょっと情けない気もします。

|

« 【再放送曲】『ユミちゃんの引越し〜さよならツトム君〜』(1976年) | トップページ | 府中熊野神社古墳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/56014503

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の風力発電導入量2011版:

« 【再放送曲】『ユミちゃんの引越し〜さよならツトム君〜』(1976年) | トップページ | 府中熊野神社古墳 »