« IEA太陽光発電レポート2011 | トップページ | DC-DCコンバーター購入 »

2012年11月 5日 (月)

世界の太陽光発電導入量2011版

2011

TRENDS IN PHOTOVOLTAIC APPLICATIONS Survey report of selected IEA countries between 1992 and 2011(http://www.iea-pvps.org/)のデータから、世界の太陽光発電累積導入量の2011年版をつくってみました。ドイツの伸びが相変わらず大きいのですが、ここにきてイタリアの伸びが目を引きますね。地中海性気候で陽光に恵まれた条件を生かしてメガソーラーの設置が増えているようです。

ドイツはもともと緯度が高くて太陽光発電に適した土地とい うわけではないのですが、南ドイツを中心に設置が伸びていました。ただ、太陽光電力の買取費用を家庭の電気代に上乗せする額が月1000円を越えて負担が重くなってきたため2011年から段階的に買取り価格を下げてきています。多分、2012年以降は伸びが鈍ってくるでしょうね。

スペインもいっとき伸びたのですが、経済危機に陥ってからは伸びが止まっています。太陽光発電どころではないということなのでしょう。光には恵まれた土地なので惜しいことです。日本は2009年の余剰電力買取制導入後、伸びはじめてきています。今年から全量買取制もはじまってメガソーラー建設のニュースもきかれるようになりました。来年のデータではもっと増えてるような気がします。

|

« IEA太陽光発電レポート2011 | トップページ | DC-DCコンバーター購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/56046773

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の太陽光発電導入量2011版:

« IEA太陽光発電レポート2011 | トップページ | DC-DCコンバーター購入 »